建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
呉羽の家
芝園の家
川縁の家
広上町の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
未分類
最新のコメント
> りなさん お店に問..
by sinmyo at 05:00
バイトは募集していますか?
by りな at 19:37
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
最新の記事
経年劣化
at 2017-05-24 23:21
夜明け前の仕事
at 2017-05-24 23:21
掲載
at 2017-05-17 23:59
サイバー攻撃
at 2017-05-17 23:58
完成~木津の家~
at 2017-05-10 23:59
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


オトナの火遊び

f0125091_112381.jpg
大概のキャンプ場は直火NG!容認されている場があるが、あまりにも直火跡は無残。
大地へダメージを与えることなく焚火を楽しみたい。焚火台の果たす役割は意義深い。
各メーカーから焚き火台となるアイテムが発売されている。選定に迷った迷った・・・。

f0125091_1123154.jpg

f0125091_11232280.gif
 先ずはスノーピーク社製焚き台が気に入った。焚火だけでなく、多機能で使いたい。
 一生モノ!と思わせるようなタフな造りとステンレス素材。なかなかデザインもイイ!
 折りたたみ収納も簡単だが、一旦火がついたら移動は困難で危険な印象を受ける。
 現在使用しているBBQグリルは約10年使用している。鉄製なので錆と変形が酷い。
 年10回くらい使用。計100回以上は使っていることになる。やはり、もう寿命かっ。


f0125091_11232882.jpg
   オプションが多く必要とされ、逆三角錐下部から火の粉が落ちてしまいそう。
   だからこそ、ベースプレートが必要。また、燃焼のために炭床アイテムも必須。
   全て揃えると、かなりの重量になるだろうか。それに、かなり高価になりそうだ。 

f0125091_11233369.jpg
 BBQも兼ねて焚火を愉しみたい。ニーズを満たすには上記アイテム4点で充分か。
 これだけで予算は3万円超・・・高価になるが、一生モノと思えば安いかっ。でも・・・・
 他にも検討してみる余地はある。ナチュラムやミクシーのSNSで情報集めしながら、
 知人の意見も参考にするが、人それぞれのレビューがあり、かえって迷ってしまった。
 モノには、それぞれの特徴があり、メリットデメリットを踏まえた上での選定が基本。

    調べてみると、色々な商品が見つかった。以下のこんな商品も候補検討。
f0125091_11233843.jpg

   ㊧LOGOS ピラミッドグリル  ㊨Coleman ステンレスファイアープレイス
   ㊧だと、デザインはイイのだが、炭の追加投入のために網をずらす必要がある。
   ㊨は、収納のコンパクトさに課題かっ。車載容量も自宅収納も限られているのだ。

     なにかと評判が良かったのは下記のユニフレーム社製ファイアグリル。
     スノーピーク社製とユニフレーム社製。なんとか、2つの候補まで絞った。
f0125091_11234286.jpg
f0125091_11234767.jpg

     なにせ価格が安い。耐久性も良いステンレス製。コンパクト化収納可。
     火がある状態でも、なんとか移動出来そうだし、串刺し魚焼きもできる。
     デザインはスノーピーク社製が絶対にイイ!機能ではユニフレーム社製。
     スノーピーク社製の価格は3万円超に対し、ユニフレーム社製は5千円程度。    
     多くのオプションが必要なスノーピーク。両社共に収納的には殆ど差が無い。
     組み立てはスノーピーク社が簡単。その簡単さが移動を困難にさせている。


       かれこれ2週間くらい、購入にあたり悩みに悩み続けました・・・


    
    ってことで、ユニフレーム社製に決定!先日の奥飛騨キャンプで初使用。
f0125091_11235272.jpg

     安定したファイヤーグリル。重量あるダッチオーブン設置もバッチリ!
     金網を置いたままで炭の追加投入も、火がある状態での移動も出来た。
     組み立ては簡単!楽しみにしていた串刺し魚焼きはサイコーでしたねー♪
     http://sinmyo.exblog.jp/11764436/ ←使用レビュー リンク参照 

f0125091_1123569.jpg

 キャンプでの晩ごはんは早い時間帯からはじめ、就寝までの時間は焚火をする。
 火を見ているだけで気持ちが落ち着き、癒されるとともに、時間がゆっくり流れる感じ。
 火を眺める、ただそれだけのことが気持ちを安らかにし、日常とは異なる時間へと誘う。
 炎の揺らぎには視覚的な温かさがある。太古の昔から人々が火を囲んできたように・・・

  直火禁止が多い現実、このアイテムがあればキャンプが何倍も楽しくなるはず!

f0125091_18222139.gif←リンク 「キャンプ場を探そう!キャンレポお助け隊」 絶賛掲載中
[PR]
by sinmyo | 2009-08-22 22:22 | アウトドア | Comments(7)
Commented by Az. at 2009-08-23 22:03 x
ほんとほんと、火を見ているだけで気持ちが落ち着き、癒されるとともに、時間がゆっくり流れますね~☆
我々は、周りを石で囲った直火でした。こんな機能的なものを使っているオージーは、誰一人見かけませんでした(笑)
Commented by hotshark at 2009-08-24 12:30
やはりファイアグリルにされたのですね。
スノーピーク焚き火台は、デザインは秀逸なのですが、実用性や価格を考えるとファイアグリルに軍配があがると思います。
焚き火や炭火焼料理は、キャンプの最大の楽しみのひとつですよね。
あ~キャンプ行きたくなってきた~
Commented by Roberto at 2009-08-25 00:16 x
たぶん、同じものを使ってます(^^)
Commented by sinmyo at 2009-08-25 14:54
>Azさん、大らかな大地だから直火ですかね。
日本じゃ、何かと整ったキャンプ場は殆ど直火NGなんです。
Commented by sinmyo at 2009-08-25 14:55
>hotsharkさん、結局ファイヤグリルを選びました。
ジャンルは異なれどデザインに携わる者として、SP社製を使いたかったけど、
重量もハンパじゃないし、価格も高過ぎでしたね。
Commented by sinmyo at 2009-08-25 14:56
>Robertさん、同じっすかー(@@)
Commented by sinmyo at 2009-08-25 14:58
>Msくん、悪いけどコメント削除させていただきました。
公然の場なので、誤解を招くカキコはしないでくださいね。
IPアドレスから、拒否する権利もありますので、御理解の程をー!
「喜ばした覚えはありますが、泣かした覚えはありませぬ・・・」
<< RX78-Ⅱ キャンプ・レポ @奥飛騨 >>