建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
呉羽の家
川縁の家
城山町の家
出町中央の家
水廻りリフォーム
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
最新のコメント
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
旅館の離れのような玄関で..
by ex0tja at 15:51
虎仮面です あー 昨年約..
by ex0tja at 15:49
最新の記事
立山あおぐ特等席
at 2017-11-22 23:53
11月22日(イイ夫婦の日)
at 2017-11-22 23:52
秋と冬の狭間
at 2017-11-15 23:59
お引き渡し完了
at 2017-11-15 23:57
カウントダウン1週間
at 2017-11-15 23:57
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


槍ヶ岳・前編

先週のテン泊@白山から2週連続登山。今季2度目の3000m級は8月の剱岳以来。今季の締めくくりは、若い頃から憧れていた“槍ヶ岳”へ出撃!当初は単独の予定が、私と同じ“好山病”患者であるM澤さん同行。現在、某山岳会に所属され学生時代は山岳部だったそうで経験・技量・知識の3拍子揃った同年代の存在は心強く、剱岳・早月尾根コースを日帰りされるツワモノ!登山は誰とでも気軽に行けるものではなく、難コースであればあるほど同行者との信頼関係が重要だ。信頼できるモノサシといっては語弊があるだろうが、剱岳・早月尾根コースを日帰りできる体力・技量・精神力・経験があって初めて認められるものだとか・・・付き合いは浅くも、両者共その条件を満たしてたこともあり、深い信頼関係が構築出来て無事登頂・帰還できました。同行頂いたM澤さんに感謝!

10月第一週目の週末は、燕岳@燕山荘のケーキバイキングだからなのか、槍ヶ岳山荘が空いているとの情報を得た。ガイドブックは23kmと記述してあるのに実際は往復30km超!日帰りは出来ないこともないだろうが、“闇を背負って登り・闇を背負って降りよ”はゴメンだし、ピークハントのためだけに急ぐよりも、五感で“槍ヶ岳”を愉しみたい。ということで、山荘が空いている10月1週目に標準を合わせた。しかし、10月2日は住民運動会だった・・・どっちが優先よっ?! 山は逃げるものではないというが、運動会は来年もあるし、オイラが居なくても成り立つものだし、今年は役員ではないし、町内コミュニティは他にも沢山。貴重な日曜の休日が潰される機会が多過ぎるし・・・時間をかけて自問自答したところで、どっちも正論?! 冬も近いし、もう今季は日が無いので確信犯的行為に(^^;)
f0125091_23394185.jpg
先週、白山から眺めた北アルプスの稜線㊧日中 ㊨朝焼け時。方々から眺めてもツクツクに尖り、北アルプスから突出した“槍ヶ岳”あの尖った穂先はどうなっているのだろう・・・? そんな好奇心というか冒険心を長年抱き続けてきたのだが、そう容易い山ではないのだ。今シーズンは、そこそこのトレーニングと経験を積んできたし、機は熟した!いざ出撃!

f0125091_23395053.jpg
 砺波3:30に発ち2時間少々で到着。無料駐車場出発は6:00、雨のクライムオン!
f0125091_23395829.jpg
ピークまで片道15km・累積標高差2176m。序盤は長い林道を霧雨の中てくてく歩く・・・
f0125091_2340552.jpg
2時間弱の林道行程から、登山道らしい道に。思わずボヤキ、晴れてこないかなぁ~・・・
f0125091_23401360.jpg
毒々しいグロテスクな実の“マムシグサ”食べられないそうな。食べたくもないですがー
f0125091_2340218.jpg
 ビバーク可の岩窟。キジ打ち禁止ならば、花摘みはっ・・・?! 同じことでつ(^^;)
f0125091_23403180.jpg
滝谷避難小屋前を通過。濡れた石が滑り易く要注意!流石100名山、標識はバッチリ!
f0125091_234143100.jpg
早朝のピンポイント予報どおり、ガスが晴れて太陽が見えてきた。ピークへ最短距離である飛騨沢ルートの殆どが樹林帯なのか、上高地ルートより人気度低く静かな登山道だ。
f0125091_2342733.jpg
太陽が照り始め、木々の隙間から水面に差し込む反射光と清らかな水の流れが美しい!
f0125091_23421949.jpg
疲労感は全く無いが、行程が長いだけに槍平小屋で大休憩。雨にも関わらずイイペースだ。日帰り不可能でもないが、やはり槍ヶ岳ピークまでのプロセスをスローに楽しみたい。今日中にピーク登って、明日は夕方から仕事の予定があることだし、下山のみに決定。
f0125091_23422855.jpg
やや急な登りが続き、グングンと高度を稼いでいく。ガイド本には急登と記されるが緩い
f0125091_23423694.jpg
最終水場で北アルプスの天然水。冷たくて美味しい!日が照るも寒いので水分消費少
f0125091_23424175.jpg
森林限界線越えたところで、槍ヶ岳の穂先と小槍に見立てた洒落たケルンを発見(^^)
f0125091_23431215.jpg
やっと山岳地帯らしい地点まで辿り着いた。風景が美しい!あと標高600少々でピーク
f0125091_2343211.jpg
千丈乗越分岐通過!槍ヶ岳山荘が遠くに見えてきた。ここからが長い試練の場に・・・
f0125091_23432993.jpg
しんどい時以外は使用しない四輪駆動体制(ダブルストック) 早月尾根下り以来かっ 
f0125091_2343388.jpg
近くて遠い槍ヶ岳山荘に徐々に近づく。然程、急登じゃないものの苦戦を強いられた・・・
f0125091_23434798.jpg
 標高2800mを越えると酸素の薄さを痛感・・・ 一歩の足取りが重い・重い(><;)
f0125091_23435735.jpg
秋空と太陽、何度も見上げてはスローダウン。高山病症状は無いものの低酸素状態・・・
f0125091_2344527.jpg
 乗越を振り返る。BCには最適なコースだろう! 何より担いでくるのが大変そうだ。
f0125091_23442164.jpg
 飛騨乗越の分岐標識が見えた。ココに辿り着くと、いよいよ槍ヶ岳穂先を御対面だ!
f0125091_2345674.jpg
オーッ、槍ヶ岳穂先がー!しかし、風が強い・強い・・・風速10m超!体感温度は氷点下
f0125091_23453094.jpg
殺生ヒュッテと常念岳。上高地方面からの登山道、殆どの方はココから登ってきます。
f0125091_23454578.jpg
もうすぐ槍ヶ岳山荘、ジグザグ階段状にテン場。この強風じゃテント泊キツイだろうなぁ・・・
f0125091_2346052.jpg
 新穂高無料駐車場から約15km歩いてきました。 さっきまでの疲れは何処へ・・・
f0125091_2346155.jpg
槍ヶ岳山荘にチェックイン後、空身で槍ヶ岳穂先へアタック!
  ~ つづく・・・後編へ → http://sinmyo.exblog.jp/16643178/  ~


たくさんの画像をfacebookにアップしました! → http://facebook.com/sinmyo
閲覧制限範囲があるので、友達リクエストは簡単な自己紹介を添えてくださいね(^^)v
[PR]
by sinmyo | 2011-10-03 23:39 | アウトドア | Comments(10)
Commented by トヨ at 2011-10-04 09:00 x
見応えありましたね。
やはり槍は槍です。写真も見事な眺望と迫力です。
また、行きたくなりました。

これまで二度槍に行っていますが、何時もガスっていて
こんな綺麗な景色だとは・・・。
ボリュームタップリの報告読ませて貰いました。
Commented by みい at 2011-10-04 12:11 x
どのルートかな?って思ってました^^
テント泊では、なかったんですね(@@:)
でも、山荘が空いてる・・・なんて、きちんと調べて・・・
やりますなぁ~^^

槍っぽは、空いてるかな?

我ら、初めて登った時は、残雪期やったんで貸切~♪
次は、夏で、足の踏み場なかった(笑)

さ~って続きが楽しみだ~^-^
Commented by sinmyo at 2011-10-04 13:00
>トヨさん、のっけは雨だったものの天気に恵まれて成功できました。
後編はエキサイティングな画像&レポをアップしますね!暫しお待ちを(^^;)
そういえば・・・名幹事Nさんが槍ヶ岳が未登頂だそうで行きたいそうです。
来シーズン、混んでいない時期に、ゆっくり愉しみながら登りませんか?
Commented by sinmyo at 2011-10-04 13:04
>みぃさん、トヨさんに引き続きツワモノ@百名山登覇者のコメント恐縮です・・・
10月の3000m級は冬山ですね。そんな中でテン泊はボクにはキツイっす。
穂先登頂は渋滞も無く、寝床も空いていてゆっくり愉しむことができました。
夏は遠慮したいでつわ・・・  では、後編を乞う期待をー(^^)ノ
Commented by ラガーマンマン at 2011-10-04 18:40 x
恐縮されているようなので、箸休めに迷幹事登場です^m^

15kmか~、長いですねぇ^_^;
日帰りだったら槍平小屋が限度かなぁ~
早月10時間台前半になるまでトレーニングが必要でしょうか?

千丈乗越分岐まで頑張って更にあの距離感だと少しメゲますね^_^;

あ゛~、でも行ってみたいです(^o^)
後半も楽しみにしています。

PS、槍平小屋から左に折れて(山なのに左右が素人っぽい^_^;)奥丸山ってのがあって、ここからの穂高連峰が最高でした。
トヨさんご推奨の眺望です。

Commented by 太田雪舞 at 2011-10-04 20:41 x
住民運動会の役員を外れたい・・・。
一度入ると辞められない永年職なので、10月の第1はハナッから諦めています。
ああ・・・お山の近くに引っ越したい・・・。(冗談!)
Commented by sinmyo at 2011-10-04 21:16
>ラガーマンマンさん、箸休めどーもでつ(^^;)
日帰りに拘ったら、ここまで槍ヶ岳を楽しむことはできませんでした。
レースのようにタイムや順位を競うものじゃないし、スローにいきましょう!
次回は他のルート(トヨさんご推奨)で行ってみたいと思います。
Commented by sinmyo at 2011-10-04 21:18
>太田雪舞さん、冗談とは捉えられない言葉ですね・・・
立場的に解ります!詳細は、ココでは述べられませぬがー(^^;)
Commented by みっち at 2011-10-04 23:06 x
大変参考になりました。気になる山のひとつですが、なかなか厳しそうですね。後半を楽しみにしています。
Commented by sinmyo at 2011-10-05 12:54
>みっちさん、最短ルートとはいえども、長い・長い距離でした・・・飛騨乗越まで槍が見えないので面白くないかもしれませんね。次回は表銀座から行きたいです。
<< 槍ヶ岳・後編 現場監理がてら・・・ >>