建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
呉羽の家
川縁の家
城山町の家
出町中央の家
水廻りリフォーム
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
最新のコメント
> りなさん お店に問..
by sinmyo at 05:00
バイトは募集していますか?
by りな at 19:37
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
最新の記事
上棟スタンバイ
at 2017-07-26 23:59
土台敷設
at 2017-07-26 23:58
夏山シーズン開幕
at 2017-07-19 23:36
基礎工程終盤
at 2017-07-12 11:24
オーダーキッチン
at 2017-07-05 22:22
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


大日岳

GW最終日・こどもの日、“罪滅ぼし”という名の“家族サービス”にすべき日だったのですけど、地域行事(子供歌舞伎)や溜まった業務で当日だけがオイラの時間・・・随分前から5月4日に企てるも生憎の悪天候のため、翌日の“こどもの日”に出撃!

称名ルートの桂台ゲートオープンは7時。ポールポジションを取ろうと早めに出発した。しかし、北陸道を法定内速度で巡航中に忘れ物に気がついたのだ・・・ピッケルとストックを積み忘れたのである。小杉ICで降り、再び乗り自宅へ出戻り・・・(汗) 法定速度≒エコドライブがオイラのコンセプトなのに、法定外速度≒エゴドライブモードに。現在のクルマに乗り始めて3年、初めて体感する加速感とスピード!どのくらいの速度を出したのかは、この公の場で絶対に云えませぬ・・・現地着は7時半。連れを待たせてしまった・・・(この前はオイラが待ったからイイかっ^^;) 2月のホワイトアウト白木峰以来の同行。彼は、その前々日にロードバイク250km走行しているというのに大したもんですわ。強靭な身体能力を持つ連れに、日頃運動不足のヘタレ貧脚のオイラが付いて行けるかどうか・・・
f0125091_21162197.jpg
駐車場に到着すると、スキーを担いだ3人衆、あの太田雪舞幹事長と遭遇!先月に工事現場でお会いした以来である。約20分遅れでオイラ達もクライムオン!
f0125091_21172082.jpg
f0125091_21175779.jpg
夏道が倒木や積雪で途切れる中、ワケノワカランルートで藪漕ぎを強いられた。ようやく、牛首で3人衆に追いついたっ!オイラ達が藪の中から現れたからなのか、かなり驚いていた様子。クマと間違われた?因みに連れのニックネームは“クマさん”(^^;)

3人衆が大声で「ラクー!」と叫ぶ。すると上部から拳大の落石がっ・・・かわそうと左に寄ると、誘導ミサイルのようにオイラめがけて転がってくる。右腕かすめてザックサイドに直撃!もしも、あと10cmズレていたら翌日の新聞を賑わしてしまったであろう・・・
f0125091_21215641.jpg
3人衆のおひとり、噂のタイヤマンさんと初めて御対面。牛首雪渓は右端を登るようにと指導頂く。写真では解り難いですけども、かなりの急登です。本日ひとつめの難所・・・
f0125091_21294075.jpg
ピーカンの大日平。前日は3時間睡眠・・・ ん~、カラダに堪えてきたっ(*゚ρ゚)
f0125091_2139050.jpg
大日平を過ぎて急登。夏道はジグっているのだが、残雪期は直登。気を抜くと折角登ったのにズリ落ちる。12本の鉄の爪で蹴り込んで登っていると、ついに・・・・右ふくらはぎが痙攣!とっさのストレッチで対処するも、なんだか身体のバランスがおかしい。 上部の真っ白な部分は新雪。前日は悪天候、EL2000mより上部は積雪があったようだ。
f0125091_21381530.jpg
スキーヤー3人衆を追い抜いて上部でオイラは休憩、連れは先行していく。小学生の頃に登ったというか登らさせられた埋蔵金伝説の鍬崎山。大きな雪原の弥陀ヶ原。写真では見え難いですけども、雪の大谷ワインディングロードが見えました。
f0125091_2145095.jpg
富山平野・富山湾と大辻山。氷見方面まで見渡せた。下界からも絶景だろう・・・
f0125091_21485776.jpg
樹氷と薬師岳。この辺りで異変・・・今度は左足ふくらはぎの痙攣。ピークまでEL200m程度なのに“敗退”というワードがアタマの中を過ぎった。“山は逃げるものではない”と自問自答するのだが・・・体調不良で臨むとはイケナイ事である。1・2・3歩で「フゥ~・・・」と足取りが重い。時計は12時、クライムオンから4時間半経過。13時までに登頂できなかったら撤退しようと心に決めた。もしも、称名ゲートが閉まるまでにクルマが出られなかったら、車中泊を余儀なくされてしまうのだ。翌日には業務打合せ2件、朝7時に発ったとしてもギリギリ間に合うのだが、図面が途中のままだった…(゚_゚i)
f0125091_21594373.jpg
ヒトは追い込まれると強くなるもの・・・どうにかこうにか登頂(^_^;) スゴイ絶景!
f0125091_227151.jpg
大日如来様、ニ礼ニ拍手。後から気が付いたのだが、それは神事の行い(^^;)
f0125091_2292733.jpg
f0125091_22104524.jpg
何処から眺めても雄々しい剱岳!オイラ的には大日岳から臨む山容が最も好きだ。
f0125091_2215267.jpg
f0125091_22151599.jpg
道中は強い陽差しと照りかえしが眩しくて暑いくらいだったのだが、山頂の気温は4℃。風が強くてメチャ寒い!睡眠不足だからなのか体調が優れず、カラダを冷やしてしまってはアカン。せっかく持参したビールは封印し真似だけの乾杯(>▽<; 不本意ながら滞在時間は短く、そそくさとオイラだけ先に下山することに・・・
f0125091_22284151.jpg
雄山頂上は雲の中。山頂でスキーヤー三人衆と登頂を祝いたかったことが心残り。下山中にタイヤマンさんと出会う。後続の太田雪舞幹事長の姿は見えなかった。卓越したスキー技術とスピードを持っていらっしゃるから、直ぐに追い抜かれるだろう。
f0125091_22472365.jpg
風の轟音に紛れて聞きなれない音が聞こえてきた。表層雪崩の音である(ノ゚ο゚)ノ オイラの横を鈍い音をたててゴロゴロと流れて行った。約10cm弱の重たい新雪層でさえも、この斜度ならば簡単に雪崩が発生する。谷の真ん中を歩いていたら飲み込まれてしまっていただろう。登攀時の落石と下山時の表層雪崩。お山の危険を肌で実感しました。大日如来様に守られた?悪運が強かっただけ?こんな経験は初めて・・・

f0125091_2312134.jpgなんとか無事下山!何気にタフな山行でした。汗臭く泥だらけになった格好で大勢の称名滝観光客の中をぬって歩いていると、イイニホイがする姫方衆らがドンビキしているではないかっ・・・気にしない気にしない、むしろ「どやっ!」って感じっすわ(^┰^) すると、ココで堂々と着替えをなさっている殿方がっ!
(一応、本人様の掲載承諾済?! ) 
※プライバシー配慮のため画像リサイズ 
もっと大きな画像を御覧になりたい方は下記リンク:太田雪舞幹事長のブログ参照
http://blogs.yahoo.co.jp/yukimaihozonkai/61145935.html

たくさんの画像をfacebookにアップしました! → http://facebook.com/sinmyo
友達限定公開になっているので、自己紹介を添えてリクエストしてくださいね(^^)v

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
住まいブログ 住宅設計・住宅建築家
[PR]
by sinmyo | 2012-05-09 23:59 | アウトドア | Comments(4)
Commented by 太田雪舞 at 2012-05-10 06:49 x
フル○ンで着替えても良かったんですが、観光客さんに「富山県て?」と思われては、富山のイメージダウンに繋がると思い、
レインウェアを巻いて履き代えました。
隠して履き代えなんて小学生の水泳の授業依頼です。(笑)
Commented by sinmyo at 2012-05-10 12:09
>太田雪舞さん、富山県のイメージ向上のために御配慮ありがとうございます。一県民として誇りに思っている次第です^^v 
幹事長殿の黒光りした端正なお顔と逞しいボディから、taki殿が“アダルト山スキー男優“と命名されましたね^_^ おそらく定着されるかと・・・
Commented by トヨ at 2012-05-11 21:00 x
皆凄い所に行っていますね。
羨ましくて鼻血が出そうです。
今年からは諸般の事情で春山が難しくなりつつ
あります。
でも、山は大好きなのでメゲズニガンバですね。
Commented by sinmyo at 2012-05-12 01:12
>トヨさん、いやいや・・・天候に恵まれただけですぅ^^;
この季節は田植えで繁忙期ですね。お互い無理なさずに本業に集中!
山は逃げていきませんよ。なんとか時間をやりくりして行きましょう。
<< 陶酔の時空間 365歩 >>