建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
呉羽の家
川縁の家
城山町の家
出町中央の家
水廻りリフォーム
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
最新のコメント
> りなさん お店に問..
by sinmyo at 05:00
バイトは募集していますか?
by りな at 19:37
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
最新の記事
蝶ヶ岳~常念岳
at 2017-06-21 23:59
基礎底盤
at 2017-06-21 23:57
一時帰宅
at 2017-06-21 23:55
水廻りリフォーム完成
at 2017-06-14 22:25
地鎮祭
at 2017-06-07 23:12
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


西穂高岳

先回からの続編。核心部の馬の背を通過しジャンダルム登頂!そして西穂高岳へ

 先回ログ・奥穂~ジャンダルム登頂:http://sinmyo.exblog.jp/17914461/
 先々回ログ・上高地~穂高山荘:http://sinmyo.exblog.jp/17908763/
f0125091_2145112.jpg
ジャンダルムをクリアし、まだまだ幾つものピークが連なる穂高縦走(集中力勝負!)
f0125091_21315776.jpg
三点確保が基本!この日のために体幹トレーニングでバランス力も鍛えてきました。
f0125091_21323783.jpg
ミスったら数百メートル滑落、死の岩棚道が何ヶ所も・・・(モデルは他のパーティ)
f0125091_2132189.jpg
9時過ぎ、下界からガスが湧いてきた。悪い視界でも慎重に進めば大丈夫です。
f0125091_2133465.jpg
そうそう集中力って続くものではない。時には場の空気を和ます(安全確認済)
f0125091_21333748.jpg
天狗のコルに到着。岳沢ヒュッテ・天狗の頭の分岐。ココで呆れる事態が発生・・・
f0125091_21325956.jpg
ザイルで繋がった3名+ガイド1名の4名パーティが天狗の頭からの下りで立ち往生。20分以上は天狗のコルで待たされただろうか・・・単独の若い男性が痺れを切らし、鎖場じゃない場所から登って3名にアドバイスを送ったのだが、「ダメだこりゃ・・・」って雰囲気でいつしか越えていった。ガイドさんは場の空気が凍るくらいの叱り口調で指示。我らはジッと見守っていました。コースに相応しくないビギナー?というか、能力に似合わない登山者が穂高連峰へ安易に入山するとは・・・(呆) おかげで大休憩できましたがね(^^;) 近年は登山ブームですって?そんなブームなんて、どっかいっちまえ!(爆)

単独であろうと、パーティーであろうと、登山は滑落、転落、転倒などの多くのリスクを伴う。事前にトレーニングや経験を積み上げることで回避できるリスクもあれば、天候等で予期せぬ事態に遭っても冷静沈着に対処できる精神力が必要。登山が勝敗のつくスポーツだとすれば、無事帰還した者が勝者!体力・判断力・技術力が問われる。

 この方々が無事に通過・下山できたのかどうか気になりましたが、事故のニュースも無かったし、後日に某ブログで笑顔の3名が載っていたのを発見しました(安堵)
f0125091_21333269.jpg
一足早く天狗の頭に登り、仲間を見守ってます。それにしてもスゴイ女性Sさん!
f0125091_21341352.jpg
振り向くと、真っ黒な槍の穂先が!今朝のモルゲンロートは美しかった。
f0125091_21335746.jpg
SさんM澤さんも続いて、天狗の頭に登頂。多くの登り返しで、幾つのピークを踏んだのかワケノワカラナイ状況になってきた。この登り返しがカラダに堪えてくる・・・
f0125091_21341666.jpg
天狗の頭ピーク。雲の切れ間から青空と岐阜県側の笠ヶ岳。まだまだつづく・・・
f0125091_21343323.jpg
3番手のSさんとの距離がチョット空いてしまった(反省) シッカリ待ちますぅ。
f0125091_21391778.jpg
自然造形という名の芸術、ココが有名な逆層スラブは濡れたら恐ろしい場だ。
f0125091_21394466.jpg
尖った“間ノ岳” 垂直登攀が待っている・・・オイラの高所恐怖症も麻痺してきた。
f0125091_21395554.jpg
度重なる登り返しに、後続からボヤキが聞こえてくる。そろそろ休憩しましょうよ^^
f0125091_2140352.jpg
“間ノ岳” ピークで大休憩。穂高連峰を境に雲が滞り、上高地側は晴れている。
f0125091_21403111.jpg
お山での珈琲は下界で飲むより100倍美味い!オイラの自家焙煎珈琲^^v
f0125091_21401584.jpg
お花と線香が備えられてあった。面識は無いのですが、スノボ仲間の職場先輩がココで命を落とされた。西穂方面から進行中で視界が悪く強風だったとか・・・皆で合掌
f0125091_21404310.jpg
「岩のロシアンルーレット」と呼ばれるくらい“間ノ岳”付近は浮石が多い(要注意) 
f0125091_21415730.jpg
なんだかんだ最も恐怖を感じたのは“間ノ岳”の浮石。無事通過し先を突き進む
f0125091_21413567.jpg
いよいよ西穂高岳へアタック!ピークを過ぎれば一般ルートだが油断は禁物
f0125091_21414520.jpg
これまで度々敗退した西穂高岳EL2909m登頂!なんだか感慨深い(^_^)v
f0125091_2142153.jpg
西穂高山頂より連なるピラミッドピーク、独標、上高地をのぞむ。小休止し下山
f0125091_2142538.jpg
先程までは厳しい岩稜地帯、一般登山道のハイマツ帯では緑に心癒された。
f0125091_21424990.jpg
正三角形の山容をしたピラミッドピーク。苦しかった登り返しもあと僅か・・・
f0125091_21425896.jpg
独標EL2701m、新穂高からの登山者の殆どはココで引き返す。大渋滞必至箇所
独標を下りて暑苦しかったヘルメットを脱いだ。蒸れていたアタマに当たる風は爽快!
f0125091_21431191.jpg
洒落たケルン越しに歩いてきた稜線を振り返る。穂高縦走の核心部も終わった・・・
f0125091_21432052.jpg
西穂高小屋が見えてきた。日曜夕方に業務打ち合わせがあったのだった・・・時間帯的にはロープウェイで下山も間に合うのだが、今晩は西穂高泊。明日の行程どおりであれば、業務にギリギリ間に合うだろう。もうひとつ忘れていたことがあった。地区のソフトボール大会・・・べつにオイラが居なくても成り立つことだし、出場したとしても山の疲れで俊敏な動きは出来ない。ってなわけで、今年は見送り。来年は頑張りますぞ!
f0125091_21432869.jpg
映画「岳」のロケ池にもなった大賑わいの西穂高山荘。今晩の相部屋は約20人、布団一枚に二人で就寝しなければならない・・・混雑期の山小屋ではアタリマエのこと。外のテラスで新潟から来られた団体様と暫しの宴^^ 夕食後は直ぐに就寝のつもりが、なかなか眠れず。消灯は21時、何時か判らなかったけれども、ウトウトと寝付いた頃に相部屋のオバハンのケイタイが鳴り話しはじめた(呆) 意識朦朧としながら、日頃穏やかなオイラでさえも物申してしまった。謝罪の言葉は無く、そのまま話している(怒) そのうち、他の男性客の怒号!それでも謝罪しないオバハン・・・(呆) イヤ~な空気感が漂う中、いつしか眠りの底へzzz   皆様、山小屋でのマナーを守りましょう!

 デンジャラスな北アルプスの難コースである穂高縦走完了・・・次回で最終章
 右記リンク:続編レポ  http://sinmyo.exblog.jp/17929354/


たくさんの画像をfacebookにアップしました → http://facebook.com/sinmyo
友達限定公開になっているので、自己紹介を添えてリクエストくださいね(^^)v 
[PR]
by sinmyo | 2012-08-30 08:30 | アウトドア | Comments(0)
<< 穂高連峰縦走・最終章 憧れのジャンダルム >>