建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
呉羽の家
芝園の家
川縁の家
広上町の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
未分類
最新のコメント
> りなさん お店に問..
by sinmyo at 05:00
バイトは募集していますか?
by りな at 19:37
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
最新の記事
経年劣化
at 2017-05-24 23:21
夜明け前の仕事
at 2017-05-24 23:21
掲載
at 2017-05-17 23:59
サイバー攻撃
at 2017-05-17 23:58
完成~木津の家~
at 2017-05-10 23:59
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


穂高連峰縦走・最終章

先回からの続編、二泊三日の「穂高連峰縦走」これで最終章。仲間とシェアした多くの画像整理だけで半日も費やし、提示したい画像を選定した結果、ブログレポが4編構成になってしまいましたわ・・・ 行った者しか分からないスリリングさと達成した感動、このブログレポだけでは現地の臨場感が伝わらないでしょうかね(^^;)

以下、穂高連峰縦走ブログレポ1章~3章 読み返すとアノ興奮が蘇ってキター^^
①初日・上高地~涸沢~穂高山荘:http://sinmyo.exblog.jp/17908763/
②二日目・奥穂高~ジャンダルム:http://sinmyo.exblog.jp/17914461/
③二日目・ジャンダルム~西穂高:http://sinmyo.exblog.jp/17921499/

最終日は北アルプス最難関コースを徒覇した達成感から消化試合的ながら、西穂山荘を発ち、穂高連峰から連なっている焼岳を越えて中の湯へ下山し全行程終了!
f0125091_10373318.jpg
早朝の西穂高山荘、昨晩は眠れなかったけど爽快な朝。ボクだけ夜明け前に起床し、満天の星空を眺めながら珈琲を嗜んでおりました。低スペックのコンデジでは星空の撮影は不可・・・でも、脳裏に焼き付いてますよ^^ 5時半に朝食、6時に出発。
f0125091_10374339.jpg
気温は14度、快適で気持ちイイ!西穂山荘から10分程進むと分岐点、焼岳方面へ
f0125091_10375013.jpg
小一時間進んだ場所から背後を振り返ると、昨日歩いてきた穂高連峰をのぞむ
f0125091_103817100.jpg
朝陽で水面が光る上高地・梓川沿いを歩いて、あの峰々を越えてきました。
f0125091_10382389.jpg
立山からは尖った形相ですが、こちらからのぞむ笠が岳はドッシリして見えるね。
f0125091_10383391.jpg
ゆっくりペースで三時間弱で焼岳小屋到着。この30分前にM澤氏を襲うトラブルがっ・・・いつも賑やかなM澤氏が暫し無言だったわけです(笑) 詳細はナイショ^_^
f0125091_1038386.jpg
焼岳小屋から少し登ると見晴しイイ場所がある。この山を越えれば行程終了。
f0125091_10384581.jpg
100名山のひとつであり、周囲の見晴らしも良く、歩き易く、登るにつれてピークが近づいてくる“登った感”を愉しむところが、焼岳の魅力で人気があるわけだろう。
f0125091_10385236.jpg
昨日までの山と登山者の客層が違う焼岳。人気のあるビギナー向けの山になると、チャライ山ボーイズ&ガールズや団体ツアーで大勢の人・人・人・・・二度目の焼岳ですが、静かな山歩き環境を好むオイラには、これで最後の焼岳になるだろうなぁ~
f0125091_1039790.jpg
焼岳は活火山!山頂付近の火口からモクモクとガス噴出、硫黄の香り・・・
f0125091_10391746.jpg
北峰と南峰のコルにある池付近、南峰は崩落危険のため立ち入り禁止です。
f0125091_1039077.jpg
焼岳と連なる穂高連峰をのぞむ。穂高連峰は雲の中、辛うじて槍ヶ岳の穂先が!10時過ぎには雲が湧いてきた。眺望を愉しみたい夏季は未明の早出が基本だよね。
f0125091_10392789.jpg
焼岳を越えて下山。チャーターしたタクシーで下山口の“中の湯”から平湯まで。“平湯の森”で温泉に浸かり、疲れと汚れを流した。3日ぶりの風呂^^ そこで、アタマの中は仕事モードに切替!即帰宅し、アトリエにてクライアント様と打合せ・・・(汗)
f0125091_10393548.jpg
三日間の軌跡地図:たくさん歩きましたよ(汗) 帰宅した夜はバタンキュー・・・
f0125091_10394267.jpg
GPSログ:沿面距離39km・累積標高4000m こんなロングコースは初めてでした。

 同行していただいたIさん、Sさん、Mさんありがとうございました(感謝)・・・完

たくさんの画像をfacebookにアップしました → http://facebook.com/sinmyo
友達限定公開になっているので、自己紹介を添えてリクエストくださいね(^^)v 
[PR]
by sinmyo | 2012-09-03 09:03 | アウトドア | Comments(12)
Commented by 太田雪舞 at 2012-09-03 12:40 x
静かで涼しい山をゆっくりマッタリ歩くのが好きです。(爆)
Commented by ラガーマンマン at 2012-09-03 19:41 x
お久し振りです。

久し振りに貴殿のブログを覗いたら・・・

いやーっ、凄い!
‘ジャン’じゃん!!!\(◎o◎)/!

進化してますねぇ~(^_^)v

全編拝見しましたが、絶景とはこのことですね。

pinkさん(懐かしっ)ことM澤さんも相変わらずしっかり歩いてられますね。宜しくお伝えください(^o^)

当方、今年は未だ闇を背負っておらず、最近腰痛に悩まされております(T_T)。
Commented by ざわちゃん at 2012-09-03 20:50 x
力作のロングレーポート、一気に読みました!あの3日間が鮮明によみがえってきますな^^。
なんといっても、皆無事で帰還できたことがなによりですね!
是非、うちの山の会に入会して共に学びましょう!!!

そういえば、2日目に我々の後ろを歩いていたソロの男性が
私のブログを見に来てくれました。
彼のブログも山情報満載でしたので覗いてみては?
北海道の方でした~。
さて、薬師岳の日程も決めなくてはいけませんね。
9日は先約が入っているので(山の会)調整してみます。

ではまた。
Commented by snoopy at 2012-09-04 21:55 x
一回り年齢詐称のsnoopyです(^^ゞ
序章~核心部~まだまだ気の抜けない危険地帯~最終章と4部構成の超大作、読めば読む程臨場感がバッチリ伝わってきます。もう3回くらい読んだかな(^^♪ 同じコンデジなのに画像も美しいです。スロータイムが持てたのも自家焙煎珈琲のお陰、数々の危険地帯が通過できたのも、体力、技術力に優れたメンバーが一緒だと言う安心感からです。同行できて本当に良かった!心から感謝です。
Commented by sinmyo at 2012-09-05 19:26
>太田雪舞さん、禿同!砺波アルプスなんてスローでいいね^^
今秋に道宗さんの道をワンディ徒覇しようと計画中・・・
Commented by sinmyo at 2012-09-05 19:26
>ラガーマンさん、ご無沙汰しておりまする。
季節の変わり目、大切な腰をバッチリ養生してくださいませ。
恒例行事「闇を背負って・・・」早く完治して実現したいですね。
オイラの方は、ドM度合いは進化しておりますわっ(笑)
くたくたになるまで歩かないと気が済まなくて・・・(^^;
Commented by sinmyo at 2012-09-05 19:27
>ざわちゃん、この度は同行ありがとうございました(感謝)
お誘いなければ、ジャンダルム登頂は実現できませんでした。

オイラのイケイケドンドンは遭難予備軍かもしれませんね・・・
きっちりとした技術と判断力を養うために入会が必要と感じてます。
改めて宜しくどうぞ! あのソロ男性のHP拝見しました。
なかなかスゴイツワモノですね。老少年・・・オイラも少年(爆)
Commented by sinmyo at 2012-09-05 19:27
>snoopyさん、この度は同行ありがとうございました(感謝)
お美しい女性に向かって年齢ネタとは大変失礼しましたね・・・(懺悔)
一回り詐称されても誰もが信じる(騙される)ので実践くださいませ^^
それにしても、あの難コースをサラッと徒覇される体力には脱帽です。
ところで、お山で嗜む珈琲はサイコー!絶対に欠かせない嗜好品ですよ。
また出撃する際は担いでいきますので、お楽しみに~^^v
Commented by こば at 2012-09-06 16:10 x
間ノ岳で入れた自家製焙煎はさぞかし美味かったでしょうねぇ。
四部作レポ一気に読ませて頂きました。
Commented by 老少年 at 2012-09-06 20:34 x
shinmyoさん、こんばんは!
ジャンダルムではざわちゃんさんの後ろを見失わないよう頼りっきりで歩いていました。でも、皆さん嫌な顔をせず、かえってshinmyoさんはじめ皆さんには、温かく話しかけていただき、ありがたかったです。
北海道に単身赴任し、ソロで北の山のテント泊の魅力に取りつかれ、それまでの山の会を休会してからというものは、こちらでもテント泊主体、冬場はほとんど近場の人の少ない小屋を寝ぐらにして遊んでいます。

今回、ようやく西穂山頂に着いて下山したとき、若者らが緊張感を欠いた行動をしていたので一喝しました。それほど神経が高ぶっていたのでしょう。
小屋で消灯後に携帯で話された日には、我慢なりませんね。
私は、冬場の小屋で同じようなことに遭遇し、爆発・噴火してしまいました。↓
http://yamatabi-hanatabi.co
m/hanajirosangakukai.html
もっと品よくしたいのですが・・・。
それはともかく、老少年も還暦を過ぎて体力も低下し、大腿四頭筋のストレッチもできないほど膝が痛んだので整骨院で診てもらいました。
次は新保高温泉から薬師岳を往復しようと考えていますが、ひょっとしたらまたお会いできるかもしれませんね。
Commented by sinmyo at 2012-09-07 15:20
>こばさん、神聖な山での珈琲は堪らなく美味いですね。
拙い写真と文面ながら現地の臨場感をつたえようとすると、
いつの間にか4部構成になってしまいましたわ・・・^^
Commented by sinmyo at 2012-09-07 15:23
>老少年さん、この度は穂高縦走での御縁に感謝です。
貴殿のホームページじっくりと拝見させていただきました。
てっきり、50代前半かと思ってました。還暦過ぎには見えないですよ!
また、お山で出会える御縁があることを楽しみにしておりまする。

次は薬師岳ですかー! 私は23日辺りにワンデイで出向く予定です。
<< 基礎工程終盤 西穂高岳 >>