建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
呉羽の家
川縁の家
城山町の家
出町中央の家
水廻りリフォーム
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
最新のコメント
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
旅館の離れのような玄関で..
by ex0tja at 15:51
虎仮面です あー 昨年約..
by ex0tja at 15:49
最新の記事
木工事大詰め
at 2017-09-20 23:58
追い込み中
at 2017-09-20 23:57
ご来光とモルゲンロート
at 2017-09-13 23:34
DIY
at 2017-09-06 23:33
色褪せない音楽
at 2017-08-30 23:49
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


大日三山周回

大日三山周回と併せて、今年ラムサール条約に指定された「大日平と弥陀ヶ原」両方の湿原を愉しむ。称名滝Pから大日岳~中大日岳~奥大日岳~室堂~弥陀ヶ原~八郎坂の沿面距離約36km累積標高±約2200mをワンデイ! なんとも欲張りな計画・・・課題は称名Pに通じる道路ゲート開門時間内に脱出すること。こんな長い山歩きなんて経験も無く、これまでの長距離歩き経験といえば、終電を逃したうえに財布がカラ・・・富山市から砺波までの酔っ払い徒歩で帰ったことがあったっけ(^^;)

同行者は25年来の腐れ縁S氏。お山遊びはビギナーなのだが、ロードバイクで能登半島一周ワンディ400km走覇するツワモノ(驚) ヘタレのオイラは付いていけるかどうかも課題(汗) こんなタフな行程を仲間内ではドMヘンタイコース・二度とヤリタクナイコースとも呼ぶ。 コースタイムの60~70%ペースだとワンディも可能。もしも時間的に厳しくなったら、室堂から八郎坂手前の弘法までバスに乗ればいいし、ゲート閉門に間に合わなければ翌朝6時の開門まで車中泊して待てばいいが、それはゴメンだ。

普通の方なら一泊コースをワンディしない。“己へのチャレンジ”という観点で、“普通”では満足できないS氏とタフなプランを企てていた。お互いに忙しく、この日しかない・・・ということで、午後から雨予報にも関わらず出撃!先月、S氏の愛車MBが盗難に遭い、その慰め登山ということになってしまった(哀) しかし、まだ見つからない・・・

まだ暗い早朝の砺波は雨。互いに「今日は見送るかっ・・・」と言いいたかったのだが互いに言い出せないまま、法定速度内で砺波ICから立山ICへ。道中、スコールのような激しい雨・・・ 「一応、行ける所まで行こう」と同意。お互い意固地になって弱音を吐かないというのも考え物だ。“撤退も勇気”ってことを我らの肝に銘じなければならない。
f0125091_1295524.jpg
称名ゲート到着、ポールポジション!小林可夢偉のようなスタートミスは禁物(笑)
f0125091_1220475.jpg
大日岳登山口到着。大日平までの道中が最も厳しい。のっけからハイペースで突撃!
f0125091_12212941.jpg
1時間少々でラムサール条約に登録された大日平に到着。目指す大日岳をのぞむ。
f0125091_12213990.jpg
大日平小屋の裏手にある不動の滝。 時間節約のためパスしようとしたが見モノ
f0125091_12215433.jpg
大日平小屋からS氏が先頭。途中、滑ってコケたり、コース間違え枯沢登り・・・
f0125091_12221760.jpg
静かなる大日平と弥陀ヶ原を振り返る。飛行機雲と雨上がりの青空に秋を感じた。
f0125091_13322944.jpg
大日平小屋から大日岳小屋までが長く感じる・・・やっと、大日小屋が見えてきた。
f0125091_13323847.jpg
富山県で一番お気に入りの大日岳。ココからのぞむ剱岳の山容が最も美しぃのだが、ガスに覆われはじめた・・・この後、剱岳の姿を終始のぞむことはなかった(残念)
f0125091_13325182.jpg
約3時間半で登頂!今年二度目だ。私を守っていただいた大日如来様と再会し参拝
f0125091_1333178.jpg
足早にだと見逃してしまいそうな位置にある中大日岳。一応ピークハント!
f0125091_13331365.jpg
奥大日へ通じるこの辺りの風景が最も好きな場所だ。(好天ならば・・・無念)
f0125091_13332357.jpg
日本庭園のような七福園。大日岳登るならばココまで足を伸ばすのがオススメ!
f0125091_13333761.jpg
順調に進み正午に奥大日岳登頂!短いランチ休憩、大休憩している暇は無ぃ・・・
f0125091_13334690.jpg
オイラとは逆ルートを一泊二日で本日は称名へ下山される大阪からの団体様から撮影を勧められた。初老のオッサン2人で撮ってもどうにもならんよと遠慮したけれども、折角の機会だから依頼。ボケとツッコミが文化の陽気な関西人、「面白いポーズで!」と言われ、思わずワケノワカランポーズをしたオイラ達は何のつもりだったのだろう(^^;)
f0125091_1422382.jpg
奥大日岳を発ち、暫く進むと夏毛のライチョウ発見!ガスると出現率高くなるのだ^^
f0125091_13335950.jpg
雷鳥の親子と遭遇!疲れと時間に追われて焦った気持ちを癒してくれました。
f0125091_1334101.jpg
行程では室堂へ14時着の予定。近道の地獄谷は、東日本大震災の影響から火山活動が活発化し有毒ガス濃度が高くなったために通行止。少々遠回りして室堂へ
f0125091_13342643.jpg
紅葉ではありませぬ・・・有毒ガスの影響で常緑樹のハイマツが枯朽しているのだ。
f0125091_13343570.jpg
玉殿の湧水で水分補給。この辺りから小雨が・・・室堂から弘法までバスにしようかなぁ~と思うも、意固地に歩きたいというS氏(バス利用は敗退を意味する) 時計を気にして弥陀ヶ原の木道を行くべきかどうかと悩みながらターミナル内を右往左往していると、従業員の美しい姫方がオイラ達に声をかけてくれた。「弘法までだったらアルペンルートを歩いた方が早いですよ!」と親切に笑顔で説明いただく。まるで、大日如来様の化身のようだった(嬉) やや行程遅れの14時過ぎにアルペンルート車道を徒歩下山
f0125091_13345683.jpg
雨が小降りになってきた。折角だからラムサール弥陀ヶ原の木道を歩きたい。
f0125091_14513218.jpg
しまった・・・ショートカットのつもりで木道歩きしたのだが、車道に出るタイミングを逃してしまい、一の谷を渡るコースに。空からは止む気配の無い大粒の雨、気になるのは時間だけ。かなりのタイムロス・・・ 大日如来様の化身の言うことを素直に受け入れてアルペンルートをテクテク歩くべきだった。この時点で15時半!足元も悪く焦りに焦った。16時には弘法に到着しないと称名ゲートタイムアウト・帰宅難民・車中泊に・・・(焦)
f0125091_13351423.jpg
雨のアルペンルート徒歩中(小走り中)ココを自転車で走れたら面白そうだな~と盛り上がった。そんなヒルクライム計画があるそうなのだが、誰でも参加できないだろう・・・そのためにアルペンルート閉鎖になるだろうし、貴重な観光資源。実現したら見物してみたい。やっと、弘法に到着し八郎坂へ。行程より30分遅れの16時半(焦)
f0125091_13361514.jpg
雨の中、スリッキーで急な八郎坂下り。ここでS氏の足に異変がっ・・・膝が痛むそうで、もしもゲート閉門に間に合わなかった時のために、クルマのキーを預かりオイラだけ足早に下山し、クルマをゲート外に脱出させる作戦に変更した。 夏季は落水の無いハンノキ滝から大量の水!この様相から弥陀ヶ原周辺が大雨だったことを示している。
f0125091_13362987.jpg
無事下山・・・(安堵)S氏を待っている間、工事現場警備員のオッチャンと暫し談笑。このコースをワンディで行ってきたことを話すと呆れかえっていた。S氏は30分遅れで下山し、なんとか18時前にゲート脱出成功!帰路に吉峰温泉で汗と疲れを流して帰宅。

 普通は立山室堂へバスに乗って出向くのだが、オイラ達は沿面距離約36km累積標高±約2200mを徒覇してきたという登山コースを家族に何度説明しても理解してもらえず・・・ 時間ばかりを気にして精神衛生的に良くないコノ行程、まさに“二度とヤリタクナイコース” 来年の気候が安定した好天日の夏には再度出撃したくなるのかなっ?
[PR]
by sinmyo | 2012-09-07 07:09 | アウトドア | Comments(12)
Commented by 太田雪舞 at 2012-09-07 18:24 x
ドMですな・・・。(笑)
Commented by oku at 2012-09-07 19:44 x
このコースを歩くなら7,8月にするべきでしょうね。
ゲート時間が2時間違ってきますから。
それにしてもお疲れ様でした!
Commented by すずけん at 2012-09-08 06:36 x
レポートありがとうございます。終始リードしていただき感謝しております。
 
ポイントは大日平の沢登りと一の谷でしたね。終わってみればこんなもんかって感じですが八郎坂で左ひざの痛みは尋常ではありませんでした。痛んでも時間内だったんで来年も?

次のネタ、道宗道の情報収集しています。年内走破しましょう!

 
Commented by sinmyo at 2012-09-10 23:02
>太田雪舞さん、ドM+ヘンタイでつ(爆) 
Commented by sinmyo at 2012-09-10 23:04
>okuさん、しこたま“アレ”を背負って、“アレ”を嗜んだら敗退でした。
「2度とヤリタクナイ・プラン」 okuさんの記録を参考にさせていただきます^^
Commented by sinmyo at 2012-09-10 23:06
>すずけんさん、次なる「2度とヤリタクナイ・プラン」
紅葉期の道宗修験者が歩いた五箇山~井波ルートで確定ですな^^
重いですが、万が一のためにビバーク装備と“アレ”持参で出撃や!
Commented by 太田雪舞 at 2012-09-12 12:04 x
赤尾道宗の行徳寺。
アンマは同級生で同じ福野高校スキー部です。
井波アスモの役所の出張所に居りますぞ。
Commented by ざわちゃん at 2012-09-12 23:15 x
このドMコースには参加しなくてよかったような?!
もしも、同じコースをたどるなら荷物は最軽量で挑みたいものです。。

薬師はゆっくりと景色を楽しみながら歩きたいですね~。
Commented by sinmyo at 2012-09-13 00:53
>太田雪舞さん、行徳寺と深い御縁があるようで^^
次なる「2度とヤリタクナイ・プラン」→「道宗プラン」参戦決定ですな!

蓮華温泉登山口から小蓮華山を3時間弱という健脚ぶりだからバッチリ^^v
Commented by sinmyo at 2012-09-13 00:56
>ざわちゃん、今回のコースだったら楽勝でしょう^_^
大粒の雨にやられた弥陀ヶ原はカラダよりも精神衛生上キツカッタ・・・
来夏の晴天時に再出撃を予定してますので、その際は宜しくどうぞ!

上記コメント参照のとおり、次なる「2度とヤリタクナイ・プラン」紅葉期に計画中^^
Commented by 野田 at 2012-10-08 11:13 x
失礼ですがこのコース36キロもありません。大日登山口から八郎坂登山口で23km前後です。ご覧なった方が誤解されます。山のデータ記載は充分お気をつけを…
Commented by sinmyo at 2012-10-16 11:17
>野田さん、御丁寧にどうもです。連れのGPSデータを参照しました。途中でルートミスもありましたが、ナニカの間違い? ところで、称名~大日三山~室堂~弥陀ヶ原~八郎坂・・・23km?どこかに近道あるのですかね(謎)
<< 全国大会出場! 基礎工程終盤 >>