建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
呉羽の家
川縁の家
城山町の家
出町中央の家
水廻りリフォーム
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
最新のコメント
> りなさん お店に問..
by sinmyo at 05:00
バイトは募集していますか?
by りな at 19:37
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
最新の記事
上棟スタンバイ
at 2017-07-26 23:59
土台敷設
at 2017-07-26 23:58
夏山シーズン開幕
at 2017-07-19 23:36
基礎工程終盤
at 2017-07-12 11:24
オーダーキッチン
at 2017-07-05 22:22
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:アウトドア( 120 )

虫除け

厄介な虫が発生する時節。市販の虫除け薬ってベタつくし香りもイマイチ・・・そこで威力を発揮するオリジナル虫除けを御紹介!アウトドアに限らず日常的に使用してます。
f0125091_21115771.jpg
配合比率はシーブリーズ60%・消毒用アルコール35%・ハッカ油5%

アタマにシュッシュすると、頭上に旋回する奴らは退散していきました。効果バッチリ!
[PR]
by sinmyo | 2014-06-18 04:44 | アウトドア | Comments(0)

天空の露天風呂

神が人に与えた楽しみといえば、温泉・酒・スキー!(勝手な価値観)
f0125091_22323285.jpg
北ア白馬鑓ヶ岳中腹EL2100mにある秘湯の中の秘湯“白馬鑓温泉” 源泉かけ流し100%!ビールを嗜みながら温泉を愉しむ至福のひととき(⌒-⌒)


此処へ辿り着くには登ること約3時間半のプロセス。
好天に恵まれ、自然を享受し季節の移ろいを愉しみながら総勢8名で出撃!
f0125091_2246998.jpg
登山口の猿倉から雪のある処まで暫しスキーを担いで登行
f0125091_22461929.jpg
登っては下り・・・白馬連峰・白馬鑓ヶ岳の稜線を眺めながらラストの登り
f0125091_22462994.jpg
余裕があれば白馬鑓ヶ岳の稜線まで登ってから滑降したかったけれども、靴擦れの痛みがキツクて鑓温泉で登り終了。ピークハントだけが山ではありませぬっ^^;
f0125091_22543537.jpg
視界良好!次から次へとスキーヤースノーボーダーが登ってきます。
f0125091_22552164.jpg
周囲の方々が大ウケした自作褌のリサイクルマン登場!美しい姫方が爆笑しながらカメラを向けていらっしゃいました(爆) 仲間や老若男女の枠を越えた混浴・家族風呂のような雰囲気で賑わい、ココロもカラダも解放感MAX!湯あたりでポカポカのぼせては冷たい風で醒ます繰り返し。ほろ酔いで約2時間まったり裸族で過ごしたおかげで普段は日焼けしないような処もヒリヒリ(^^;) ※プライバシー保護のためモザイク処理
f0125091_232392.jpg
その場から離れたくなくなる至福の時空間を過ごし、そろそろ帰路へ・・・ 妙高・火打・焼山・高妻・乙妻・戸隠の新潟~長野の名峰を眺めながら滑降下山
f0125091_236872.jpg
登り時はガスで見えなかった白馬岳デデ~ン! 妖怪・板掴と格闘しながら滑降
f0125091_23104391.jpg
雪が繋がる長走沢経由で下山。所々に沢の下部へ誘う危険な落とし穴・・・
f0125091_23133957.jpg
白馬連峰に別れを告げて無事下山。来季以降から定例の山スキースポットになりそうだ。ガイドを務めて頂いたコバさんをはじめ仲間達に感謝(^▽^)/
[PR]
by sinmyo | 2014-05-26 23:15 | アウトドア | Comments(0)

笈ヶ岳

今年もGW返上・・・やりくりして一日だけ休日。以前から行きたかった石川県の笈ヶ岳EL1841mへ出撃!この山は登山道が無く、夏季は藪々で覆われるため積雪時にしか登れない玄人好みのマニアックな山です。時節限定なだけに、北は福島県・南は福岡県と全国各地から集結した登山マニア。お祭りのように賑わってました。
f0125091_2336594.jpg
GW中、登山口の白山自然保護センター中宮展示館付近では可憐な紫色のカタクリ群生が有名だとか。こんなにキレイなカタクリの花々は見たことない!
f0125091_23433836.jpg
単独の気楽さが祟って寝坊zzz砺波発3時半・5時過ぎに登山口へ。駐車場はイッパイ!準備を済ませて5時半クライムオンはビリッケツでした。 急登というか崖登りを経てEL1250稜線に出ると、デデ~ン!とビッグマウンテン白山と対峙
f0125091_234343100.jpg
冬瓜山(かもうりやま)ピーク直前の崖登りでは渋滞・・・
もしも落ちたら“アナタノシラナイセカイ” みなさん慎重過ぎるくらい慎重です。 
f0125091_23434757.jpg
冬瓜山ナイフリッジ。此処も危険! 穂高の馬の背とは比ぢゃありませぬがー^^;
f0125091_23435357.jpg
やっと本日の目的地、笈ヶ岳が見えてきたけど、まだまだ遠い! 沢渡地点から同ペースで一緒に登ってきた埼玉の殿方と此処でお別れし先行させていただいた。
f0125091_2344067.jpg
トレースバッチリ!樹林帯を抜けて、360度パノラマの稜線漫歩の開始^^
f0125091_2344480.jpg
どんどん近づいてきましたぞ! 一気に下って登り返して本峰稜線へ
f0125091_23441280.jpg
鞍部からラストの登り!あともう少しで本日の目的地笈ヶ岳EL1841m。奥に見える山は大笠山、現在地は富山・石川・岐阜の県境部分にあたります。
f0125091_23441646.jpg
スタートから4時間半・・・キツカッタ(汗) 山頂は無積雪でしたが狭い。次から次へと登山者が登頂してきます。僅か15分程度の滞在で直ぐ下山。絶景を存分に愉しんだ。
f0125091_23442044.jpg
山頂へ向かう者、下山する者、本峰稜線は10時頃が最も賑わっていた時間帯。
f0125091_2344241.jpg
f0125091_23442864.jpg
厄介な急斜面トラバース、上部雪面に亀裂がっ・・・滑落しても数十mですが^^;
f0125091_23443378.jpg
下山は冬瓜平の樹林帯経由。途中、いや~な感じのデブリランドを足早矢に通過。そして、登ってきた道に合流。きつかった急登というか崖を下って無事終了。なかなか気の抜く箇所が無い8時間に亘る山行でした。此処は来年以降GW恒例にしたい。

沢渡・崖登・ナイフリッジ・残雪の急斜面トラバース等のスリリングな場所もあれば、好天時は360度の視界が拡がる風景を眺めながらのスローな稜線漫歩も超・気持ちイイ! “山”という多くの要素が凝縮されたエキサイティングなアドベンチャーマウンテン笈ヶ岳。遠方からも訪れるくらい人気がある所以であろうか。

日本百名山を選定した石川県出身の深田久弥氏。近くに白山の存在があるし、本人が未踏だったことと、地元贔屓を遠慮されたのであろうか・・・マニアの間では101番目の山だとか。興味ある方はチャレンジしてみてください。イイお山ですぞ('▽^*)v
[PR]
by sinmyo | 2014-05-05 05:05 | アウトドア | Comments(0)

ホワイトアウト

砺波アルプス猿ヶ山BCスキー出撃!朝陽に照らされる雪原、嵐の前の静かな風景
f0125091_0543938.jpg
f0125091_0585739.jpg
開花の知らせが来る春爛漫の季節ですが、この後スーパーストームに遭う(ノ゚ο゚)ノ
f0125091_0563853.jpg
横殴りの猛吹雪、右も左も判らない危険な状況。山頂アタックするか撤退するか・・・
f0125091_0572550.jpg
動物的感覚を持つ仲間と文明の利器GPSのおかげで登頂を果たした。
f0125091_0584560.jpg
f0125091_0592670.jpg
標高を下げるに連れて、どうにかこうにか視界は良好に^^;
エキサイティングなパウダーバーン滑走を愉しめた。GWまで休日無し・・・
これでシーズンアウト?雪を求めて高い場所へ出向けば7月まで滑れる^^

※画像提供:太田雪舞幹事長
[PR]
by sinmyo | 2014-04-14 01:06 | アウトドア | Comments(2)

静寂の時空間

心身のリフレッシュに近所の砺波市最高峰EL987m牛岳・小牧ダムルート出撃!
雪山という静寂の時空間は心を洗ってくれます。(オラの心が汚れているわけぢゃありませんが…) しっかし、ノントレースの重い深雪登攀は修行・苦行でした(汗) 
f0125091_131350.jpg
ちょっと慌ただしい山行だったなぁ・・・午後から業務打ち合わせのため、午前中に帰還しなければならなかった。限られながらも自分の時間をつくっていきたいものです。

思いつきの突発的単独行動、家族と山の会への登山計画書提出を忘れてました。未提出で遭難してしまったら保険適用外はもっての他、公私共々大迷惑・・・ たとえ装備がバッチリでも、万が一のためにリスクマネジメントはキッチリと(反省・猛省)
[PR]
by sinmyo | 2014-03-22 00:00 | アウトドア | Comments(0)

キノコ三昧

一度、味を占めたら止められない天然もんのキノコ。今季三度目のキノコ狩り出撃!昨シーズンより約10日遅れているけれども今頃が旬だ。先日、工事現場で久々に友人と再会。キノコ狩りに連れて行って欲しいとのことで同行することになった。
f0125091_23150001.jpg
現地集合、山歩きとしては物足りない行程だし、己に負荷をかけるトレーニングでチャリで出動!背後にノロノロしているクルマ。脇に寄って道を譲っているのだが、なかなか追い越さない。振り向くと友人K氏だった。背後から激写されてもうたっ…
f0125091_23153567.jpg
随分と標高の低い処まで紅葉してきたものだ。11月としては貴重な好天日。
f0125091_23150867.jpg
真っ赤に燃えるような紅葉するモミジ。今が全盛期のナメコ!
f0125091_23152036.jpg
キノコ狩り先行者も居て、採られた跡ばかりだったが手つかずのナメコ群発見!
f0125091_23151515.jpg
続いてナラタケ!もう勘弁してください…ってなくらいに収穫!
f0125091_23160895.jpg
高所にも自生していたキノコ。登れそうな樹は迷わず登る。束の間の半日休暇、夕食は豪勢なキノコ三昧でした。今週末も好天だったら出動しよう^^





[PR]
by sinmyo | 2013-11-13 13:11 | アウトドア | Comments(2)

チャリトレイル

先週末のオフタイムは半日休暇、チャリトレイルで初老二人衆で砺波アルプス出撃!早朝発の予定が前日の深夜残業が祟ってか、寝坊してもうた大失態・・・(懺悔)
f0125091_14550002.jpg
自宅から片道16km標高差400m、林道沿いの登山口にチャリをデポ
f0125091_14550979.jpg
登山道から外れ、突き進むのも厳しいタフなミズナラ・コナラの原生林を藪漕ぎ・・・狙いはキノコだ^^v もちろんワケノワカランブツは採りませんがね。毒キノコもだけど、道迷いも要注意!GPSと野性的な勘を備えていれば大丈夫。先ずはヒラタケ採取した。
f0125091_14555606.jpg
続いて本命のナメコ!昨年の同時期より生育が遅れている。10月は毎週台風が来たけども、好天が多く気温が高かった。ナメコ独特のヌメリが乾いてカピカピだ。来週辺りに再出撃しよう。工事現場の都合では困るけど、雨が降って気温が下がってほしい・・・
f0125091_14554904.jpg
ピークハントは見送って、庄川水記念公園で名物ゆずソフトを嗜み、川沿いをポダリングしながら帰還。誤って毒キノコが混じってやしないかと、キノコ分別とキレイに洗って夕食の下ごしらえ。食べるのはもちろんだけど、採るのも楽しい秋の味覚。


[PR]
by sinmyo | 2013-11-06 23:07 | アウトドア | Comments(0)

薬師岳の紅葉

オンナゴコロと秋の空(´□`;) 二転三転する天気予報に翻弄され、仲間とのテン泊登山中止は残念でしたが、土曜夕方になって日曜は好天予報に!薬師岳へ急遽出撃
f0125091_17112266.jpg
週末の雨天予報に振り回された者が多かったのであろうか・・・折立駐車場ガラガラ。本日の登山者は20名程度、おかげで静かな山歩きを楽しめました^^
f0125091_17112946.jpg
突き抜ける好天の下、紅葉のナナカマドと剱岳。同行者のペースでスローに登った。
f0125091_17113290.jpg
好天の日曜なのに、太郎小屋前広場は祭りの後のように閑散と・・・
f0125091_17113856.jpg
週末の太郎小屋は閑古鳥・・・「日帰りなの?」と若旦那が残念そう。9月は悪天候で小屋入りが少なくキャンセルも多かったようで、「倍返し!」集客に期待したかったでしょうね。19日の薬師岳閉山祭お誘い受けるも娘の学校行事がっ(残念)
f0125091_17114174.jpg
太郎平~薬師平は紅葉真っ盛り!五感で大自然を享受する愉しみは登山の醍醐味
f0125091_17114819.jpg
森林限界線を越えたところでチングルマ草紅葉。緑はハイマツ群生。
f0125091_17115257.jpg
緑のハイマツと真っ赤なナナカマドとのコントラストが美しい!
f0125091_17115939.jpg
折立から5時間弱で薬師岳山頂到着。鍬崎山~富山平野~富山湾をのぞむ
f0125091_1712383.jpg
赤牛岳~水晶岳、来年シーズンには3泊くらいで縦走してみたいところだ!
f0125091_1712913.jpg
6月に立山で遭遇した共通の知人友人が多い杉さんと再遭遇!一緒にランチタイム^^
f0125091_17121389.jpg
燃えるような草紅葉。生憎、槍穂は雲の中で絶景拝めず(残念)
f0125091_17122415.jpg
当日は長女モモ13歳の誕生日!家族全員集合の夕食に間に合わせるべく急いで下山。下界は真夏日、暑さ服装選択ミスで異常な汗だく・・・下山中に飲み水枯渇(痛) 渇きに耐えるツライ下山でした。ビバークアイテムは必須だが、防寒アイテム一式は余計な荷物でしたね。でも、備えあれば憂い無し!水切らしちゃいましたがー^^;
[PR]
by sinmyo | 2013-10-10 00:00 | アウトドア | Comments(0)

剱岳周遊ワンディ満喫

定番となった剱岳日帰り登山「アンタも好きねぇ~ヽ(´o`)」 加藤茶のように弄られそうですが、今季3度目の剱岳出撃! 馬場島・早月尾根から登り、別山尾根経由で室堂へ下山する“剱岳周遊ワンディ満喫プラン”距離16.5km・累積登り2869m・累積下り1102mの行程。立山駅に相棒の車をデポし、オラの車で相棒と馬場島へ向かった。真夜中なのに立山駅の駐車場はイッパイ!続々と到着する人達。仕方が無い・・・世間は三連休その中日だ。馬場島に到着すると見たことの無い混雑さ!右往左往しながら結局、中山登山口近辺に車駐めて剱岳登山口へ。混雑想定の甘さが後よりトンデモナイ苦い思いをするなんて、この時は想像もつかなかった・・・
f0125091_0445528.jpg
AM3:50 我らの無事を祈念し遭難者慰霊碑に参拝(毎度欠かさずです)
f0125091_194187.jpg
夜も明け、猫又山のモルゲンロート。来月は此処へ出撃予定
f0125091_1112959.jpg
早月小屋に着く直前頃、剱岳から陽が昇ってきた。
f0125091_1132363.jpg
奥大日岳を中心に小屋手前の広場からのぞむ大日連山
f0125091_1142369.jpg
早月小屋前でプロレスラーのようなゴッツイ殿方がコッチをガン見している・・・(恐) 誰かと思いきや、高岡の帝王N氏だ!再会を喜び合い記念撮影^^
f0125091_1171628.jpg
短めの休憩でN氏と相棒とオラの3名で出動。昨晩小屋はテン場も満員御礼!
f0125091_1195339.jpg
EL2400m樹林帯を抜け、いよいよ岩稜地帯に突入
f0125091_1204574.jpg
EL2800m辺りで春の天狗平BCで一緒だったツワモノT氏と遭遇!8月初旬にも早月尾根で偶然会い、その際は互いに悪天候で無念の敗退していた。オラは翌週リベンジ果たし、T氏は本日リベンジ&初登頂を目指す。山頂まで一緒に登った。画像は早月尾根の核心部“カニのハサミ”のSUS杭を踏んで笑顔のT氏^^
f0125091_1281140.jpg
遅ればせながら登場のタフな相棒E氏!互いに8月末の後立山縦走以来、4週間ぶりの山遊び。ブランクを感じさせない絶好調さ!やはり、ツワモノは一味違うものだ。
f0125091_1355478.jpg
道標が見えてきた。もうすぐ剱岳山頂EL2999m!
f0125091_1365870.jpg
山頂は人・人・人・・・まるで剱岳祭りっす!こんな混み様は初めてだ!
f0125091_1382381.jpg
新しい看板があった。依然、祠は修理中のため不在・・・
f0125091_1392437.jpg
相棒は初の剱岳で百名山50座目の区切り。T氏もリベンジ果たし初登頂。遅れてN氏も登頂、再会を祝して固い握手^^  山頂の視界は360度、サイコーだ!
f0125091_1422458.jpg
そろそろ下山、最後に立山と槍穂がシンクロする風景をバックに^^v これから核心部のヤバイ・ヨコバイ&タテバイに向かうためヘルメット&ハーネス着用で下山
f0125091_1433183.jpg
8月に縦走した稜線。鹿島槍ヶ岳~五竜岳  八峰キレットはガスに覆われている
f0125091_1475878.jpg
ジェジェジェ('jjj') ヨコバイ取付部分は、どこぞのテーマパークのような大行列
f0125091_151338.jpg
振り向くと後続も大行列!約1時間半も並んだ(汗)時計を見て焦り始める・・・
f0125091_1532374.jpg
ヤバイ・ヨコバイは大渋滞・・・なかなか進まない(焦)
f0125091_154112.jpg
別山ルートの核心部ヨコバイ!落ちたらアナタノシラナイセカイ('jjj') 予定より登り30分遅れの上に想定外の行列・渋滞のせいで行程遅れ計2時間半ロス、室堂発最終バスは17時・・・標準CTでは間に合わない。危険部を抜けたら飛ばしていこっ!
f0125091_157867.jpg
昼過ぎた時間帯なのに、別山から剱岳山頂アタックする一方通行ルートも渋滞
f0125091_1591789.jpg
前剱&一服剱をクリアしてクロユリのコルはハイマツ藪漕ぎ状態・・・(焦) 草紅葉が始まる時節。美しい時空間を享受する余裕も無く、一心不乱に歩いた。バスに間に合わなければ帰宅難民・・・ましてや翌日の業務に大支障(ノ_-。)
f0125091_265925.jpg
タテバイ通過後は休憩無し。飛ばし気味に別山トラバースを経て別山乗越にある剱御前小屋で休憩。コーラを嗜んだ( ^-^)_旦 遠くには雷鳥沢キャンプ場を見下ろす。カラフルなテントが草紅葉と相まって美しい!時計は15時、なんとか最終バスに間に合うだろうか?雷鳥沢への下りで行程遅れを短縮できそうだ。
f0125091_221821.jpg
雷鳥沢から別山乗越を振り返る。色付いた草紅葉が美しい!
f0125091_222849.jpg
地獄谷付近は有害ガスのため通行規制。解除は数十年後?数百年後?
f0125091_2241058.jpg
紅葉は9月末~10月初旬が見頃。来週も大混雑の立山祭だろう・・・
f0125091_2261446.jpg
帰宅難民にならず、バスに間に合うと確信した笑顔というか安堵の表情^^;
f0125091_2273844.jpg
室堂ターミナル着16時半、12時間に及ぶ長い山行は無事終了。とにかくヨコバイ・タテバイ混雑で2時間ロスは想定外だった。ヘロヘロ半泣き下山は精神衛生的に良くないし、スピード飛ばす下山は怪我のリスク高い。行程に余裕を持ったはずなのだが、想定が甘かった・・・一度やってみたかった剱岳周回ワンディ(二度とヤリタクナイ)


f0125091_2372025.jpg
立山駅から相棒と馬場島へ。オラのクルマ回収した帰路にカモシカと遭遇!

そして、富山市内の寿司屋で反省会。記録よりも記憶に残りそうな山行「剱岳周遊ワンディ満喫プラン」 懲りずに次なるネタへのチャレンジを約束して相棒と別れた。10月に入れば3000m級の山岳地帯は冬に突入、また来年(^ー^)ノ

たくさんの画像をfacebookにアップしました → http://facebook.com/sinmyo
[PR]
by sinmyo | 2013-09-28 09:28 | アウトドア | Comments(2)

後立山縦走1日目

扇沢~爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳~キレット小屋泊~五龍岳~唐松岳・八方尾根スキー場ゴンドラ下山、歩行距離28.8km・累積標高(登り)3083m・累積標高(下り)2613m。このコースの標準行程は2泊3日らしいが、1泊2日の強行軍突撃を試みた。
f0125091_0564787.jpg
八方尾根スキー場に車1台デポして登山口の扇沢へ。未明の4時過ぎクライムオン!扇沢から稜線までの柏原新道は手入れが行き届いていて登り易く、標準CTより1時間以上短縮できた。出来るところで時間の貯金だ(^^)v
f0125091_153079.jpg
出発地から目的地まで急ぐよりも刻々と変化する美しい自然の時空間を五感で享受したい。夜も明け、ふと針ノ木岳を見ると虹がかかっている風景を拝む。幸先イイ!と喜ぶのも束の間、虹が近づいてくると雨に降られた・・・
f0125091_19518.jpg
種池山荘で小休止し雨具着用とザックカバー装着
f0125091_195180.jpg
気になる雨も小降りになり、先ずは爺ヶ岳を目指す。
f0125091_1103648.jpg
徐々にオレンジ色屋根の種池山荘が遠ざかる。この頃から雨は止み始め、ついに立山連峰の稜線が現れた。いつも慣れ親しんでいる富山平野から眺める山容の裏側、終始好天で腹イッパイになるくらいに剱岳の風景を愉しめたよ^^v
f0125091_1161278.jpg
本日のビッグマウンテン!鹿島槍ヶ岳、まだまだ遠し・・・
f0125091_1172462.jpg
クライムオンから約4時間、先ずは爺ヶ岳3峰を登覇
f0125091_118333.jpg
冷池山荘が見えてきた。徐々に鹿島槍ヶ岳が近くなってくる。
f0125091_1194921.jpg
冷乗越通過。空は低い雲、剱岳を眺めながらの稜線歩きは気持ちイイ!
f0125091_1213576.jpg
振り返ると爺ヶ岳3峰。10時頃になると長野県側よりガスが湧いてきた・・・
f0125091_1223921.jpg
画像から伝わらないけれども、雲の流れは早く西側から冷たい強風が吹きつけてくる!雨をもたらした前線は南下し、張り出した大陸の高気圧のおかげで東側から湧いてくるガスを跳ね返してくれた。もうすぐ鹿島槍ヶ岳南峰、この頃から青空^^
f0125091_130375.jpg
鹿島槍ヶ岳・南峰登頂!扇沢から約7時間、同行してくれた相棒に感謝!
f0125091_1321236.jpg
立山連峰バッチリ!南峰ピークは広く、殆どの人は此処で引き返す。
f0125091_1341156.jpg
南峰で小休止して北峰を目指す。西からの冷たく乾いた風はエライ強い!
f0125091_136548.jpg
遠くの五竜岳を望みながら本日の核心部、日本三大キレットである八つ峰キレットへ。此処からは体力よりも集中力勝負!凄いスピードで流されていくガースー
f0125091_1401169.jpg
f0125091_1401347.jpg
f0125091_1404766.jpg
f0125091_140508.jpg
f0125091_1411393.jpg
f0125091_1411237.jpg
f0125091_141581.jpg
誰ともすれ違うことなく、意外とすんなりと通過できた岩棚トラバース、ハシゴ、鎖場を経て本日の宿泊地、八つ峰キレット小屋が見えてきた。こんな両側が切れ落ちている困難な場所に山小屋を建築したものだと関心! 遠くに明日目指す五竜岳
f0125091_1452070.jpg
f0125091_1454765.jpg
此処までの行程は約10時間。ゆっくり景色を愉しみ、写真を撮りながらだったので時間かかり過ぎました。チェックイン後、本日の無事への感謝と明日への安全を祈念して乾杯!相棒は日本酒、オラはビール。なんともいえない至福の時間だ^^ 連日の睡眠不足と未明の早出だったからなのか夕食まで深い睡眠zzz
f0125091_1482530.jpg
寝起きの夕食だけど完食!キレット小屋の食事は豪華と評判だ^^
f0125091_153115.jpg
G1~G7、明日も多くの峰を踏んでいく。  ~ つづく ~

右記リンク続編“後立山縦走2日目” http://sinmyo.exblog.jp/203993/
[PR]
by sinmyo | 2013-09-14 23:15 | アウトドア | Comments(0)