建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
呉羽の家
川縁の家
城山町の家
出町中央の家
水廻りリフォーム
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
最新のコメント
> りなさん お店に問..
by sinmyo at 05:00
バイトは募集していますか?
by りな at 19:37
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
最新の記事
蝶ヶ岳~常念岳
at 2017-06-21 23:59
基礎底盤
at 2017-06-21 23:57
一時帰宅
at 2017-06-21 23:55
水廻りリフォーム完成
at 2017-06-14 22:25
地鎮祭
at 2017-06-07 23:12
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:となみ野の家( 11 )

完成!となみ野の家

f0125091_1524239.jpg 初秋から着工しておりました「となみ野の家」完成!先日は多くの方々にご覧いただきありがとうございました。田園地帯とはいえ、限られた幅員の前面道路に多くのクルマが駐まってしまい、白黒車の某役人様に注意された事も…(反省)
コンパクトながら抜け感のある空間と県産材杉の床材に自然塗料仕上が暖かく肌触り良い質感で、五感で感じる心地良い住宅になりました。LDKをコアとして1階に寝室を配置。云わば平屋住まいのような感じです。

f0125091_15242155.jpg
f0125091_15243029.jpg
f0125091_1524359.jpg
f0125091_15244179.jpg
f0125091_15244521.jpg
f0125091_15245083.jpg
f0125091_15245493.jpg
f0125091_152518.jpg 物件概要  木造
 建築地: 砺波市内
 敷地面積:376.0㎡
 1階床面積: 65.0㎡
 2階床面積: 39.7㎡
 延床面積:104.7㎡

 屋根:和瓦 外壁GL鋼板
 床:杉無垢フローリング
 壁: ビニルクロス 
 天井:シナベニヤ
 設備:システムキッチン
     システムバス
[PR]
by sinmyo | 2010-12-22 15:47 | となみ野の家 | Comments(0)

週末完成

     ハウスクリーニング完了!杉無垢床に2度目の塗装を施し週末完成。
     床貼り施工前に一度塗り済み。もうチョット床材の色が濃くなりまする。
f0125091_1714978.jpg
f0125091_17301010.jpg
12月18日のみ限定で個別案内デキマス!ご希望の方は「info@sinmyo.net」まで
[PR]
by sinmyo | 2010-12-13 17:24 | となみ野の家 | Comments(2)

足場撤去

    3日連続の晴天から天変地異みたいな時雨模様、先日足場撤去しました。
   残すは内装・設備取付工事。この時期の外構工事工程、天気だけが心配…
f0125091_18192436.jpg
f0125091_18295390.jpg
12月18日のみ限定で個別案内デキマス!ご希望の方は「info@sinmyo.net」まで
[PR]
by sinmyo | 2010-12-03 18:25 | となみ野の家 | Comments(0)

無垢床

肌触りが気持ち良く、暖かみを感じる素材である無垢床材。自然素材だから、素材の表情が豊かで心地良い空間を演出してくれるもの。その一方では、傷がつき易いとか、反るとか、隙間が発生するとか・・・そんなネガティブなワードを発する例もある。工場出荷時が品質ピークの既製合板床よりも、年月と共に味わい深く、愛着が湧いてくる無垢床の方が、ココロにもカラダにも優しい。傷はどの素材にもつくし、反りも隙間もひっくるめて、それが味わい!人それぞれの価値観ではあるけども、ボクは無垢床をオススメしたいのだ。
f0125091_1733633.jpg
これまで何度も採用した、地産地消である富山県産材の杉材、無垢フローリング床貼り完了!ダークブラウン色の自然オイル塗料をプレ着色。完成間際に二度目の仕上塗り予定です。無垢床材は基本的にメンテナンスフリー!塗膜で木の呼吸を殺してしまう塗装やワックスなんて論外。長い年月と共に人肌と触れ続けることで、ヒューマンオイルメンテナンス?って感じですわっ。それが一言で語れない愛着でもあり味わいでもありまする。
f0125091_1795517.jpg
開口と天井の絶妙な高さ関係。とくに高価でもない普通の構造材を現して床と同色塗装。けっして天井は高くありませんが、「座」ポジションで居ると落ち着くんですよ。無駄に階高を設けて、ヘタに天井を高くしてベタッと仕上るよりもローコストで心地良い空間構成に。
f0125091_17204469.jpg
八乙女山の稜線が美しい窓外の風景。南に面する道路を行交う車や人の目線が気になるかもしれないけど、敷地が広く距離もあるので庭で遮蔽すれば問題ありません。ランドスケープを感じる田舎暮らしの特権です!冬季の除雪がしんどいですがね・・・なんだか、藤沢周平の小説で描写されるような民衆的で素朴に落ち着きある居住空間になるかな。
[PR]
by sinmyo | 2010-11-15 17:27 | となみ野の家 | Comments(2)

断熱チェック

 北国から初雪の知らせが届き、吐く息も白くなり始めた晩秋の候、我が家の暖房ON!
先週、断熱工事施工。気温10度の寒い日なのに現場内は薄着で居られる程に暖かぃ。
f0125091_9594169.jpg
 今回採用した断熱材は、フォームライトSL 右記URL参照 http://www.foamlite.jp
 良い断熱施工、高性能な断熱材を採用しても、壁内通気が悪ければ元も子もないし、
 採用した吹付断熱(過去ログ参照)。職人次第の品質のばらつきはあってはいけない。

   右記URL参照 吹付断熱レポ  http://sinmyo.exblog.jp/11516816/
 
  内断熱工法で、メリット的には木材の収縮や躯体の動きに追従する断熱素材。
  ということは、経年変化による気密劣化が少なく、室内の空気は外に漏れ難い。
  遠い将来に解体する場合、断熱材と木材の分別が困難さがデメリットであるが、
  解体時の分別をより容易に行なうように、吹付け対象物を透湿防水紙にした。
  今じゃ常識となっている外壁工事下地にある防水紙は、外からの浸水を防ぎ、
  ゴアテックスのように内部の水蒸気は外に追い出す機能を持った特徴の素材で、
  外壁の通気層を設けることで、壁内に入り込んだ湿気は滞らない仕掛けとなる。

  断熱・気密は快適性は元より、建築物の耐久性がキーワードなのでありまする 034.gif
f0125091_959478.jpg
浴室は安価なユニットバスを採用。コストは1000万円台後半で抑えなければならなかったので、既製品設備を多用しました。床下通気が基本ですけど、浴室下部は断熱材で塞ぎ、保温性と内部軸組内への外気流入を防ぎます。もちろん次世代省エネ基準対応!

  次世代省エネ基準:過去ログ→ http://sinmyo.exblog.jp/13853509/
  断熱施工について :過去ログ→ http://sinmyo.exblog.jp/13982987/
  木造の耐久性について :過去ログ→ http://sinmyo.exblog.jp/13918842/

再度、建築業界では話題になっているエコポイントについても触れてみましょうかっ。
対象となる次世代省エネ基準(省エネ等級4)を満たすには2通りの考え方がある。
建築物の形状や窓の大きさから、Q値(熱損失係数) μ値(夏季日射取得係数)を
計算をして断熱材スペックなどを設定する方法と、面倒で複雑な計算をせず、地域設定
に応じた断熱材の熱貫流率から導く手法。前者が「性能規定」後者が「仕様規定
建物のカタチによっては、仕様規定では満たされるのに性能規定を満たされないケース
もあり、一概にどの手法が良いとは言えませんが、個人的には前者の「性能規定
を導くことが必要と考えております。 詳細は上記過去ログURLを御覧くださいませ。

 通年返済金額が同じにできるフラット35S。20年金利減免にも対応デキマスよ!
 借入される方は、その政策恩恵を活かして、早めの繰上げ返済をオススメします。

 少々難しくてマニアックな話しになってしまいますが、そのQ値は家全体から逃げる
熱量から計算し、冬季の暖房ロスには説得力ある計算結果になるのに対し、夏季の日射
取得については、断熱よりも建物形状や窓の大きさ・位置に密接な関係があるのです。

 断熱性能が良いにこしたことがありませんが、「住まいは夏を旨とすべし」と、徒然草にあるように、深い庇が夏季の激しい日差しを遮ったりとか、敢えて北側に開いて安定した採光と取り入れ、通風が良好に取り入れられるように巧みに間取りに工夫することも重要なこと。だから、性能だけのアタマデッカチな発想だけで住まいの良し悪しは判断できないのでありまする。大手メーカーが優位に立つような「長期優良住宅」といい、「エコポイント」「性能表示」なんて、机上の理論だけでセールストークされるのは、我らの立場からしてみると、余計なことしてくれるよなーって、ついついボヤキたくもなりますがね・・・

 そこは柔軟に対応できることが、建築家に住宅を依頼する最大のメリット!性能は充分に満たし、住まい手のヒューマニズムを反映しながらの空間クオリティは比じゃないっす!
f0125091_11565018.jpg
 「瓦」という要望条件から始まり、限られたコストの100㎡に満たない小規模な住宅。
 様々な色が氾濫する現代だからこそ、あらためて本来の「和テイストの色」に着目し、
 内外共に装飾的な要素は極限までそぎ落として、安らぎと寛ぎのある空間を造りたい。
 地産地消の杉床を採用し、高さ関係を極限まで絞り、随所に規格既製材を使用するも、
 内部建具はオーダー品。試行錯誤しながら、ディテールとコストバランス調整した結果、
 そこらの建売住宅と変わらない価格で、クオリティ高い住宅に仕立てあがりそうです006.gif
[PR]
by sinmyo | 2010-10-27 10:53 | となみ野の家 | Comments(3)

やりなおし・・・

 秋晴れの気持ちイイ突き抜ける青空!トレーニングがてら自転車で現場へ出向いた。
 上棟から早くも10日経過。軸組み検査も瓦葺きも完了し、外壁下地の追い込み中。
f0125091_12301430.jpg
地味という意見もありましたけども、高さをギリギリまで低く抑えて、瓦の特徴を活かしたオーソドックスで普遍的な美しいフォルムを狙ってみました。約100㎡の小さな住宅での演出は悩ましたが、軒出を約1m設定にし、力強くも清楚な雰囲気になりそうです。

f0125091_12303333.jpg
木造建築の耐久性としては、外壁と軸組間の通気が重要ポイント!今の時代じゃアタリマエですが、それらが守られなかった時代もあり、捨石になってしまった事例も多い。板金壁の場合は形状次第で外壁自身が通気工法みたく、隙間が多いので神経質になること無いだろう。密閉度の高いサイディングは壁内通気は絶対なので胴縁配置だけは要注意!地域風土的には南西の風が多く、外壁劣化と汚れ防止策で、下屋根の無い部分はサッシ下部に水切りを設置。外壁仕上はGL鋼板スパンドレル・ブラック色の計画です!

f0125091_12305344.jpg
坪単価が上がる要因の土庇。坪単価ってワードが登場させてしまいましたが、こんなワードで家を計るものじゃありませんので、ご留意の程をー! 半間の土庇+約1mの軒出。地域風土である南北に吹き抜ける風を取り入れることが快適な生活のヒントでありまする!

 仕事での後戻り、施工ヤリ直しって極力避けたいのですが、ダメ施工発覚・・・(>□<)
北陸・富山@砺波は雪の多い地域。本来だったら桁上に雪留瓦が葺かれるはずが、なっていない・・・軒先全て3枚目の位置に雪留瓦があるぢゃないかっ!軒出が深いことに気がつかなかったのか?何も考えていなかったのか何なのか?このままでは積雪時に大きな負担がかかり、屋根が折れるという最悪の事態になりかねない・・・速やかにヤリ直し!巷では軒出600程度の住宅が殆どの現実、経験と惰性というかルーチン的な作業姿勢だったのだろうか?軒先一文字施工が上手な職人さん達だっただけに残念である(`γ´)
[PR]
by sinmyo | 2010-10-18 18:10 | となみ野の家 | Comments(0)

上棟

 肌寒い秋風が吹き始める候、昨日の雨もあがり本日は天候に恵まれ、めでたく上棟!
f0125091_6391634.jpg
約1mの深い軒出。豪雪・強風対策のために、ひとつひとつの大きいタルキに金物補強。
軒出の無い邸宅も何件かデザインしてきた。人それぞれの好みであるかもしれないが、
とくに南側は深い軒出が必要ということを、つくづく痛感させられる・・・夏季の日射は遮り、
冬季の陽差しを取り入れる。熱反射硝子とカーテンで対策するというステレオタイプ的な
発想だけではなく、先人の知恵であるニッポン家屋の手法を大切にしなければならない。
この家は半間の土庇+約1mの軒出。地域風土である南北に吹き抜ける風を取り入れ、
地産地消として地元の杉材を内装に採用し、南面の敷地が広いという事由も相まって、
ココロもカラダも快適な住まいの実現できるであろうという揺ぎない確信を得た気がした。
f0125091_6392229.jpg
 陽が沈む散居村の風景。只今17:20、12月22日の冬至まで徐々に日没が早くなる。
 年末完成までタイトな工程ですけど、辺りが暗くなるまでの作業、大変お疲れ様でした。
[PR]
by sinmyo | 2010-10-06 23:59 | となみ野の家 | Comments(0)

木材チェック

来月初旬の上棟に向けて、加工前の木材チェックのためにプレカット工場へ訪れた。
構造材の一部分がインテリアとして現れるので、ココだけは確認しておきたいところ・・・

自然素材の無垢材、米松構造材は人口乾燥され流通し、現実は歴とした工業化製品。
コスト的な課題もあったため、節の多い無垢材・構造梁を採用した。和テイスト系色だと、
当初から高価な「化粧材」を指定したであろう。自然塗料ダークブラウン着色するために、
少々の節は意匠的に気にならないというより歓迎!表情が豊かで面白いものなのだが、
角部分に欠けるように抜けた「死節」は絶対NG! 設計者の立場からは、角の死節さえ
除ければいいじゃないか・・・という安易な発想。 しかし、某プレカット工場にしてみると、
それは難しいとの見解。。。「他のプレカット屋さんだったら出来るのに、御社は何でや!?」
と少々興奮しながらやりとりした結果、「何とかします!」ということで、本日に至った。
f0125091_1156447.jpg
規格材だったら高価にならず、その中から選別すればイイといった発想は安易なのか?
大量入荷し順々に加工すれば、工場にとっては歩留まり良好だからの言い分なのか?

最前線で活動する営業マン・事務所で管理する者・工場で働く者、その3者にとっての、
クライアント・収入源は同じであり、後者の立場ではクライアントの要望は理解できない
のであろうか?「営業マン:デキマス!→工場:デキナイ!」こんな攻防があったという。
小さな仕事とはいえども、積極的に社内営業した彼の活動はアタリマエかもしれないが、
他社では出来る事柄を安易に「NG!」という見解をした工場側はどう感じたのであろう?
とくにイレギュラーな要求をしたつもりもなかったのに、結果は良しとはいえ、疲れた・・・

 他のプレカット社は多忙なのに、この企業はそうじゃないという。この差は何なのか?

ネットショッピングの普及により、モノを購入するために店へ出向く機会も減りつつあり、
近隣で多くの外食産業がひしめき合う現代社会では、「また訪れたい・・・」と感じて頂け
ることがショップ・飲食店に限らず、社会全般に求められている。とにかく顧客ニーズを
満たすことが、ショップ・飲食店をはじめ、企業が存続し続けるために必要なことであり、
裏方の立場でも顧客ニーズを理解し、精魂込めて仕事しないと次に繋がらず淘汰される。

 オマケするサービスじゃなくて、カタチの無い「ココロからの顧客サービス」という理念、
「感謝の念」 「プロ魂」 反面教師的な某企業を眺めながら、改めて再認識させられた。

f0125091_11565018.jpg
 「瓦」という要望条件から始まり、限られたコストの100㎡に満たない小規模な住宅。
 様々な色が氾濫する現代だからこそ、あらためて本来の「和テイストの色」に着目し、
 内外共に装飾的な要素は極限までそぎ落として、安らぎと寛ぎのある空間を造りたい。
 地産地消の杉床を採用し、高さ関係を極限まで絞り、随所に規格既製材を使用するも、
 内部建具はオーダー品。試行錯誤しながら、ディテールとコストバランス調整した結果、
 そこらの建売住宅と変わらない価格で、クオリティ高い住宅に仕立てあがりそうです006.gif
[PR]
by sinmyo | 2010-09-24 12:56 | となみ野の家 | Comments(0)

稲田

f0125091_18173495.jpg
稲刈り時期の陽が傾く時間帯、加速するように夕暮れが早くなってきた。藁や籾殻が焦げる薫りが季節を感じさせ、何故か「懐かしい」という感覚が不思議と胸の奥で感じる・・・
f0125091_18173954.jpg
先週、配筋検査とベースコンクリート打設、立上型枠まで完了した。先ずは課題の確認!
f0125091_18174413.jpg
先回は数点の「ダメ出し!」もしも、自社設計施工スタイルなら見過ごされたのだろうか?
ということで、何気に厳しく物申させていただいた箇所はバッチリ対処済みでしたっ。

設計者と施工者の関係って「一期一会」的なところがある。再びお手合わせしたい方も居れば、そうじゃない方も・・・ココの若い現場監督さんマジメな方なのでボク的に有り難い。

建築デザインが本業ですが、御縁あって一緒に取り組む仲間を育てるのも立派な仕事!
社会貢献という観点で、いつもと違う目線で仕事してみると何か新しい発見あるかもー045.gif

 遅ればせながら滞っていた「新築エコポイント@性能規定」Q値計算・・・早くせねば(焦)
[PR]
by sinmyo | 2010-09-13 18:41 | となみ野の家 | Comments(0)

表層改良

 早朝から近間~遠方まで現場巡り。まだまだ残暑厳しい候ですが、風景は秋色に。
 隣地は大豆畑、奥には田んぼ。 「黄金色つく砺波原~♪」 収穫の時期はもうすぐ!
f0125091_16173529.jpg
元々は田んぼ。地域風土的には地盤が良好なはずなのに、典型的な埋め立て造成地。
地盤強度にムラがあったために、ややオーバースペック的な表層改良を余儀なくされた。

基礎工事前に重機が入り難い場所に先行配管。なんとか地業直前に確認申請認可、
ん~・・・書類関係も含めて綱渡り的な毎日。一歩コケたらエライことになってまいそう013.gif
[PR]
by sinmyo | 2010-09-03 16:55 | となみ野の家 | Comments(0)