建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
呉羽の家
川縁の家
城山町の家
出町中央の家
水廻りリフォーム
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
最新のコメント
> りなさん お店に問..
by sinmyo at 05:00
バイトは募集していますか?
by りな at 19:37
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
最新の記事
蝶ヶ岳~常念岳
at 2017-06-21 23:59
基礎底盤
at 2017-06-21 23:57
一時帰宅
at 2017-06-21 23:55
水廻りリフォーム完成
at 2017-06-14 22:25
地鎮祭
at 2017-06-07 23:12
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:石坂の家( 14 )

食欲の秋

秋晴れの候、時間経過と共に庭と建築がより馴染んできました。
f0125091_12495679.jpg
宇宙まで突き抜けるかのような青空の下、正面ファザード撮影!
f0125091_12505637.jpg
昨年の初冬に引き渡し、今春に造園されたエントランス庭園
f0125091_12511427.jpg
お庭が完成するまでフィルムで隠されていたゲスト用WCからのぞむ庭
f0125091_12523729.jpg
クライアント様ファミリーにBBQお招きいただきました(感謝) 昨秋に誕生された御令嬢さまは1歳。ほっこりさせられた満面の笑顔^^ ※プライバシー保護のためモザイク処理
f0125091_1256888.jpg
LDKテラスでBBQ!RC塀内側の庭園は芝生広場
f0125091_12572272.jpg
てんでんに持ち寄った食材、私は五箇山豆腐と赤カブ漬物を調達しました。色々な調理方法の中で、バターしょうゆで嗜む豆腐ステーキは絶品の美味しさ!
f0125091_1301288.jpg
クライアント様の兄上様が札幌での勤務時代に数多い中から辿り着いたという北海道名物、松尾のジンギスカン!この日のためにお取り寄せされました(感謝)
f0125091_133446.jpg
火事ではありませぬっ…^^; 食欲の秋、季節の美味ぃもんを愉しむBBQ。40を過ぎると肉より魚の方が好ましくなってくるものですな。近年のグリルは両面焼きがアタリマエ。炭火では片面焼き。サンマから大量の脂が落ちて大炎上しますから素早く引っ繰り返して均等に焼きます。失敗すると真っ黒焦げに・・・お気を付けてくださいませ。

楽しい時間は早く過ぎるもの…日が暮れるまで至福のひとときでした(感謝)
[PR]
by sinmyo | 2014-10-22 12:38 | 石坂の家 | Comments(0)

竣工写真

たくさん撮影した竣工写真、整理に手間取ってしまい遅ればせながらのアップです。和室入口に使用する蔵戸は指定業者の漆職人さんが急病のため遅れてしまいました・・・年明けに紹介させていただきますね。外観は来春の造園工事後に改めて撮影。
f0125091_22572537.jpg
f0125091_2257293.jpg
f0125091_22573329.jpg
f0125091_22573732.jpg
f0125091_22574473.jpg
f0125091_22574895.jpg
f0125091_22575420.jpg
f0125091_22581337.jpg
f0125091_22581749.jpg
f0125091_2258224.jpg
f0125091_22582611.jpg
f0125091_22583627.jpg
f0125091_22584847.jpg
f0125091_22585349.jpg
f0125091_2259064.jpg
f0125091_2259773.jpg
f0125091_2259135.jpg
f0125091_22591985.jpg
f0125091_22592436.jpg
f0125091_22593298.jpg
f0125091_22593830.jpg
f0125091_22594357.jpg
f0125091_2259482.jpg
f0125091_22595331.jpg

[PR]
by sinmyo | 2013-12-31 22:59 | 石坂の家 | Comments(0)

もうすぐ完成

初冬の候、北陸地方は殆ど雨・・・強運の持ち主?先週末の晴れた日に運良く外構工事・土間コンクリート打設できました。しかし、アスファルト業者は急に増えた公共事業で手が離せないらしく、年明けにアスファルト施工だとか・・・(困)
f0125091_173185.jpg
降雨ナシ・お空は青く、路面はドライ!久々にチャリで現場へ出動。本日は例年より気温が4~5℃高く、防寒仕様着だったため汗だくに・・・
f0125091_1732147.jpg
今週初旬に通電、建具取付。ダイニング照明は北欧の名作PH50
f0125091_1732531.jpg
座敷塗り壁仕上。左官職人のオヤジさん「恥ずかしいから撮るなま~」と笑顔^^
f0125091_1732860.jpg
エントランス壁の陰影ある表情。ワイドな木製片引戸を採用
f0125091_1733249.jpg
LDKと一体化するウッドデッキ。温暖な気候時には役に立つ空間
f0125091_1733656.jpg
これからの季節にはアリガタイ床暖房の試運転実施しました。温まりにくくも冷めにくいタイル土間はサニタリーと一体化した開放感ある浴室空間です。強化硝子引戸採用。寒そうに見えるけど快適なバスタイムですぞv('▽^*)

おぃおぃ・・・この照明の位置、図面明記と指示している場所と違うじゃないか!と、いつもは穏やかなオイラが熱くなってしまう場面も。速やかに手直し、どうにかこうにか15日の引越しには間に合いそう。
[PR]
by sinmyo | 2013-12-05 16:45 | 石坂の家 | Comments(0)

左官の匠

左官職人さんの高齢化と若手の担い手が少なくなっている問題を抱える近年の建築業界。修業期間が長い左官業よりも鳶職や工具が発達した大工になる方が手っ取り早く一人前になれる。好んで左官業に就く若者が少ない所以だ。ましてや、アベニミクス効果や消費税UP前の駆け込みで急に増えた建築特需もあって思うように工程が進まず。どうにかこうにか完成に向けて着実に進捗してます。
f0125091_12503238.jpg
エントランスはワイドな木製引戸と真壁調の横櫛引壁
f0125091_12505178.jpg
生家で使用されていたレストアする蔵戸と調和する和室
f0125091_1251185.jpg
LDKは珪藻土仕上。石膏ボード上から割れ防止のファイバーテープ、下塗を経て上塗
f0125091_12511610.jpg
天井も壁と同素材で仕上。とにかく広い面積の施工、大変お疲れ様です。
f0125091_12512824.jpg
f0125091_12513634.jpg
数多く市場に出回っている珪藻土、それら中から最も自然素材に近いものを選定した。珪藻土は施工性と割れ防止の観点から化学合成ボンドが使用されるのだが、この商品は「つのまた」と呼ばれる海藻を原料とした可塑剤を使用。塗ったばかりの室内空間は海のような生臭い香り。「つのまた」は日本古来からある漆喰で使用されている素材で、近年多く出回っている左官用ボンドよりも施工性歩留りが悪い。そのせいなのか、この珪藻土は使用したくないと云っていた左官屋も居た。廃盤になったとか嘘を云う輩も(怒) 11年前に自宅をリフォームした際に採用した。未だに生活臭を感じないのは、この珪藻土効果なのかな?
f0125091_12514432.jpg
LDKよりも長時間過ごす寝室も珪藻土仕上。快適な室内環境で質の高い睡眠していただきたい。この時節、なかなか乾かない珪藻土・・・デカイ業務用除湿機フル運転!約10帖間の珪藻土を煉るのに約80Lもの水を使用
f0125091_1252191.jpg
浴室タイルも左官職人さんの仕事。防水下地モルタル工程を経てタイル仕上
f0125091_12521273.jpg
ユニットバスを採用せず、脱衣室と一体化したオリジナル空間の浴室。「寒い…」って云われるタイル造作の浴室ですが、防水対策を施し断熱施工&床暖房装備!バスコート(外庭)とつながる空間でありまする^^v
f0125091_12522613.jpg
まだまだ施工範囲がある左官工事。モルタルに着色剤を混入 ~ つづく ~
[PR]
by sinmyo | 2013-11-27 13:00 | 石坂の家 | Comments(0)

完成まであと1ヶ月

木工事も終盤、もうすぐお世話になった大工さんとお別れ。一期一会的な建築現場・・・御縁があって再びお手合わせする方も居れば、そうじゃない方も居る。こうした出会いを大切にしたいものです。暑い初夏から長期に渉って大変お疲れ様でした(感謝)

f0125091_16370129.jpg
来週月曜に予定していたはずなのに今朝足場撤去された。軒裏塗装手直しが残っているのに・・・塗装職人さんエライ困惑。どうにかこうにか補修作業開始(汗)

f0125091_16370660.jpg
間口が広いと絵になるトラディショナルな和ティスト意匠の瓦屋根。LDKと繋がる深い軒出の土庇テラス・ウッドデッキが日常生活に潤いをもたらす。エントランス壁面は櫛引左官仕上。玄関建具は“本郷町のコートハウス”にも採用した幅広い木製片引戸
f0125091_16371265.jpg
LDKは壁・天井共に珪藻土仕上、割れ防止策のため下地作業は入念に施工
f0125091_16371629.jpg
大工さんの仕事は和室を残すのみ。古民家っぽい意匠で落ち着いた色調の和室です。クライアント御実家の土蔵で使用していた歴史ある“蔵戸”をレストアして和室入口建具に使用します。現在、漆塗装職方工場で塗装作業中。完成をお楽しみに^^v
f0125091_16372068.jpg
賛否両論あるでしょうが、サニタリーはバス&脱衣空間が一体化。広く明るく感じるために透明硝子で仕切り仕上素材を合わせた。風呂から庭へ出入り出来るんですよ。寒そうな風呂・・・もちろん床暖房完備!天井は米杉羽目板、只今タイル下地施工中。
f0125091_16391156.jpg
それなりの大規模な住宅になると、ローカ等は暗がり部分になってしまいます。光が透過し風も通すFRPグレーチングで二階ホール床一部を構成してみました。
f0125091_16390693.jpg
上階に立ち、下階を見下ろしてみた。下からスースーと風を感じましたよ。夏季の熱気放出換気には役に立ちそうだ^^ 残すところ1ヶ月、12月初旬に完成予定!







[PR]
by sinmyo | 2013-11-06 11:06 | 石坂の家 | Comments(2)

内部造作中

屋根と外壁下地工程後は内部造作と並行した電気工事、そして断熱施工
f0125091_0173229.jpg
軸組間に施す発泡吹付断熱は木材の経年収縮に追従し、気密劣化発生し難い断熱工法。右記リンク参照 吹付断熱レポ http://sinmyo.exblog.jp/11516816/
f0125091_017616.jpg
今回初採用の“FOボード” このアイテムで屋根裏内温度は3~4度低くなるとか。屋根垂木面の空気層に金属皮膜部を取り付け、段ボール面に吹付断熱100㎜施した。
 先回ログ参照:http://sinmyo.exblog.jp/20306983/
f0125091_0181274.jpg
1階寝室は下屋根勾配成りの天井と間接照明部分の造作
f0125091_017424.jpg
LDKにヒートポンプ式床暖房。熱収縮に対応する幅広の無垢フローリング
f0125091_0182343.jpg
二階子供直下のLDK天井には吸音作用あるグラスウール敷設
f0125091_017539.jpg
二階子供室は県産材のソフトで温かみある杉無垢フローリング
f0125091_0183621.jpg
外壁工事が始まった。晩秋の長雨までには足場撤去して外構行程を完了したい。
[PR]
by sinmyo | 2013-10-03 10:03 | 石坂の家 | Comments(0)

瓦屋根

f0125091_21362865.jpg
夏季の屋根工事ほど過酷な工程は無い。サンサンと太陽からの陽射しと瓦から照り返す輻射熱、そんな中での瓦葺作業たいへんお疲れ様でした。
f0125091_0213093.jpg
初めての試み“ホールレス工法”屋根下地板上に透湿防水シート+縦桟+アスファルトルーフィング+瓦桟+瓦葺。通常より2つの工程が増えますが、瓦を固定する釘が屋根下地板に達しないために、釘から伝う雨水での雨漏りが発生しないこと。万が一瓦が割れての漏水も屋根下地に影響を及ぼさないこと。経年変化で瓦がズレても前述のとおり、下地も躯体も雨漏りで痛めないことが特徴的だ。
f0125091_21365576.jpg
瓦葺の真髄でもある軒先一文字が上品な佇まいを演出します。
f0125091_2137501.jpg
棟瓦部分で瓦工事完了。暑いからといってヘルメット非着用はアカンですぞっ!
f0125091_0225685.jpg
和ティストの普遍的なファザード、深い軒出が風雨から守ってくれます。時節柄多かった夕立の際も、慌てて窓を閉じることなく作業続行してました。
f0125091_2138245.jpg
今回初採用の“FOボード” このアイテムで屋根裏内温度は3~4度低くなるとか。屋根垂木面の空気層に金属皮膜部を取り付け、段ボール面に吹付断熱を施す。
f0125091_0234432.jpg
北陸では高性能住宅の第一人者である福田氏が開発されました。
右記URL “FOボード” http://fok.sakura.ne.jp/sub61.html
[PR]
by sinmyo | 2013-08-29 21:14 | 石坂の家 | Comments(0)

上棟から1週間

梅雨明け宣言されぬ不安定な空の下で上棟が行われから1週間経過
f0125091_1232596.jpg
屋根下地完了!外部からの視線を遮るも圧迫感を感じさせたRC塀も建物とバランス良くまとまった。トラディショナルな和風建築・瓦葺屋根は4年ぶり。弊所が和風建築を手掛けるというイメージが乏しいそうですが、カタチやスタイルに踏襲することなく構築。
f0125091_1282265.jpg
上棟作業は3日間に渉った。朝イチは今にも降りそうな黒雲・・・ その後、快晴に^^v
f0125091_129445.jpg
クライアント様の生家にあった蔵戸を再生採用する和室はプチワクノウチ空間になる。
f0125091_12114111.jpg
6mスパンのガレージ構造梁は鉄骨と木のハイブリッド化
f0125091_12124944.jpg
ハレオトコ万歳!暑い中お疲れ様です。 しかし、その後にゲリラ豪雨が・・・(濡)
f0125091_12135447.jpg
棟梁の神々しい祝詞で厳かに滞りなく上棟式
f0125091_1215248.jpg
屋根下地は杉板。その上から凝った防水下地施工、ホールレス工法
f0125091_1216317.jpg
通気性あるタイベックルーフライナー+縦桟、その上よりアスファルトルーフィング+横桟(瓦桟) 瓦と屋根下地間に通気層と万が一の漏水時に水が流れる仕掛け。瓦を固定する釘は下葺き材を痛めることなく縦桟に固定。その“ホールレス工法”とやら・・・ひと昔前は、ペラペラのアスファルトフェルト(ルーフィングより劣る)を下葺板に敷いて、瓦桟を直接固定し瓦葺という施工方法。それでも50年以上もの耐久性があるのに、近年の長期優良住宅施行の流れで施工方法がトンデモナイ進化してきましたね!
f0125091_12213649.jpg
軒出・妻出は約1m、垂木は密に150㎜間隔、豪雪に耐える仕様です。深い軒出は雨風から建物を守り、暑い日差しをコントロールし、夏季は快適な室内環境をもたらす。

  建物間口18mの大型和風建築、晩秋の完成に向けて現場監理奔走だ!
[PR]
by sinmyo | 2013-07-24 07:24 | 石坂の家 | Comments(2)

土間床暖房

巷では35度超を記録。こんな季節に暖房ネタとはピンと来ませぬが、入居される頃には重宝するであろう床暖房。「熱しにくく冷めにくい・・・」そんな特性の土間床暖房
f0125091_22263692.jpg
スタイロフォーム基礎断熱で区画された部分に温水を通すポリブデン管を這わした上に重量あるコンクリートが蓄熱媒体となって省エネで快適な温熱環境をもたらします。
f0125091_22281940.jpg
エントランス塀のコンクリート打放しはイイ感じに仕上がりました! 

梅雨明け宣言まだ?もういいでしょ! 富山気象台の宣言待ってても仕方が無いので、勝手に梅雨明け宣言(爆)いよいよ来週上棟。 猛暑の中、現場監理移動はロードバイク。アスファルトの照り返し・・・風は真夏っす(汗)
[PR]
by sinmyo | 2013-07-10 10:10 | 石坂の家 | Comments(0)

パイルドライバー!

水に纏わる地名は水位が高かったり、沼池があったりと頑丈な地盤ではないケースが多い。軟弱地盤で地下水位が高いことは事前調査で判っていた。着工プログラム壱番は、強固な支持地盤面まで建物の荷重を伝える杭工事、パイルドライバー!
f0125091_23164172.jpg
既存擁壁ベースとの絡みを避けるために狭小地でも可能な鋼管杭施工
f0125091_23164640.jpg
敷地150坪をフルに配置した殆ど平屋の家。鉄筋検査結果は一部是正要。厳しい陽射しの下、午前は小矢部~南砺市の現場監理2件ハシゴ、チャリ移動で真っ赤に日焼け・・・(遊び焼けではありませぬっ) 外で作業の職方さん、暑い中たいへん御苦労様でした。
[PR]
by sinmyo | 2013-06-12 06:10 | 石坂の家 | Comments(0)