建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
未分類
最新のコメント
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
旅館の離れのような玄関で..
by ex0tja at 15:51
虎仮面です あー 昨年約..
by ex0tja at 15:49
最新の記事
積雪期限定・野伏ヶ岳~薙刀山周遊
at 2017-03-22 23:57
現場は大詰め
at 2017-03-15 23:59
早1ヶ月経過
at 2017-03-08 20:55
木工事終盤
at 2017-03-08 20:54
薪ストーブのある美容室
at 2017-03-01 22:21
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ドッグラン ハウス( 7 )

竣工写真

盆前に入居され、先月下旬に外構等の残工事完了。撮り放しだった竣工写真「ドッグランハウス」やっと整理できました。紹介が遅くなりスミマセン・・・m(_ _;)m
f0125091_13222482.jpg
どこぞのハウスメーカーの“蔵”的な大収納空間、中二階部屋、吹抜を介した家。普通の二階建てより1.5倍高い。フェンスに囲まれた外部空間は愛犬と戯れるドッグラン!
f0125091_13214768.jpg
生け花師範のクライアント様。玄関には華やかな花を活けられます。
f0125091_13223658.jpg
上部から採光もたらす吹抜あるリビングは南に面する。深いバルコニー軒出が夏の厳しい陽射しをカットし、これからの季節は室内にサンサンとした陽を取り入れる。
f0125091_13215710.jpg
生け花教室を開催される和室と繋がるLDK、普段は開け放し。くつろぐソファーは、ドッグランに向くポジショニングで田園風景越しに遠くには医王山の稜線をのぞむ。
f0125091_13224544.jpg
空間的に繋がるも、やや独立気味のダイニングキッチン。建物の気密断熱性能は北海道レベルを実現した。机上の理論ですが、暖房は蓄熱暖房1台で家全体を賄う。
f0125091_132268.jpg
生活感が溢れそうな要素はリビングから分離し、「オン」「オフ」の切替が多忙な奥様には必要な要素。時には家事を忘れて心底くつろげる時空間が実現できました。
f0125091_13225550.jpg
縁側のガンダムに登場するハローみたいなアイテムは、可愛い小型犬チワワの家
f0125091_1322158.jpg
時には閉じて独立する和室。天井まで高さのある建具は職人さん泣かせでしたっ・・・
f0125091_1323455.jpg
無垢板テーブル材は栃の木一枚板!此処で生け花教室開催されます。
f0125091_13222563.jpg
ダイニングテーブルも同品。味わいある逸品、やっぱり無垢材っていいね!
[PR]
by sinmyo | 2013-09-07 23:18 | ドッグラン ハウス | Comments(0)

もうすぐ完成

今週末の引き渡しに向けて仕上工程大詰め!日に日に仕上がっていく様相を見届けるかのように先週から毎日工事現場へ出向いてきた。休日返上してまでも勤しむ職方さん現場監督さん、うだるような暑さの中たいへんお疲れ様です!
f0125091_22525423.jpg
照明初点灯!壁・天井共に珪藻土仕上のLDK、癒しの間接照明
f0125091_22531111.jpg
吹抜と隠し部屋があるバーチャル4層のスキップフロアで普通の家より高い設定
f0125091_22535100.jpg
ハイテク設備その1:EV自動車充電設備。太陽光パネルも併せてエコライフ
f0125091_22532085.jpg
エコ設備その1:雨水タンク200L貯蔵でガーデニングに重宝。浴槽一杯の上下水道料金¥100円と試算しても3~4年で元銭が取れるオススメのアイテムだ^^
f0125091_22531552.jpg
本日、家具が搬入され建具も据え付け。どうにかこうにか間に合いそうです。
f0125091_22533120.jpg
明日の役所完了検査と竣工写真撮影、10日(土)朝イチに引き渡し。
[PR]
by sinmyo | 2013-08-08 23:27 | ドッグラン ハウス | Comments(0)

バレタッ!

「バレタッ!」って、べつに良からぬことではありませぬ。足場撤去することを「足場をバラス」ことから「バレタッ!」は、地鎮祭・上棟に続いて工程の節目。単管足場とベールのような養生シートを撤去して全貌が明らかになりました。
f0125091_22445914.jpg
夏草が薫る候、暑サニマケズ旧鉄道跡のサイクリングロード疾走!福野の現場から小矢部の現場への中間地点に位置する「ドッグランのある家」
f0125091_22471394.jpg
南面には5.6kwスペック最新モデルの太陽光パネル。高気密高断熱と相まって、どこぞのハウスメーカーみたいな云い回しの“光熱費ゼロ住宅”
f0125091_22511419.jpg
常時換気計画は第一種換気システムで高性能の熱交換換気扇。大工工事は一部の石膏ボード貼りを残すのみ。8月10日の引き渡しに向けてギリギリの進捗状況。
f0125091_22535590.jpg
デジカメバッテリー切れ・・・でして、足場撤去直前画像(^^;) 
[PR]
by sinmyo | 2013-07-10 10:10 | ドッグラン ハウス | Comments(2)

高性能住宅

GW合間の上棟から約1ヶ月経過。建物の性能を掌るハード的要素の工程完了。気密測定は好結果!断熱手法は外&内のダブル断熱。これから内部造作へ突入!

北海道出身のクライアント様、冬季は温度差の無い室内空間で薄着で過ごされる。北陸人はコットリ着込んでコタツでミカンのように、寒ければ着込んで集中的に暖を取るのだが、北海道人と北陸人とは温熱環境の価値観はチョット異なるものだ。

対話を積み重ねて価値観を共有し、若い頃に某ハウスメーカーで高性能住宅開発助手紛いの経験を踏まえて、そこらのプロよりも少々知識と経験があったことと、日本有数の性能を誇る外断熱施工経験ある知人から知恵も授かったおかげで、断熱区分Ⅰ地域である北海道レベルの高性能住宅設計に難なく取り組めた。
f0125091_130424.jpg
上棟後、外部には巷では最も高性能の構造面材ハイベストウッドを施工。この面で外周部の気密をバッチリ!しかし、この素材・・・世の中の建築業者がこぞって採用?買占め?なかなか納期が確定せず上棟が2週間も遅れた経緯があった。申請では壁倍率2.5で算定、カタログ数値では壁倍率4.0だから、机上論よりも実質は1.6倍タフ!
f0125091_130769.jpg
面材ハイベストウッド・内部筋違・金物取付工程を終えて、外部第三者機関による立ち会い検査。ベテランの検査官曰く、近年の木造住宅の進化に驚いていらっしゃいましたよ。
f0125091_1305587.jpg
面材継ぎ目には気密テープを施し高性能の外断熱スタイロエースⅡt50㎜貼り。専用のビスを使用し外壁下地固定するのだが、外断熱のデメリットとして重い外壁は不利・・・なので、軽量のGL鋼板サイディングを採用。窓は外断熱対応の厚壁用樹脂サッシ。
f0125091_145408.jpg
普通だったら外断熱で断熱工程完了だろう。Ⅳ地域である北陸では充分なのだが、Q値計算するとI地域の数値は満たされていない。窓は高性能樹脂サッシの内側に、もうひとつ樹脂サッシを施す。ダメ押しと云わんばかりに、内側にも断熱施工することでQ値は約1.0に! マニアックな専門用語が乱立しました・・・「Q値=熱損失係数:住宅の断熱性能を数値的に表したもので、値が小さいほど断熱性能が高いことを表します。」
f0125091_1301921.jpg
どれだけ机上の理論でQ値が良くても、気密が悪ければ元も子もない。また、気密が良くてもQ値が悪ければ同じこと・・・ さて、北陸では気密断熱の第一人者である福田氏に気密測定依頼。 クライアント様も立ち会い。さぁ、気になる気密測定の結果は・・・・

どんどん圧が上がり、建物内が負圧になっていく。気密が悪ければ負圧にならない。内装造作前に気密測定した理由は、気密欠損が何処なのか探るためでもある。土間部分の基礎パッキン接続部分から空気が漏れているようで、速やかにコーキングで対処!漏気は止まった。 ある程度の気密性能は高いと想像していたが、結果はC値0.4! 北海道ではC値2.0、北陸ではC値5.0が標準ですから、高性能と云えよう^^ 

またまたマニアックな用語が乱立しました・・・ 気密の度合いを表す数値「C値=隙間相当面積:床面積1㎡あたり、どれだけ隙間があるかを表し、気密性能を示す指標。」 C値が小さいほど隙間が少ないので、熱の出入りが少ないことと、外気の影響を受けにくいためスムースに計画換気ができ、結果的に断熱性能の高い家になります。

一般的には内装下地ボードの下にビニルシートで気密保持する事例が多い。コンセントやスィッチ等で気密保持しにくく、経年変化で気密劣化は否めない・・・ 木材の伸縮に追従するウレタン吹付断熱、熱橋部を遮断する外断熱、構造面材ハイベストウッドのハイブリッド・ダブル断熱で不安視する経年変化は極めて少ないであろう。

マメな管理の現場監督さん、キレイ丁寧な仕事の大工さん、皆ドヤ顔でしたよ(笑)
f0125091_131674.jpg
話は変わり・・・招かざる来客。垂木間に注目!エントランス天井裏に鳥の巣が(困)
[PR]
by sinmyo | 2013-05-29 00:55 | ドッグラン ハウス | Comments(4)

祝上棟

新緑萌ゆる候、この地方独特の南西からの強風に晒されながらも上棟が行われた。
f0125091_10314181.jpg
隣接する小規模公園には12本の桜がある。そのうち4本は八重桜が満開!
f0125091_1031174.jpg
厳かに滞りなく上棟式。経験豊富な棟梁の祝詞は神々しくイイ感じでした。
f0125091_10315268.jpg
上棟1日目は二階小屋組みまで完了。火打梁より2.7倍強くなる構造板貼り仕様。なにせ風が強い地域で何も風を遮る要素が無い建築地・・・水平剛面を強化し耐震等級は基準法の約2倍にて算定しました。「ここまでやるの?」って声も^^;
f0125091_10312880.jpg
屋根断熱&遮熱シート。暑い夏、この仕様ならば焼ける屋根からの輻射熱も大丈夫!
f0125091_1032338.jpg
屋根はGL鋼板葺き。シージングボードで積雪時の屋根裏下地の結露対策。構造合板部分は太陽光パネル下地。Ⅰ地域(北海道仕様)断熱スペックのお家でして、机上の理論では、どこぞのハウスメーカーみたいな云い回しの「光熱費ゼロ住宅」^^v
f0125091_10313720.jpg
木造三階建て!? 法規的高さ制限ギリギリ・・・中二階や吹抜、4層に亘るフロア構成で“スキップスキップの家” 間取りはシンプルですが、構造計画は複雑でテクニカル。

8月初旬竣工、弊所から約8km。現場監理はトレーニング兼ねてチャリ通い^^v
[PR]
by sinmyo | 2013-05-01 23:54 | ドッグラン ハウス | Comments(0)

基礎工程

3月下旬からの基礎行程、今年は急速に温暖な春がやってきました。
f0125091_20331789.jpg
クライアント様の要望で普通より深い基礎。支持層に基礎底盤をガッチリ敷設
f0125091_20332554.jpg
上部主筋は2重。鉄筋検査は何かしら是正があるのにパーフェクト!
f0125091_20333225.jpg
ミリ単位で基礎金物を固定。コンクリート打設時に田植えをするように金物を取り付ける施工は御法度だ。数年前まではアタリマエだっとか・・・ これが正しい施工。
f0125091_20334218.jpg
花冷えの候、コンクリートは少々の温度補正しました。打設後は暫し放置養生だ。
f0125091_20334841.jpg
脱型枠、外部土間等施工。月末に上棟、この時期独特の南西強風が気になる。
f0125091_20335669.jpg
昭和50年代に造成された宅地、当時はトンデモナイ杜撰な土工事だったという。画像のコンクリート塊はオイラの図体よりデカイ!これは氷山の一角、他には切り株や大小の瓦礫やゴミが多数出土された。予期せぬ事態と処分費用、足止めに困惑・・・

初めて組む施工会社。設計者と施工者は一期一会的なものではあるが、工事序盤ながら再度お手合わせ願いたい現場監督さん。デキル人とそうじゃない人の違いを見せつけてくれた。先読みする仕事、図面の掌握、施工図による再確認・・・熱意と勤勉さが伝わってくる。互いに気持ち良く仕事が出来そう。まだまだ先は長いが楽しみだ。
[PR]
by sinmyo | 2013-04-10 20:57 | ドッグラン ハウス | Comments(0)

雨降って地固まる

3月の日曜で唯一の大安吉日。時折雷が響く強風雨の下、厳かに滞りなく地鎮祭が行われました。地鎮祭にとって雨は吉!「雨降って地固まる」ってことで^^;
f0125091_1653712.jpg
富山県西部・砺波地方での祭事・神事・祝事の酒は“立山”が基本。メデタイ名前なのに“松〇梅”だと失礼にあたってしまうのですぅ。建築地からは肝心の立山連峰が望めませんが、砺波アルプス医王山が壮大に!(雨天のため画像に映らず)
f0125091_1654490.jpg
隣地公園と同化する芝生庭園は広々としたドッグラン!ワンちゃん達と戯れる楽しそうな生活スタイル像が思い浮かびます^^ いよいよ着工、7月下旬完成!
[PR]
by sinmyo | 2013-03-13 16:28 | ドッグラン ハウス | Comments(0)