建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
呉羽の家
川縁の家
城山町の家
出町中央の家
水廻りリフォーム
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
最新のコメント
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
旅館の離れのような玄関で..
by ex0tja at 15:51
虎仮面です あー 昨年約..
by ex0tja at 15:49
最新の記事
板貼外装
at 2017-10-18 23:55
大詰め段階
at 2017-10-18 23:45
三周年
at 2017-10-11 18:46
人生に野遊びを
at 2017-10-04 23:17
オープンから半年
at 2017-09-27 23:23
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:下新町の家( 13 )

お引き渡し

初冬の候、暑い夏に着工した下新町の家が工期ギリギリに完成。先週末お引き渡しさせていただきました。テラス土間仕上が残工事となってしまいましたが、天候次第で施工。平野部でも雪が舞うようになった時節、少なくとも二日間晴れて欲しいところ…
f0125091_6351755.jpg
引き渡し前々日、奇跡的な好天に恵まれてパーキングスペースコンクリート打設成功!外観竣工写真は天候の様子次第で後日に改めて撮影となります。
f0125091_6352321.jpg
パーキングコンクリート打設翌朝、良からぬ事態が発覚(ノ゚ο゚)ノ ネコちゃんの足跡にヤラレマシタ!「建築あるあるネタ」と云われるネコの足跡事件。寒い時節は硬化熱が心地よいことと、生コンクリートのニホイを好むのだとか。土建屋さん曰く、どんだけ泣かされたことかっ… 工事中、近辺をウロつくネコなんて一匹も見かけなかったかのに… 
f0125091_6352814.jpg
引っ越し翌日の晴れた日曜、テラスのパーゴラ設置。近い将来、記念植樹したブドウの木が成長し収穫の楽しみと夏季は生い茂る葉で日除けの効能も。後日に施工する土間には愛犬さまの足跡を残す計画。もう、ノラネコちゃんだけはゴメンですがー…
f0125091_6353383.jpg
玄関には設計計画当初から飾りたいとの御要望だったポップでキュートなスヌーピーちゃんの絵画と初対峙。クライアント様立ち合いの元、額縁取付と照明角度調整完了。来客される方々のココロを楽しくも癒してくれる存在になりそうですね。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
住まいブログ 住宅設計・住宅建築家
 
[PR]
by sinmyo | 2014-12-05 07:33 | 下新町の家 | Comments(0)

もうすぐ完成

向寒の候、北陸ではアリガタイ小春日和。月末の引越に向けて外構工事大詰!
f0125091_17181174.jpg
残すはパーキングカーポートと土間。打設日は好天ならいいのだが…
f0125091_17181633.jpg
アイランドキッチン据付、クライアント様立ち合いの元でペンダント照明(ルイスポールセン・パークフース)高さ調整。ご所有の食器棚を造作家具のように事前据付
f0125091_17182142.jpg
f0125091_17182561.jpg
御令嬢様のイメージカラーで仕立てた子ども部屋。カワイイネ(^▽^)/
f0125091_17183020.jpg
お家の完成見学会オープンハウスは行いませんが、来週中の個別案内でしたら可能ですよ。拝見ご希望される方は“info@sinmyo.net”へ御一報くださいませ( ゚ー゚)/

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
住まいブログ 住宅設計・住宅建築家
 
[PR]
by sinmyo | 2014-11-20 17:55 | 下新町の家 | Comments(0)

工程の節目

日進月歩の太陽光パネル、6月に発売された発電量最高のパナソニック社HIT244αシリーズ。注文が殺到していたようで、予定より大幅に遅れて納品・施工された。キャッチフレーズ「立山仰ぐ特等席」の富山市は全国ワースト2位の日照時間ですけども、ガンバレ太陽光パネル!タイトル改め「下新町の家」→「下新町発電所」(^▽^)/
f0125091_116406.jpg
f0125091_1164553.jpg
高所現場監理(汗) パネル取付穴等のメーカー保証15年と云うけど、取付金具からの結露と漏水リスクがゼロではなく、懐疑的に思ふ…パネル下面に雨雪が入り難いように板金スノーカバーを施した。屋根に傷ついていないかどうかも監理ポイント
f0125091_116536.jpg
施工当日、お見事な北アルプス立山連峰のアーベントロート!西陽が射す真っ赤な山容に絶句…足場・屋根に立ちながらアチラの風景が気になって堪らなかった(ノ゚ρ゚)ノ
f0125091_1165715.jpg
そして、日付は変わり足場撤去。建物フォルム全貌が明らかになってきました。
f0125091_117189.jpg
続いて外構、11月は雨天が多い。進捗に影響を及ぼさなければいいのだが…
f0125091_117548.jpg
内部木工事完了。寂しいけど大工さんとお別れ…内装工程へ。11月末引き渡し
[PR]
by sinmyo | 2014-11-06 11:54 | 下新町の家 | Comments(0)

再生可能エネルギー買取

とっくに外壁工事が完了したのに足場撤去ならず…6月に発売された新製品の太陽光パネル納品・取付が来週中旬。11月末の引渡し時から北陸の気候下で少しでも頑張って働いて稼いで欲しいものだっ。しかし、以前から話題になっていた買取保留する旨が公表された。先月下旬の九州電力から始まり、北海道電力・東北電力・四国電力・沖縄電力・・・当該地区の北陸電力からは未発表ではあるが、当電に勤務する友人に探りを入れても口が固い。原発推進の世の中、エコと相反していないか?
f0125091_222521.jpg
屋根に搭載する10.96kwの太陽光パネル。10kw以上であれば買取価格が34.56円/kwhで買取期間は20年、10kw未満だと37円/kwhで期間は10年。一時期40円/kwhだったのに徐々に下げられている傾向というわけで、20年買取計画としました。想定では15年以内に元が取れて、頑張る太陽光パネルくんのおかげで老後安泰といきたいところだけど、買取保留(拒否)となると困る。該当地区で同じ発想で計画されていた方も多いだろう。11月末の完成まで困った事態にならぬことを祈る!

 そんな不安な気持ちになる中、ほっこりと和むアイテムがクライアント様から支給されました。子ども達の部屋ドアに取付するステンドグラス。緑の丘と木々と雲、お家と風車が優しくも温かみある雰囲気。光が透過するとより美しく演出して心を癒してくれる。
f0125091_22485386.jpg
大切な逸品、もしも壊したらエライこと…ビニポチ梱包を外さないで眺めてました。
[PR]
by sinmyo | 2014-10-15 22:40 | 下新町の家 | Comments(2)

気密測定

外装工事も完了し今月中旬の太陽光パネル設置次第で足場撤去。
f0125091_2234149.jpg
本日、中間時気密測定実施しました。測定者は屋根断熱下地のFOボード開発者の福田氏に依頼。施工業者は初めての高気密高断熱住宅でして、弊所の仕様どおりに施工すれば十分な気密性能結果が得られると確信しておりました。C値0.5とか異常なまでの出来過ぎた高レベルを耳にしますが、ボード状断熱材やシート施工の気密では木材収縮等の経年変化による気密劣化が否めません。
f0125091_22334811.jpg
 そもそも気密とは?外気(風)の影響を受けずに室内環境を保つこと。つまり省エネ!また、的確にスムースな計画換気を行うこと。どんなに断熱スペックが良くても気密が悪ければダメですし、逆のケースもダメ。コストかけてのオーバースペックも如何なものかと…とにかくバランス良い建物にしたい。断熱材は木材の収縮による経年変化に追従できる吹付断熱・壁100㎜・天井150㎜、床は剛面床・スタイロエースt65、窓は複合LowE硝子、換気はシンプルな第三種換気を基本仕様とすることにしております。高気密高断熱に慣れていない施工業者でも安定した結果になるよう、今後は弊所が手掛ける新築住宅は中間時と完成時の気密測定を全て実施することにしました。

 平成30年から完全義務化される新省エネ基準。既に施行されている法律です。建物のスペックを向上させるのはもちろんのこと、設備機器や照明等の一次エネルギー設備も考慮しなければなりません。お家を計画している方、担当者に此の省エネ基準について質疑してみてください。キッチリ的を得た回答される建築屋さんや設計者さんは信頼していいと思います。根拠なく理屈も解らず「大丈夫です!」「〇×工法は…」なんて適当に仰る方は大丈夫?依頼して良いかどうか心配ですね…

 気密測定結果、暫定C値1.9… 国が定める基準では北海道・東北C値2、北陸以南はC値5… 基準を大幅に上回る結果ではあるのですが、課題も見つかったので精度が向上していきそうです。11月下旬の完成に向けて内部造作も大詰め。
[PR]
by sinmyo | 2014-10-01 22:33 | 下新町の家 | Comments(0)

断熱工程

上棟から早1ヶ月。9月に入ってからは気候も安定し外部工事進捗中
f0125091_1383764.jpg
外壁は耐久性に優れた金属サイディング採用。遅くても来週中には足場撤去
f0125091_1392840.jpg
軸組間に施す発泡吹付断熱は木材の経年収縮に追従し、気密劣化発生し難い断熱工法。右記リンク参照 吹付断熱レポ http://sinmyo.exblog.jp/11516816/
f0125091_1391512.jpg
屋根面には先回のブログにて紹介した“FOボード” このアイテムで屋根裏内温度は3~4度低くなるとか。屋根垂木面の空気層に金属皮膜部を取り付け、吹付断熱150㎜施した。先回ログ参照http://sinmyo.exblog.jp/2285/
f0125091_1393438.jpg
下地工程が進捗し開口枠等の造作材施工段階に入っていきます。
[PR]
by sinmyo | 2014-09-17 23:36 | 下新町の家 | Comments(0)

トリプル硝子

地球温暖化防止のエネルギー政策推進。とくに家庭・民生部門のエネルギー消費は一層の対策が必要とされ、H25年1月に省エネルギー基準が抜本的に改正された。住宅についてはH25年10月に施行された。 H11年に制定された次世代省エネ基準との違いは床面積単位の考え方から外皮面積(外気に面する部分)単位に変わり、設備機器のエネルギー効率&消費基準が加えられた。
f0125091_2251081.jpg
「窓」は家の中から逃げる熱の半分を占める。どこぞのCMみたいに省エネ化には、窓の性能UPが先決!最近発売された「トリプル硝子・樹脂サッシ」を採用。広く明るくするには大開口にしたいが、トリプル硝子窓になるとサイズ制限があるし値段も高価・・・熱還流率(熱の伝わりやすさ)は従来の樹脂ペアガラスと比較すると約半分。とはいえ、部分的なパーツに特化しても全体的バランスで家の性能で考えることが重要。やはり、窓の性能UPは省エネ化の最短ルートであることは確かだ。
f0125091_2251761.jpg
熱を逃がさないことと併せて、外からの日射遮蔽も省エネ基準の一環で硝子はLOW-E(熱反射)硝子。外の風景、色が歪められるのは残念だが仕方がないことかっ…
f0125091_227249.jpg
いよいよ断熱施工工程準備に入ってきた。屋根面通気に加えて、輻射熱対策の強い味方「FOボード」有り無しでは小屋裏温度が4度も差がある。軽くて施工性ヨシ!価格も性能もヨシ!段ボールに蒸着アルミというシンプルな製法、福田さんのナイスアイデアにお世話になっておりまする。そして、その段ボール面に吹付断熱150㎜施工
[PR]
by sinmyo | 2014-09-03 22:12 | 下新町の家 | Comments(4)

上棟

台風11号襲来目前の週末、日程変更か否か判断に迷いつつも予定通りに上棟!
f0125091_14362563.jpg
雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ…終日雨天の上棟作業たいへんお疲れ様です。
f0125091_14362970.jpg
台風対策のために補強措置しました。
f0125091_14363359.jpg
上棟式の際には雨が上がった。  ※プライバシー保護のためモザイク処理

翌日、台風の動向が気になって堪らなくて天気予報を随時チェック。富山県に最接近しているものの少雨で風は弱く、ハラハラドキドキから安堵の週末でした。太平洋側では被害が大きかったようで、心よりお見舞い申し上げます。
f0125091_14363651.jpg
北日本新聞記事より、北陸地方で台風被害が皆無だったのは、白山さまのおかげ。御礼参りに白山へ登ってこなければなりませんね^^;
f0125091_14364021.jpg
子ども部屋から望む北ア立山連峰(羨) 恒例の剱岳ワンディ登山も行かなければ…

再来年から施行される8月11日は祝日“山の日”  夏休み中の子ども達には関係無いのが残念?かもしれないけど、オトナの立場から見れば1ヶ月も長期休暇なんてイイじゃないかっ!(宿題さえナシだったら…^^)
[PR]
by sinmyo | 2014-08-14 14:14 | 下新町の家 | Comments(0)

上棟スタンバイ

連日の猛暑・・・基礎工程を終えて、いよいよ今週末に上棟!
f0125091_1745253.jpg
気になるのは台風の動向、例年より弱い太平洋高気圧。無事上棟ができても、翌日が強風では資材等の飛散で近隣に迷惑がかかってしまう。金曜夕方の予報で判断か。
[PR]
by sinmyo | 2014-08-07 17:46 | 下新町の家 | Comments(0)

基礎工事

地盤改良(セメント柱状改良杭)工程を終え、本格的に基礎工事開始!
f0125091_219983.jpg
基礎底盤部分に捨コンクリート。コンクリートを捨てるわけではありません。正確な基礎位置の墨出し(マーキング)をします。そして、鉄筋工程へ
f0125091_2191353.jpg
長期優良住宅の場合は細部に渉って構造算定要。通常はD-10・13を使用するのですが、部分的にD-16の太い鉄筋も。次項に登場するホールダウン金物も建築基準法クラスでの施工よりも異常に多し。弊所の配筋検査と同時に第三者機関の瑕疵担保検査も実施。是正箇所も無く、職方さんは嫌な顔もせずイキイキと施工してます。
f0125091_2191795.jpg
基礎を高くというか、周囲のGLより高めに設定して地盛りしていきます。
f0125091_2192093.jpg
型枠工程へ。基礎と軸組を一体化固定するホールダウン金物は寸分狂わない位置設定が必要。田植え(コンクリート打設と同時に埋め込む)手法では正確性に乏しいため、ミリ単位で事前に固定しなければなりません。
f0125091_219247.jpg
型枠工程を終え、金物の位置を抑えてから週末にコンクリート打設。気になるのは猛暑による急激な乾燥・・・お湿り程度の雨だと良いのですがね。そろそろ梅雨明け、本格的な夏到来が待ち遠しい。そんな中、木工事工程へ入っていきます。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
住まいブログ 住宅設計・住宅建築家
 
[PR]
by sinmyo | 2014-07-23 23:23 | 下新町の家 | Comments(0)