建築、 日常の独り言
by sinmyo
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
呉羽の家
川縁の家
城山町の家
出町中央の家
水廻りリフォーム
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
最新のコメント
> りなさん お店に問..
by sinmyo at 05:00
バイトは募集していますか?
by りな at 19:37
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
最新の記事
蝶ヶ岳~常念岳
at 2017-06-21 23:59
基礎底盤
at 2017-06-21 23:57
一時帰宅
at 2017-06-21 23:55
水廻りリフォーム完成
at 2017-06-14 22:25
地鎮祭
at 2017-06-07 23:12
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

守る家

「守る家」
光と風を取り込むうえで、外と内のつながりを一番大切にしたい。
どんなに素晴らしい空間構成でも、贅をこらした仕上げや豪華な設備を誇ったとしても、
どんなにステキなインテリアでも、部屋の中だけの風景では飽き足らない。
それが質素な小さな部屋でも、美しい風景のある窓があればきっと人は幸せになれる。
窓外の風景は、くつろぎのうえでなによりも貴重で欠かせない。
木々の緑からの反射光は優しく、柔らかにリビングのテラス窓より室内へ取り込む。
取るに足らない要素でも人の心には大切で、刻々と変化する窓の風景は楽しい。
窓から外を見やりながら、目の前の樹木の葉が風に揺れるのを眺めることは心休まる。
季節と時の移り変わりを楽しみ、心を遊ばせ、人は日々の柵から解放されて救われる。
しかも、くつろぎの何気ない穏やかな空間の中では、何よりも家族だけの時間が大切で、
だから、快い住宅の窓の外側にはくつろぎを支える美しい風景と、外部から守ること、
気ままに過ごすプライバシーコントロールが必要である。
f0125091_12185126.jpg
正面ファザードの一部
壁一部開口に格子を施す。
縦格子をあしらったカタチを
見かけることが多いですが、
取付ただけや不揃いの例が多い
外壁面と高さ合わせは基本です!

ライムストーン
(石灰石を砕いたモノ)
雨に濡れると白く美しい。

植栽はヤマボウシ


f0125091_12191511.jpg
リビングエリア
CH:2500のLDK
DHとCHを合わせたかった。
規格材は2400のため、
分割することとなったが、
サッシュ等の特寸コスト高
そのために規格品採用

高い空間を望まれたため、
階高等、高さ関係に苦労した。
46インチの大画面TV
壁掛けエアコンは隠したかった。
コスト的に妥協することに・・・


f0125091_12193610.jpg
ダイニングエリア
居住空間からキッチンを見せないこと。
オープン対面キッチンの御要望。
相反する要素をカウンターを高めに設定。
L型キッチンに一部壁を設けて、
生活観溢れるキッチンを見えない様にした。

まな板、食材、食器、鍋等の収納は完璧に。


f0125091_12195020.jpg
ランドリークローク
帰宅後は直ぐに着替える習慣
そして、手を洗ってから居住空間に。

日常着は全て1Fに収納
「洗う→干す→しまう」の一連作業と
ひとつの同一空間にした。

ダイニングチェアに服を掛ける事はしたくない。


回遊性のある動線、ライフスタイルを細かに分析した結果の間取り、
プライバシーの都合上、間取り図の公開はできませんが、
とても使いやすい空間連結に成功しました。

その他、詳細写真多数をホームページにアップしました。
ホームページ更新しました。WORKS 「守る家」
[PR]
by sinmyo | 2007-04-29 12:33 | 仕事 | Comments(0)

製作 2007.04.27

世間は明日からGW突入
夕方の渋滞時は、いつもとは違う雰囲気を感じた。
きっと、明日からのGW前半が楽しみなのだろう。

とりあえず、今日は早めに仕事を切り上げて、さぁ、夜高祭りの製作!
吊物全壊のために例年より早めの製作スタートとなっている。
今週より製作が始まっていたのだが、なかなか参加する時間が無い・・・

夜11時には就寝、5時前に起床!寝起きのいいボクは即トップスピードへ
早めの夕食後に再び仕事、チビの面倒を少々見たあと眠りにつく。
そんな日常の中、夜高製作は日常のリズムを崩してしまうのは仕方が無い。
あと1ヶ月半、なんとか調整して、仕事と家庭と夜高を両立させたい。
家族や周囲のみなさんの理解と協力があって成り立つこと。
キツイがなんとかしなければ・・・・(汗)

今日は隣町内へ協力依頼の挨拶回り。
立場的には「副裁許」 なにかと大変だ・・・
できるだけ製作協力し、何とか無事に成功させたい。

早めに就寝して、明日の仕事に備えよぅ!

f0125091_22542435.jpg
毎年恒例、裁許の仕事
砺波で最も熱い男タケシ!
が竜頭を手がける



f0125091_22552442.jpg
山車の紙貼り替え
兜と竜のデザイン
今日は独りで兜上部の
和紙貼り終了した。
明日も引き続き継続していく



下記URL参照:となみ夜高振興会ホームページ
http://www.ccis-toyama.or.jp/tonami/yotaka/top.htm

下記URL参照:ヨタキチ(夜高キチガイ)砺波市内在住の方が作られたサイト
http://tonamiyotaka.fc2web.com/index2.html
[PR]
by sinmyo | 2007-04-27 22:39 | Comments(0)

行方不明

焦りました・・・
こんなに焦ったのは人生始まって以来の事
財布を落としたとか、そんなレベルのもんじゃないしー・・・・(汗)

家に居るはずの次女スズ(3歳)が居ない!
祖祖母(ボクの祖母)が親世帯のトイレに行く姿を最後に姿が見えない・・・

こんな騒ぎになっているとは知らず、ボクは仕事部屋で迫熱して図面描いていた。
さすがに、長女モモがボクのところに半泣きで知らせに来た。

家族手分けして、近所周辺を探し回った・・・走り回った・・・(汗)
家の隅々、近所周辺(砺波駅から砺波総合病院付近、近くの公園・・・)

まさか誘拐??ケイサツへ連絡しようかとも思った。
急なことだったので、ケイタイを持たずに走り回っていたので、
自宅に取りに戻ったところ、発見されたとの報告がー(安堵)

100mくらい離れた長女モモの友達宅で遊んでいた。
スズ独りで遊びに来たようで、平然と上がりこんで遊んでいたのだった。

敢えて怒らなかった。笑いながら、「黙っていくなよー」と窘めた。

3歳というのに、とても自我が強く、何もかも独りで行動しようとするシッカリ者
長女モモと3つも離れているのに、モモに対してライバル意識を強く持っている。
誰も教えていないのに、ひらがなをマスターし、小学1年の教科書も平気で読める。
とにかく、本が好きでいつも読んでいる。楽しそうな絵も上手に描いている。
また、オトナと対等に対話をしようともする。

「コイツ天才かっ・・・」 単なる親バカ
誰もが我が子は天才じゃないかと思うときがあるらしい。
ボクの親もボクが幼少の頃 「コイツ天才かっ・・・」 と思ったときがあるという。
さて、結果は・・・・・というと、笑っちゃいますなー(爆)

とにかく、無事で何より・・・・(笑)
将来、何かやってくれそうな期待をさせるスズなのだ。
[PR]
by sinmyo | 2007-04-24 09:46 | 家族 | Comments(7)

人の内側にある風景、外側にある風景

先日、建築家 堀部安嗣氏講演会を聴く機会があった。
20代半ばで独立し、吉岡賞を受賞された素晴しい実績のある方だ。

それぞれの建築家の考え方と建築に対する観点が最も気になるところ。
「CREATION」「IMAGENATION」というワードがある。どちらも創造だ。
彼は後者のIMAGENATIONを大切にされるそうだ。
どれだけ豊かに拡げるか、過去未来を思い浮かべてみる。
クライアント、施工者の先を読み、見えないことを見る。創造する。

それに対し、堀部氏はCREATIONの建築は後悔したそうだ。

建築とは 「風土、人の営み、守ること・・・風雨、家族、健康、財産etc」
これらの建築の定義は覆されない。数学の定理と同じである。
建築とは歴史が蓄積されている。普遍的な要素を大切にしたい。
目先だけでなく、趣味趣向のためだけでなく、クライアントのためではなく社会のために。
要約すると、人の趣味趣向は変化してしまう。普遍的なカタチが大切なのだ。

建築家とは「神に代わって風景を創る」という、このワードを子供の頃知ったそうだ。
その言葉の重さに対して、建築家に対する責任の強さを実感したという。
こうしたワードに自問自答しながらも、選ばれた光、風景の中の建築空間を読んだ。
目に見えることばかりに囚われ過ぎることよりも、目に見えないことを大切にする。

とても解りやすく、面白い例えがあった。
ピクニックにいったときは風景のイイ場所を探してシートを敷いてお弁当食べるように。
こうして選んだポジションは、大抵サイコーの場所なはず!
建築地でそんな場所を探して、内側から外側から空間をプロデュースする。
建築家の目線で敷地を見ずに、クライアントの立場で気分のいい場所、拠り所を探す。

IMAGENATION inside~outosideを創造する。
彼のIMAGENATION、つまり第六感といったところか。
ココが堀部氏のセンスでもあり、タイトルの答えなのだろう。

堀部氏の言葉が深く心に残っている。ボクと共通する観点が有ったことが嬉しく、
再認識と新しい発見が出来たことが、何よりも代えがたい貴重な機会だった。



今回の講演会は22日の北日本新聞の記事にもなっていたとおり、
富山ICC主催のイベントで、建築について深く追求し、とても意識が高い団体だ。
部外者のボクではあるが、イベントにお誘い頂いた事に感謝したい。

それに比べて、某建●士会は・・・とボヤきたくもなる。もっと頑張って欲しい・・・


           下記バナークリックよろしく!励みになります。
                   人気blogランキングへGO!
[PR]
by sinmyo | 2007-04-23 00:00 | 建築 | Comments(2)

新築の想い出 2007年 春

f0125091_8513456.jpg

新築の想い出 2007年春
新しいシャツに袖を通すような心地良い気候の中、一件の住宅の完成
想い出に子供達の手跡を玄関クロークの土間に残した。
住宅雑誌でよく見かける例でもある。
小学5年生と2年生の美人姉妹の手跡。一生残る思い出。
さすがに目立つ場所には出来なかったので、玄関横の玄関クロークに実施した。

玄関をはじめ、外部収納はキッチリと計画した。
どうしても、玄関には色々なモノが存在してしまう。例えると・・・
靴 サンダル ブーツ 長靴 靴磨き用具 傘 認印 ちり紙 ハンカチ 防災用品

また、屋外とのリンクを考えると、下記のモノも存在してくる。
屋外おもちゃ 屋外スポーツ用品 コート タイヤ 洗車用品 掃除用具 除雪用具

こうして部位別に収納の計画を考えるとキリ無さそうだが、冷静に考えると解決できる。
下記URL参照 「収納の極意!」
http://www.sinmyo.net/syuno.pdf

ありがちな風景・・・素敵な玄関のはずなのに、長靴、スコップが玄関に・・・
これでは、せっかくの空間が台無しだっ (汗)
こうした事が無いように、玄関クロークの提案をするようにしている。

収納・収納・収納・・・・・・と収納空間を要望される事が多い。
一歩踏みとどまって、必要なモノの区別をしたいところ。
また、子供達の成長に伴って、モノも変化してきます。
3年使わないモノは捨てましょう!と言われますが、
どうしても捨てるのは偲び無い・・・と思ってしまう現実。

ステキな空間を望むこそ、モノの選別は必要ですね。
とにかく、一歩踏みとどまって考えてみましょう!


近日中にホームページ WORKS アップします。
[PR]
by sinmyo | 2007-04-20 09:10 | 仕事 | Comments(0)

少しは慣れたかっ


f0125091_10241385.jpg入学から早2週間
近所の上級生と登校
なんだか緊張しているようだ
小さな体と大きなランドセル
少しは慣れたかっ


ドーナツ化している市街地、子供が少ない・・・
かつてはボクの同級生だけでも5~6人くらい居た
その頃は近くの神社の境内では子供が集まり、
草野球などの外での遊びで盛り上がった。
現在じゃ、そんな風景は見かけることは無い。

週間スケジュールで子供の下校予定時間が記入してある。
先日、予定より20分くらい早くなった日があった。
それだけのことで、保護者から学校へクレームが殺到したそうだ。
「ナゼ?」と思ったが、親の都合があったのだろう。
そんな自分の都合で学校へクレームするのは理解できない。

今日は午前中のみの授業。先生達の研修があるそうだ。
モモは給食を摂ったあと帰ってくる。そのために、妻は休暇を取った。
幸い、ボクは自宅に居る機会も多く、母親、祖母も居る。
それぞれ仕事を持っているために、時間のやりくりでなんとかなる。
核家族、共働きフル勤務の家庭はどうするのだろう・・・

昨今、子供の学力低下が社会問題化しているが、
今日の午後の分の穴埋めはどうするのだろう?
日曜日の午前に授業参観があり、その翌日は全休。
今週だけで一日もロスしているじゃないか。そんでもって、毎週土日休み。

そんな社会問題は教育方針と授業時間不足が原因と検証されている。
先生達の研修は土日休日返上とか夜間に実施にならないのか?

民間企業じゃ、実務のために集中し、休日返上や残業も当たり前。
その分の手当てもあるだろうが、お客様・実務が最優先だ。
先生達にとって、お客様・実務は子供達だ。
自分達の都合で休講とは本末転倒なのではないか?

些細な事で物申す保護者よりも、学校のシステムの方が理解できない。
自分のモノサシで物申してもうたが、少しは考えて欲しいものだ。
[PR]
by sinmyo | 2007-04-19 10:17 | 家族 | Comments(2)

今年もやります!

始まりました!今年も熱く夜高祭りヤリマス!
砺波地方の初夏の風物詩、「夜高祭り」
富山県には熱い「ケンカ山」祭りがいくつかありますが、
その中でも「夜高祭り」はサイコーに熱くなれます!
今年は6月8日と9日。9日のケンカが見応えあります。お楽しみにー!

下記URL参照:となみ夜高振興会ホームページ
http://www.ccis-toyama.or.jp/tonami/yotaka/top.htm

下記URL参照:ヨタキチ(夜高キチガイ)砺波市内在住の方が作られたサイト
http://tonamiyotaka.fc2web.com/index2.html



f0125091_98497.jpg
足場を組み立て
高所恐怖症にはキツイ

f0125091_99329.jpg
シートを被い
仮設製作小屋完成

無届なのだが・・


f0125091_991783.jpg
メインの山車
裁許(リーダー)
が竜頭を造る

毎年、全て紙を貼りなおし
蝋挽きをして着色
紫外線で色は飛んだ


f0125091_99399.jpg
吊物①破損している・・・


f0125091_995553.jpg
吊物②破損状況酷い
作り直しなのだ・・・
デザインどうしよう


f0125091_9101349.jpg
亡父の作品
誰も超えられない



あぁ~、毎年の事なのだが、夜高終わるまで仕事にならん・・・(汗)
[PR]
by sinmyo | 2007-04-16 09:11 | Comments(4)

新築祝い

2月に完成した邸宅での新築祝いに招待いただいた。
新しい住まいでの生活が落ち着き、やっとテーブルが揃った。
富山では有名な「simoo desigin」の作品
ダイニングテーブル×2、座卓がある。

親父さん、棟梁(息子さん)、社長、現場監督と続き間の座敷にて楽しい時間でした。
呑む機会は、アルコールに弱い自分にとってはキツイことなのですが、
気分が良かったのが、日付が変わる頃まで気持ち良く呑み続けた。
新築計画から、工事中、新しい住まいの話題よりも、これまでの親父さん息子さんの成長
のプロセスから仕事関係そして、野郎同士でしか話せない話題が最も盛り上がった(笑)
仕事に携わらさせて頂き、もてなし頂き、とても感謝しております。

住宅とはいえ、光の演出はキレイに仕上がったと実感している。

「光の演出と空間の質」
光の演出とは、空間の質を高める事である。
光の照らし方によって、空間は上質にもなるし、品を失うこともある。
たとえば毎日を過ごしている空間も、柔らかな光でほんの少しの演出するだけで、
とても味わい深く、いちだんと心地よくくつろげるようになる。
そこで、ダウンライトの調光と壁面の和紙に間接照明をあしらった。
そこが夜になると、ほのかな明かりで照らされたやすらぎの空間に変わる。
品格が増し、贅沢な雰囲気が満ちあふれる。
ここでは誰もが自然に和み、心地よい刺激を受けるに違いない。

f0125091_182458100.jpg


f0125091_18252359.jpg


よっぱらいながらも、三脚無しでキレイに撮れました!

WORKS参照 「ワクノウチのある大家族の家」
http://www.sinmyo.net/oono/oono.html
[PR]
by sinmyo | 2007-04-15 18:31 | 仕事 | Comments(0)

なにかと続くもんだよね・・・

週初めの出来事から、怒涛の1WEEKでした。
たくさんの方からのカキコ、電話、メールでの心強い励まし頂き感謝しております。
イイ事の後にはワルイ事が、ワルイ事の後にはイイ事がっ・・・
神様は人生を公平に送れるようにされたものですね(苦笑)
人生そのものが修行と実感しております。

これだけの事が連打されたら、後はラッキーと思いたいところでしたが、
今度はクルマの異常が発生してもうたっ・・・・


f0125091_8214670.jpg
伊藤豊雄デザイン
岐阜の葬祭場をバックに
オペル アストラワゴン

もう12年と数ヶ月の付き合い
走行距離は約17万キロ
愛着があり、全く飽きない
一生乗り続けたいとも思う。
普遍的なカタチが好きだ。
カタチあるもの、いつかは・・・


先週末からは兆候があった。車庫の中がガソリン臭い・・・
しばらく様子見ということで、放置しておいたのだが、木曜頃にはピークに
お世話になっている工務店の社長と専務が同乗する機会があった。
「ガソリン臭くないかっ?」の問いかけに、「チョット・・・・」
車内までにガソリンの臭いが充満するようになってきていたのだ。
帰路の際には、さらに酷くなっていき、呼吸困難に陥るくらいに臭くなっていた。
雨も降っておらず、寒くも無かったのが幸い、窓全開で自宅までこぎつけた。
車の下を覗くと、ガソリンポタポタ・・・漏れとるやんけ!
某ディーラーにメカニックの友人がいる。
彼から車を買ったわけではないのだが、快く我が家の車を全てケアしてくれている。
次回は彼から買わなくちゃならないんだよなー・・・・選択肢限られちゃいますがー(苦笑)
早速、診てもらった結果、タンクからエンジンまでの給油ホースの劣化だった。
治療費は¥3000(税込) 安い出費で助かった!
もし、何かの拍子で引火→炎上だったら大変な事だっただろう。
月曜の事態から事故でサイアクの人生で終了なんてゴメンだっ。
まぁ、何かと続くもんだよね・・・(汗)


f0125091_8372463.jpg
「今度の車検するな!」
「新車、買え買え!」
と友人に煽られながらも、
いくつかの車を見ていた。

とある車のカタログ
インテリア本みたい
車よりカタログに心惹かれた


車の技術やデザインも進化しているのだが、カタログも進化している。
カタログの建築写真を見たいというだけで、数冊失敬してきてもうたっ。
 「細やかな造り込み」 「光の演出と空間の質」 「もてなしの心理」・・・・
建築の要素と共通するような主旨が載っているのに感動した。
仕事での設計プレゼンの演出の参考になりそうだ。
N社のカタログは一見の価値アリ! 
[PR]
by sinmyo | 2007-04-14 08:48 | 仕事 | Comments(2)

こんなのって、ありかよ!

ネガティブシンキングに陥りそうな感じ・・・・
そぅ、マイナスのスパイラル状態です・・・・痛
イイ事の後にはワルイ事が、そしてワルイ事の後にはイイ事があるものです。
今年に入ってからは、何気にイイ事が続いていた。
図に乗らずに謙虚に要る事で、イイ事が持続できると信じていた。
何事も自鎮して、熱いモノを内に秘めて穏やかに過ごしてきた。

知人が県議会議員に当選し喜んでいた昨晩から、一転・・・
痛く辛く、落ち込んでしまいそうな出来事の連続
こんな事をブログに書くなんて自分らしくないでしょうが、
膿を出す思いで書いちゃいました。
事情が好転したら、今日のブログは削除したいと思います。

・あれれ?
 半年前に実施設計まで完成させた物件があった。
 資金的な事情も有り、数年後に延期のはずだった。
 たまたま近くを通りかかったので、ふと前を通ると・・・・
 ボクが描いた図面のまま建っているではないか!
 設計パクリ!? そうパクリパクリ・・・・痛
 いったい何だったのだろう?? 自分を否定された気分になった。

・おぃおぃ・・・
 随分前から知人の内外装リフォームの相談を受けていた。
 主にインテリアコーディネート! 具体的な内装品番まで検討していた。
 いつの間にか、外部に足場が架けられており、不思議に思っていた。
 今頃になって 「色どうしよう?」って言葉に、言葉が出なかった。
 ???オレの方がどうしよう???って言いたいよ。
 おぃおぃ・・・知人とはいえ、オレはボランティアじゃないんだぞ(汗)
 格安でインテリア設計を受けるつもりでいたが、半年近く御無沙汰しててなんだよ(怒)
 
・価値観
 遠い知人から、とりあえず図面描いて欲しいってことで、設計依頼を受けた。
 久々の対面に世間話で盛り上がったところで本題に・・・・
 ボク 「とりあえず?って何?どんなのを目指すとかって思いはどう?」
 カレ 「まぁ、とりあえずってことで。なんとなくカッコイイのできそうだからー」
 ボク 「カッコイイ建築ってどんな部分に感じるの?」って問いかけに対して、
 某安売りハウスメーカーの例とか、理解し難い要素がたくさん出てきた。
 カレ 「設計料って高いなぁ~・・・ハウスメーカーは設計料なんてかからないのにー」
 ボク 「基本設計で気にいっていただけなければ料金はいただくつもりはないよ。」
                   中略
 ボクを必要としている思いは感じた。なんとかしてみたいと思ったが、
 基本図面だけだったら無料だよね?と念を押すような言葉に良い印象を持てなかった。
 また、ハウスメーカーを引き合いにして、タダで描かせようという臭いも強く感じた。
 その図面を他に持ち込むつもり?安ければいいの?そんなケースはよくある。
 これまで、そんな経験をしたこともあり、こういうケースはお断りするようにしている。
 ただ、建築の価値観が共有出来そうにも無かったことが残念・・・丁重にお断りした。
 現在、抱えている仕事に全力を注ぐことが大切だと判断してしまったからだ。
 高飛車って思われそうですが、共に創り、価値観の共有と信頼関係が無ければ、
 絶対に絶対にイイ建築になんて仕上がるわけがないのだ!
 「とりあえず」 「なんとなく」って曖昧なワードは好きにはなれない。

・設計の責任??
 施工側の不手際で問題発生! なのにオレのせぃ?
 大工さんの高さ取付ミスが原因なのだが、クレーム処理に対応した。
 連帯責任なのは御尤もなのだが、自分のミスを棚に上げて、
 施主前で設計者がチェックしないと・・・って苦言を吐かれたのには驚いた。
 幸い、気がついたのが早かったので、ダメージは少なかった。
 施主に指摘されるようじゃ、まだまだボクも修行が足りない・・・(反省)
 施工側の自分を棚に上げての苦言に、怒る気もせず、ただ呆れた。

・下請け
 まだ実績不足のボクなので、下請けの設計業務を請けてます。
 お客様と面談する営業設計から基本設計と申請業務のみという条件での仕事
 大工中心の家造りなので、設計側のデザインというものは否定されてしまう。
 なのに、いつの間にか設計監理をしなければならない状況に・・・・
 お客様に厚く信頼されているとはいえ、これは越権行為になってしまう。
 デザインの観点で、自分を押し殺しながら現場対応しなければならないことが辛い。
 ボクのタイトなスケジュールの中での長時間に及ぶ打合・・・分単位で焦りがっ・・・・
 ボランティアに近い動きではあるが、なんとか成功させたい思いだ。
 損得勘定で動く人間にはなりたくないが、正直キツイ・・・・汗
   
・シガラミ
 基本設計も完成し、これから実施設計の大詰めに入るはずだった。
 お客様の親御さんが登場され、親御さんの価値観と立場、シガラミ?の問題で、
 今回の件は全くの白紙になることとなってしまった・・・
 2007年サイコーの建築となるはずだったこともあり呆然とした・・・
 お客様との関係の枠を超え、友達関係のように色々と話し合い、
 とても気が合い、ツーカーの仲まで構築していたのに誠に残念だ。
 ストップしなければならなくなり、お客様の涙と共にオレの目にも涙が滲んだ。
 こういう状況になったけど、今後も個人的に付き合いしたい思いの言葉をいただいた。
 そんな言葉が嬉しい反面、どうしても完成させたかった思いが強すぎたのか、
 余計に悲しくてたまらなかった・・・・(涙) 
 一年に一度あるかないかの悲しい出来事だった。

・ケガ (出血多量?)
 深夜の帰宅、こんなときこそ安全運転。いつもよりスローペースでドライブ。
 こんなことが続き、落ち込んだ気分で車庫にクルマを駐めて、
 トランクにある荷物を出そうとしたら、どっかで手の甲を引っ掛けてしまい、
 痛みを感じたが、そのまま仕事部屋に上がってきた。
 手を見ると、かなりの出血(驚) 血が止まらなく、舐めても舐めても血がっ(焦)
 口の中は血のテイストでいっぱいに・・・

こんな事が一日で起きるなんてメチャ疲れました。
泣きそうです。吐きそうです。 当分立ち直れそうにもありません・・・・ 
寝るとイヤなことも忘れる性格なのですが、眠れそうにもありません・・・

ただ、命があることは救いです。感謝してます。生きていれば何とか成る!
悪い事の後にはイイ事がっ!と自分を信じてポジティブに生きていこう!
それいけ!ポジティブシンキングだっ!

そう自分に言い聞かせながらも、どんどん夜は更けていきます。
[PR]
by sinmyo | 2007-04-10 00:49 | 仕事 | Comments(26)