建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
呉羽の家
川縁の家
城山町の家
出町中央の家
水廻りリフォーム
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
最新のコメント
> りなさん お店に問..
by sinmyo at 05:00
バイトは募集していますか?
by りな at 19:37
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
最新の記事
建築物のエネルギー消費性能
at 2017-08-16 23:10
躯体検査
at 2017-08-16 23:09
開山1300年の白山
at 2017-08-09 22:34
梅雨終盤の上棟
at 2017-08-02 19:36
ナイスミラクル!
at 2017-08-02 19:35
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お気に入り

    お気に入りの嗜好品である珈琲。底をついてしまったので買出しに。
    ちょうど、富山市内の役所で用事があったついでに、ドトールへ。
    約1か月分になる1kgのまとめ買い。っていうか、大人買い!

f0125091_19114877.jpg

    これまで、いろいろ試した結果、ドトールのマイルドブレンドに落ち着いた。
    珈琲って高価な豆だから美味しいとは限りません。あくまでも嗜好品。
    個人的には、酸味の強い珈琲はNG。中炒りの無難な味が好みなのです。
    市販の粉レギュラー珈琲では、挽き立ての薫り高い味は演出できない。

    毎朝、目が覚めてからの濃い目の珈琲。絶対に止められませぬ。
    もはや、カフェイン中毒症状・・・酒無しでも、珈琲無しでは生きていきません044.gif
[PR]
by sinmyo | 2009-02-27 19:22 | オヤジの独り言 | Comments(3)

ライフプランニング

   建築計画、ローンに不安を抱えていらっしゃる方は必見のネタです。
   人生の3大出費はご存知でしょうか??それは「住宅」「教育」「老後
   大きな出費である「住宅」において、殆どの方がローンを組まれる中、
   長期ローンの内容が適正かどうか、誰もが不安を抱えていらっしゃると思います。
   その「住宅」を供給する立場として、不安を解消していただきたいところ。

   将来設計をキッチリ計画できる方には心配不要なことなのでしょうけども、
   「住宅」に費やす費用が適正なのかどうかは、人生総合予算計画が必要!
   こんな先行き不安な世の中だからこそ、ライフプランニングをオススメします。

   世間の皆様は建築計画の際に、どんな観点で資金計画されるのでしょうか?
   収入があって支出があり、もちろん身の丈に応じた計画をされることでしょう。
   果たして、その計画が適正かどうかは、自分自身で判断し難いことでもあります。

   世間一般的に、ハウスメーカー営業マンが資金計画をするケースが大半でしょう。
   マネー、ライフプランの素人でもあり、ハウスメーカーが有利にしかならない内容。
   実際、建築主にとって不利になことも多く、本当に親身に捉えているのでだろうか?
   顧客満足は表向きで、目先の「数字」という契約売り上げ優先という例が殆ど。
   取得控除等の税制内容を売りにされる営業マンは、とくに要注意かもしれません。
   否定的な意見を述べるのも問題なのでこの辺に・・・。個別応談にて明かしますよ。 

   最もリスペクトする同級生のひとりである、ファイナンシャルプランナーK氏。
   利害関係の無い、その道のプロフェッショナルにライフプランニングを依頼。
   事前にクライアントについては全く何も伝えず、アトリエにて打合せを行った。
f0125091_18564967.jpg

f0125091_1857146.jpg

   5年後、10年後、15年後と人生のカレンダーを書き、ヒアリングから始まった。
   対話しながらクライアントファミリーの将来像を描き、一般論を提案して計画。
   収入に応じた将来と教育資金、定年後の老後生活と費用等の裏付けをし、
   外食も楽しみ、車も乗り換えたいし、旅行も行きたい。冠婚葬祭もある・・・。
   住宅以外に生涯カネのかかることがイッパイある中から、建築費を捻出する。

   欲しいモノは欲しい!それには対価がある現実。果たして適正費用はいかに?
   不安を払拭した上で建築計画をし、幸せな生活を送っていただきたい思いです。


 人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
   ブログランキング  上記バナーを ポチッと応援ヨロシク♪ 励みになります!
[PR]
by sinmyo | 2009-02-21 19:06 | 仕事 | Comments(10)

パースティクティブ ビュー

パースティクティブ ビュー!遠近感を活かして建築予定地画像をコラージュしてみた。
作成したパースは十数カット。向宅があるので、実際には拝み難いアングルでもある。
アタマの中で繰り返しで創り上げたイマジネーションのカタチをCADで等身大に演出。
真っ黒になるくらいに幾度も描き、決心ついてからCADに向かうボクの仕事スタイル。
なんだかんだ、基本的にボクはアナログ人間なのかもしれないですね(笑)
f0125091_22463482.jpg
f0125091_23371999.jpg
  このカットが最も美しく、実際に見えるカタチとなる。片持ちっぽい屋根の実現。
  北陸地方の冬季間は雲が多過ぎ・・・スカッと晴れた風景画像を取り込みたかった。

  実施設計も追い込み、残すは図面整理と確認申請・・・ギリギリ間に合うか(汗)
  いよいよ来月地鎮祭、さく泉工事からスタート。エキサイティングな春になりそうだ。
[PR]
by sinmyo | 2009-02-18 22:51 | カンティレバーガレージの家 | Comments(2)

北欧インテリア

  世代を超えて愛されるインテリア。「北欧スタイル
  そんな北欧スタイルのインテリア誌が多くある中、イイ本を見つけました!
  「北欧インテリア」 別冊家庭画報 世界文化社¥2400 2009.2月発売 ←クリック
f0125091_173818.jpg

   1950年代のスカンジナビアモダンに代表される巨匠デザインの定番家具から、
   あのセブンチェアで有名なヤコブセンの建築の現在も紹介されております。

   北欧に学ぶ日本の感性。また、北欧の名作住宅にもたらした日本建築の影響。
   共通するのは「木を愛する文化」「手の温もり」「簡素さを尊ぶ」「自然との調和」

   桂離宮に着想を得た「北欧の月見台」って発想も日本と共通するカタチなのでしょう。
   当たり前に美しさを感じる感性。「和」と「北欧」が調和する理由がよく解かります。
  
   ボクも大好き!アンティークモダンとも表現される、懐かしくも新しいスタイル。
   こんなコンテンポラリー空間にフィットする方も多いはず。オススメの一冊です!


 人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
   ブログランキング  上記バナーを ポチッと応援ヨロシク♪ 励みになります!
[PR]
by sinmyo | 2009-02-12 17:52 | 建築 | Comments(6)

なんということでしょう!!

「なんということでしょう!!」こんな名セリフのビフォーアフターが今春より復活する。
アスベスト問題、確認申請厳格化の背景から、人気番組も休止に追い込まれていた。

f0125091_5385078.jpg

  ボクの場合は教養とアイデアのために、じっくりと終始無言で視聴する反面、
  意外と熱く盛り上がっているのは、8歳と5歳のチビ姉妹達なのである。

  MCの所さんが、「これはどうなるのでしょうかっ?」とゲストに問題を振る場面には、
  クイズに答えるように、チビ達は「天窓、ロフト!照明!」と、楽しそうに発言している。
  現状の住まいから、製作プロセス、大変貌した完成風景への変化が楽しいらしい。
  クライマックスの「なんということでしょう!!」のセリフ時には大盛り上がり003.gif

  HDDに録画してまでも、何度も観て楽しんでいるチビ姉妹達・・・
  最近、アニメよりビフォーアフターに食いついているのは、オレのDNAのせいなのか??
  こいつらの将来、美人姉妹建築家に?? いやいや・・・ただの親バカである(笑)


  ところで、あのナレーションの加藤みどりさん、サザエさんの声優だったんですね・・・
  何年も前から観てるっていうのに、次女の指摘で初めて気が付きましたわっ005.gif
[PR]
by sinmyo | 2009-02-10 05:42 | オヤジの独り言 | Comments(9)

只管

 只管走るように、只管描きまくっております!PC&CADがオーバーヒート気味・・・(汗)

f0125091_1124590.jpg
 
  間口36mもある和テイストフォルム。パースティブビューしながらイメージ検証。
  建築空間では高さ開口の比率の設定が重要!設計者の腕の見せ所でもありまする。
  まさにセクションプランは設計の肝。矩計・断面計画図だけで10枚はいきそう・・(汗)
  
f0125091_1133451.jpg
  
    完成する頃には家族が増える予定!とても嬉しく楽しみでたまりません(笑)

  東西に広がる圧巻とした外観フォルムから中央部に位置するエントランスへ
  車庫の間に位置するエントランスガーデンは奥への視線の抜けに対して閉じた空間。
  外部からの視線を遮断し、住宅の生活感を感じさせない重要なしくみとなっている。
  職住近接を断ち切る要素とし、生活にリズムをもたらしているのではと想像している。

  モダンフォルムが得意と思われがちでしょうけど、和テイストも何気に得意っす006.gif
[PR]
by sinmyo | 2009-02-07 03:03 | 多世代同居の家 | Comments(2)

自己啓発

  企業は顧客満足を第一に、社会的責任・貢献、社員教育に精力的に努めている。
  この時世必要とされるコンプライアンスも、企業風土やマンパワーがあってのこと。

  デキルスタッフや志の高い方は、自己啓発を試みて行動し続けているでしょう。
  そんな自己啓発ネタは、様々なメディアから情報を簡単に取り入れることができる。
  本屋のコーナーでは立ち読みする方も多く、ついついボクも目を通してしまう。
  どの本を読んでみても共通することも多く、人間誰にでも重要なことばかり。
  それらは、古今東西言われ続けている事であり、継続することで身に付くもの。

  その「継続」ってのがクセモノで、なかなか実行できない人もいるでしょう。
  悩んだとき、ヘコんだとき、失敗したとき・・・・・そんな時の教訓を踏まえ、
  自分自身を進化させ、変えるきっかけにしたい時に読むジャンルの本でもあり、
  それを絶えず継続していれば、あんなことなかったのに・・・と思うのも人の心。
  「時間が無い」「忙しい」 そんな言い訳・・・・、それが週1時間なら誰でも可能!
  こうして悶々としていた日曜の深夜。偶然、面白いテレビ番組を発見しました。
  
   NHK 「カンゴロンゴ」 日曜23時~23時半 http://www.nhk.or.jp/kango/
  現代世相でありがちな事柄に、漢文・古来の教訓で表現する新感覚バラエティー。

   「ん~、なるほどね・・・」と、誰にでも親しみを感じ、受け入れられる内容です。

  高校時代の古文漢文なんて興味も無かったし、教師とも合わず。赤点常連
  昔から伝えられている漢文・教訓も、ボクの目線に合った表現だから面白かった(笑)

  そして、23時半からは「めざせ!会社の星」 http://www.nhk.or.jp/kaisha/
  中堅・若手を問わず社会人として、人として、とてもためになるビジネス情報番組。
  取り上げるテーマはビジネスマナーや作法など、ノウハウやスキル向上を紹介。  

  普段はTVを見ることが少ない自分が、毎週の楽しみというか習慣になってます。
  週イチの小一時間、自分を変革するための貴重な時間となりそうですわっ034.gif


 人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
   ブログランキング  上記バナーを ポチッと応援ヨロシク♪ 励みになります!
[PR]
by sinmyo | 2009-02-05 08:08 | 仕事 | Comments(4)

インテリア打合せ

   実施設計も大詰め、インテリア&照明計画の打合せを行った。
   御夫婦共にクルマ・ファッションと高いセンスでお洒落な方でありながら、
   好むインテリア・色彩感覚の価値観が正反対といってもいいくらい・・・。
   互いに自分に無い要素が惹かれ合い、ご縁を大切にした結果での夫婦。
   
   私的に、多くのクライアントの中で、夫婦の趣向が同じという例は意外と少ない。
   どちらかというと、奥様・女性中心でインテリア計画する方が多いだろうか。
  
     主人:モノトーン、クールで落ち着いた雰囲気が好み。
     奥様:明るくて活発なビタミンカラーイメージが好み。

   とても仲むつまじい理想的な御夫婦。双方共の趣味趣向が理解できる。
   そして、双方の共通項を探り、好みを融合させるイメージつくりから始まった。

f0125091_21211914.jpg
f0125091_21213872.jpg
   居住空間にある共通の「書斎」というべき、個室的要素がLDKの特徴だ。
   近年、机と書棚を備えた個室として捉えられていた「書斎」が変化し、
   L・D・Kといったパブリックゾーンと一体化させた住まいが増えている。
   「書斎」が多様化し、家族の関係性が変化していることが要因だろう。
   そこで、家族の気配を感じられる安心感は、個室ではかなえられない。
   また、リビングはゲストを招く場でもあるため、少し解離性を持たせた方が良い。
   「読書する・パソコンを使う・音楽を聴く・趣味に没頭する・仕事する」などと、
   日常の延長であるため、リビングの一角に高さの変化を設けるプランとした。
   階段踊り場を変化させ、スキップフロアを彷彿させる空間「スキップアルコーブ
   御夫婦、親子がふたり並んで座る事の出来る、ゆとりの空間になりそうだ。
[PR]
by sinmyo | 2009-02-02 21:21 | カンティレバーガレージの家 | Comments(0)