建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
三ヶのコートハウス
呉羽の家
川縁の家
城山町の家
出町中央の家
水廻りリフォーム
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
最新のコメント
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
旅館の離れのような玄関で..
by ex0tja at 15:51
虎仮面です あー 昨年約..
by ex0tja at 15:49
最新の記事
はじまり
at 2017-12-06 23:59
鉄筋検査
at 2017-12-06 23:55
壁掛テレビの怪
at 2017-12-06 19:27
立山あおぐ特等席
at 2017-11-22 23:53
11月22日(イイ夫婦の日)
at 2017-11-22 23:52
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

進捗の喜び

      昨日より今日、今日より明日と少しずつで地道なことですけど、
      建築が仕上がるプロセスと進捗は、何年経験してもワクワクする。
      「作る・造る・創る」が好きな者特有の「性」なのでしょうかっ・・・017.gif

      先日、1週間弱の養生期間を経て型枠外し。基礎全景が明らかに。
      気になるアンカーボルトとホールダウン金物。失敗は許されない。
f0125091_2229147.jpg
      職人さんの昼休憩中に現場へ。車内で昼寝中zzz おつかれです。

f0125091_22302463.jpg

       玄関等の内部土間内側には断熱材施工。もちろん浴室も実施!
       スタイロフォームt30、コンクリート熱僑部遮断。冷えと結露対策。

f0125091_2232379.jpg
      隅部分の長い金物は、ホールダウン金物。基礎~柱を緊結する。
     多数ある短い金物は、土台と基礎を緊結するのはアンカーボルト。
     ホールダウン金物は、直下地震の際に基礎と軸組みが外れないように。

f0125091_22345355.jpg

     バスコートと車庫間のフーチングつなぎ。要は地中梁のようなものです。
     車庫と住宅は約3mの中庭を介して軸組みがつながっているために施した。

__________________________________________________


   日付は変わり、型枠撤去後し埋め戻した状況。来週、床下コンクリート打設予定。
f0125091_22371740.jpg
     残土処分は4t車二台程度。元々敷地が道路より低かったため少なく済んだ。
     これから防湿シートt0.1、ワイヤメッシュ6φ、コンクリートt80施工実施。

f0125091_22422132.jpg
     配管工事打合せ。タイル床なので排水金具やカランの位置は厳密に。
     タイル割付がキッチリしないと意味が無い・・・というくらいシビアに!
     浴室部分は周囲の基礎より+300、内側に見える白いモノは断熱材。
     この家の最大の見せ場でもあるバスルーム(先々回ブログ参照←クリック

     順調に進捗、来月11日に上棟となる。マメに現場通いとなりそうだ029.gif
[PR]
by sinmyo | 2009-05-29 22:50 | 多世代同居の家 | Comments(0)

はじまり

     来週より解体工事はじまり。工事概要説明に各業種全員集合!
     概ね片付けが完了したものの、今週末に工事対象部分の引越し。
     リフォーム工事となると、片付け荷物整理・処分に御施主様は大変(汗)

f0125091_1622675.jpg
     9.1mの壁無し車庫。上部は居室2室もあり、強風時には揺れるとか・・・
   リフォーム概要は1階:居室3室(寝室・子供室×2)、2階:構造美の大空間LDK
                                (先回ブログ参照

f0125091_1622144.jpg
     既存車庫内の最も気になっていた5.4mスパンもある木梁(米松材)
     一部の天井を解体し、梁せいを確認。なんと中央部で390しかなかった(汗)
     単純に計算すると、2階は約45㎡で床荷重の大半は大梁は2本に負担が。
     外周部に分散して減じ、1本あたり約11㎡。屋根荷重は全て外周部へ。
     約180キロ/㎡で試算すると→約2トンもの長期荷重がかかっていたことに。

     補強と耐震を観点に大梁1本あたりに柱4本追加し、的確に耐力壁を施工。
     壁量バランス、軸組み判定計画では性能表示:耐震等級2を満たす結果。

     季節によっては医王山から吹き降ろす強風や台風、地震対策はバッチリ!
     こうして生命と財産を守ると共に、幸せな住まいになることを願ってやまない。

     
     爽やかな朝、ポダリングがてら現場へ出向いた。アトリエから片道11km。
     南砺市までは微妙な登り坂、5月特有のMAY STORMで少々スローペース。
     麦秋の季節。車では速く通り過ぎていく風景も、気持ち良く五感で季節を感じる。
     往復70分、消費カロリー277kcal。昨晩遅くに呑んだ酒もチャラだー・・・006.gif
[PR]
by sinmyo | 2009-05-27 16:53 | 医王山をのぞむ家 | Comments(0)

scrap & build

  ニッポンの建築事情、「scrap & build」 古いモノは取り壊され、新しいモノを造る。
  趣向に合わなくなったとかで、まだ使用できるモノを簡単に廃棄し壊してしまう。
  ただ、壊してしまうのは簡単。状況によっては壊さなければならない場合もある。
f0125091_125102.jpg
   趣き深い造りの築30年の住宅。隣接する車庫は寿命を超えた危険状態→建替え。
  誰が見ても普通のアルミサンルーム。毎日使用されたオーナーの愛着がある部分。
  デザイン的には表に表わさず、裏方の必須アイテムとして再使用してあげたい。

  これまでの歴史と現状を踏まえて、満足している点と不満な点をリサーチ。
  オーナーが愛着を持っていらっしゃる建築を、どのように対処する事で、
  改善、再生していき、安心できる幸せな生活の実現化を念入りに計画する。
  温熱環境、耐震性の性能は当然のことながら、作用する「効能」を導きたい。
  数値やカタチでは表現しきれない「愛情・感情」を実現化する使命がある。
  その愛情・感情を持って手入れをしていただき、長く付き合って欲しい思い。

  近年、「エコ」という観点で、性能面ばかりPRされていることに疑問を感じる。
  耐久性はいかに?オーナーの感情と継続性、愛着性はどうなのだろうか?
  例えば家電製品、ポイント等で消費者の心理をくすぐり、年間維持費の表示。
  カタチあるもの、いつかは・・・・修理に持ち込むと、安易に新品購入を勧められる。
  修理するより新品を買った方が安い!仕方が無いのだろうが、それが事実・・・。
  愛情を持って、感情が定着するモノを提供し、使用し続けることが「真のエコ」だ。

  リフォーム・新築問わず、無垢床オイル仕上げ等のセルフビルドを勧めることがある。
  建築屋さんが最も嫌うケースだろう・・・(安全管理事情もあるが、そんな建築屋NG) 
  危険な事を勧めるつもりもないし、これらは趣味とかマニアの領域でもない。
  こうして参加する事で、愛情・感情の定着が「建築」に強く繋がっていくものなのだ。

   「モノ」も「建築」も同じこと。愛情と感情を持ち続け、定着して欲しい。


 人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
   ブログランキング  上記バナーを ポチッと応援ヨロシク♪ 励みになります!
[PR]
by sinmyo | 2009-05-25 12:07 | 仕事 | Comments(4)

Oh! パンデミック

      連日報道されている新型インフル患者急増の話題・・・
      海外のメディアからは、過剰反応なニッポンって言われてるという、
      マスクしている人は日本人だけなんてことを批判する人も。

      そのマスク。田舎である富山県、近所のドラッグストアも売り切れ状態。
      離れて暮らす関西方面の家族へ宅配便で送る人も多いらしいとか。
      マスクは予防策として他人へのマナーのため。やっぱり必需品。

f0125091_1759867.jpg

      この抗菌対応使い捨てマスクの抗菌効果は開封後8時間だとか・・・
      通勤→仕事→帰宅の8時間程度で終了となる。残業したら効果無しかよ?

      効果的な予防策は、古今東西、老若男女ともに、手洗いとウガイ。
      住宅の動線計画では、「帰ったら手洗い&ウガイ」は配慮したいところ。
      世間のオカァさん方、口うるさいくらいに子供達に促しくださいませ!

      何よりの予防策は健康管理。深酒・喫煙・睡眠不足・不規則ライフはNG!
      それらが重なるとカラダの抵抗力が低下・・・感染率拡大ってなわけだ。
      どんなに厳重なマスクをしようが、抵抗力が無ければ無防備同然。
    
      報道されている様子だと、マスクの生産が追いつかないという事実。
      マスクはあきらめて、手洗い&ウガイ、抵抗力UPしか予防策は無ぃ。
      新型・旧型問わず、ビョーキ感染だけはゴメンだ・・・008.gif
[PR]
by sinmyo | 2009-05-21 18:06 | オヤジの独り言 | Comments(8)

立ち合い検査

   「瑕疵担保保証制度」日本ERI検査官K氏立ち合いの元で配筋検査実施。
   確認申請認可と同時に怒涛の配筋工事。鉄筋職人5~6人で3日間で配筋完了。
   下階だけでも335㎡の大規模建築。流石鉄筋専門の職人方、結果はバッチリ!

f0125091_6373322.jpg
f0125091_6374099.jpg
       写真中央にある丸いパーツは、地中に打ち込んだ6mもあるPC杭

   地盤調査の結果、軟弱層があったため、RC杭による地盤補強実施 ←リンク参照
   積雪・積載・建物の全荷重を基礎からPC杭を通じて支持層地盤へシッカリ伝える。
   基礎が建物を支えるというのは誤った解釈。基礎は地盤へ荷重を伝えるパーツ。
   建物を支えるのは健全な地盤。だからこそ、事前に調査を実施し地盤を知るのだ。
   当然、貧弱な基礎では荷重を伝える前に壊れてしまう。地盤に応じた基礎が原則。
   支持層地盤へ的確に建築全体の荷重を伝えるために、基礎は絶対キッチリと!
[PR]
by sinmyo | 2009-05-19 06:46 | 多世代同居の家 | Comments(0)

オトコの料理

   ボクの趣味のひとつでもあるアウトドア。全般的にアバウトなワードながらも、
   その中でもアウトドア料理は得意でもあり、最も楽しみな要素でもあります。
   決して便利とは言えない環境とシステムを背景に試行錯誤しながらの料理。
   自然から享受できる光や風の中で食べるからこそ美味しいのかもしれない。

   久々に自宅で料理にチャレンジ。今回はアウトドアでなくインドアだ。
   IHヒーターで、厚い鉄製の鍋「ダッチオーブン」を用いての「スモークチキン」
f0125091_1651950.jpg

    ダッチオーブン底にアルミホイルを敷き、適量の桜チップ(市販品を使用)
f0125091_1652987.jpg
    肉の油や水分がチップ材に落ちるとコゲ臭くなり、折角のスモーク風味が変化。
    二重底にし、受けとしてアルミホイル敷き。ここに油と水分を落とす。
f0125091_1653613.jpg
   プレヒートしたダッチオーブン。ブラックペッパーで下味を施したチキンを並べる。
f0125091_1654377.jpg
 IHヒーター中火、上火は豆炭。簡単に火がつく練炭と同じ成分。換気要注意!
 ところがトラブル発生・・・加熱したダッチオーブンの熱がIHヒーターに伝わり過熱状態。
 安全装置が稼動しストップ&エラー表示。IHヒーターではスモークする熱には至らず。
 途中からバルコニーでツーバーナーをセッティング。熱源をガスに切り替えた。
f0125091_1654923.jpg
   先程セッティングした溜まった肉の油を撤去し、再スモークすること30分。
   完成!スモークチキン♪ 費用は¥400(材料・光熱費共) 製作時間は60分。
   メタボ予備軍の我等にとって、とてもヘルシーなスモークチキン。絶品でした!

 スモークチップに少々のグラニュー糖を配合すると艶やかで香ばしく仕上がりますよ034.gif
[PR]
by sinmyo | 2009-05-17 16:34 | オヤジの独り言 | Comments(12)

小休止

 先月の秋田杉視察から約1ヶ月少々経過。月末到着を目標に現地にて製材中。
 その間に基礎完成。先行配管工事も完了し、しばらく現場は小休止となる。
 今週になって隣宅上棟。気になっていた開口位置が明らかに・・・(少々安堵)
f0125091_20535070.jpg
少々アクロバティックなフォルム。壁量の確保と裏付けをすると大量のHD金物が必要。
地盤は強固だったので、コストバランスを考慮して布基礎に。床下はシート&砕石仕様。
ベタ基礎云々という誤った解釈もあるが、均等な床下通気になっており防湿処理は充分。
f0125091_20535969.jpg
  昨年に実施したFLフラットテラスを再現させていただきます!Hさんオネガイ(笑) 
            ↑ 上記リンク参照 今回は3.6m×3.6mのフルオープンテラス
f0125091_2054698.jpg

 西側隣宅との距離。何故か広く空いている。余計なお世話ですが、もったいなっ・・・
 夏季の厳しい西陽の影になるも、冬季間は午後2時頃~終日影になりそうだ。
f0125091_20541245.jpg
 もっとも気になっていた隣宅窓配置。南東に位置する1階は浴室、脱衣室の様子。
 やはり近隣の窓配置が設計に影響してくる。シッカリとプライバシーは守りたい。
 そこのところは充分に想定した。inside-outコンセプトのオープンテラスが楽しみ。
f0125091_20541795.jpg
  田植えしたばかりの風景。西陽が田園の水面に反射する最も美しい時間帯。
  秋田からの木材は月末頃到着となり、上棟は梅雨入りかどうか微妙な時期に・・・
[PR]
by sinmyo | 2009-05-15 21:19 | カンティレバーガレージの家 | Comments(2)

1ヶ月点検

     時の経つのは早いもので、新しい相棒との付き合いから1ヶ月少々・・・
     ディーラーで1ヶ月点検実施、行き届いたサービスの心に感心させられ、
     とくに初期不良等も無く、心地良く快適に乗りこなしておりまする。
f0125091_2048398.jpg
     初めて拝見したエンジンルーム。TSI過給機エンジンの造形美!
     大きなボディに対して1800ccの小排気量ながらもパワフルな走り。
     スムースで気持ち良い加速感とレスポンス。しかも低燃費(ave12km/L)
     一般的には、ある程度の高回転域からの加速が一般的なのでしょうが、
     低回転域から稼動する過給機が、力強いトルク感を実現してくれる。

     俗に言う「ならし運転」は終了。新車は1000kmでオイル交換というのに、
     フォルクスワーゲン車は、15000kmまでオイル交換不要だそうな。
     技術の進歩と環境への配慮から、従来の常識をくつがえしたらしい。
     「」のない、車をいたわるドライビングが長く付き合うためのコツ。
     とにかく、やんわりとスローにいきたいところ。人生と同じですなっ001.gif
[PR]
by sinmyo | 2009-05-14 21:03 | オヤジの独り言 | Comments(8)

もてなしとくつろぎのかたち

  日本の生活と歴史に育まれた色は、季節を映し、自然の素材を活かしたものでした。
  美しい日本の色は、いつの時代も新鮮で、人に感動と安らぎを与えてくれます。
  様々な色が氾濫する現代だからこそゆえに、和の色を暮らしに取り入れてみたい。
  気候風土と安らぎと寛ぎのある色を感性で受け止め、素材、形、心が結びついた色、
  それを纏った要素との付き合い方を、つくり手と住まい手の双方の視点から考えます。

f0125091_21582752.jpg
   木と石をあしらった満足感と優越感、ソフトで暖かみのある手漉き和紙を壁面に。
   足元から抜け感をもたらすエントランスガーデン。階段と吹抜がリンクする拡がり、
   inside-out(内部-外部)、光-影の変化に富み、採光、通風が得られる玄関。
   ほのかに「奥」が感じられる、豊かな住まいになることをイメージしました。

   門を開き、敷地の中に入って、その住まい手と話をしたくなるような親しみを受け、
   そこには豊かな「奥」が感じられ、そんな印象を与えてくれる住まいを目指したい。
[PR]
by sinmyo | 2009-05-12 22:07 | 多世代同居の家 | Comments(0)

くつろぎのバスタイム

   リラックスできるバスルームがあれば、それだけでも人生が豊かになれる。
   ローコストで施工が簡単な、工業化製品のユニットバスが普及している中、
   そんな限られた空間、設備、機能と色彩では満たされない思いを叶えたい。

   ユニットバスは上記に挙げた他、メンテナンス性が優れているのに対し、
   オーダー製作のタイル貼りの風呂は耐久性が厳しいとか寒いと言われるが、
   設計の工夫で解決できることであり、快適性は既製浴室の比ではない。

   約4帖もあるため、当初はバス乾燥機も検討したが不足。暖房は床暖房に。
   とても大きな浴槽。給湯器の湯量と追い焚き機能は必要。断熱はバッチリ!
   バスタイムをイマジネーションしながら、長時間要した浴室実施設計も完了。

f0125091_1035340.jpg

   額縁で切り抜かれたような窓の外の中庭(バスコート)と一体感を演出したい。
   夏季の夕涼み、チョットひとやすみ、ビールを嗜む。新緑の緑や紅葉、雪景色etc
   そんな季節の移り変わりを自邸の浴室で感じ、楽しむことは幸せなこと。

   内部と外部空間の連続性を明確にしながらも、特徴的な目地デザインのタイル。
   径1150の陶器浴槽。湯面には直接ビーム照明、壁面にはソフトな間接照明。
   そして、バスコートの水盤照明と灯篭。時間と季節に応じて空間を楽しみ、
   そんな極上のバスタイム・リラクゼーションタイムを過ごしていただきたい。

      家族が多いだけに、長風呂には注意したいところですちゃ・・・023.gif
[PR]
by sinmyo | 2009-05-09 23:52 | 多世代同居の家 | Comments(6)