建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
三ヶのコートハウス
呉羽の家
川縁の家
城山町の家
出町中央の家
水廻りリフォーム
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
最新のコメント
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
旅館の離れのような玄関で..
by ex0tja at 15:51
虎仮面です あー 昨年約..
by ex0tja at 15:49
最新の記事
はじまり
at 2017-12-06 23:59
鉄筋検査
at 2017-12-06 23:55
壁掛テレビの怪
at 2017-12-06 19:27
立山あおぐ特等席
at 2017-11-22 23:53
11月22日(イイ夫婦の日)
at 2017-11-22 23:52
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

赤谷山 EL2260m

4週間ぶりの休日&お山遊び。前々日になって突発的に計画!剱岳を臨むなら“赤谷山”と唄にあるように、どの山よりも北方稜線~剱岳を間近で眺められ、遠くには後立山連峰、そして毛勝三山、日本海の展望を愉みたく未明に出撃した。
f0125091_2156076.jpg
夏山の勝負処は、ガスが湧く10時頃迄にピークに到着すること。コースタイムは馬場島~白萩川堰堤~ブナクラ峠~赤谷山:約6時間。その70%を自分のペースとして4時間に目標設定。しかし、4週間ぶりの山歩きは不安・・・自転車やジョギングで運動しているといっても山歩きは別物。急ぐことなくスローにマイペースでいこう!
f0125091_21555443.jpg
ブナクラは慣れてないと迷いやすい。シッカリとルート表示されていたおかげで順調に進んだものの、水量が多い雪融け季節は沢渡り要注意! やらかしてもうたっ・・・ 
一つ目のネタ「沢にドボン・・・」 片足ズクズク鳴らしながら突き進む。
f0125091_2205773.jpg
なんて名前の植物だっけ? たわわに実る紫色の果実を多数発見。種が多いけども甘酸っぱく美味しかったですぞ。長丁場に耐えるためのビタミン補給だ(笑)
f0125091_2253778.jpg
EL1500m付近通過、もうすぐブナクラ峠だ。目的地の赤谷山と剱岳を望む。
f0125091_2273849.jpg
ブナクラ峠で小休止、ドリップコーヒーを嗜む。振り返ると大日連山~日本海!能登半島辺りまで見渡せました。此処までは「沢にドボン!」以外は順調に進捗中。
f0125091_2294441.jpg
ブナクラ分岐から赤谷山方面へ進むと小さな地塘がある。目の前には猫又山
f0125091_22104258.jpg
太陽に薄い雲がかかると見える光の輪「日暈現象」 ナニカ起きそうな予感^^
f0125091_22134559.jpg
7月下旬だというのに黒氷状の急斜面雪渓!此処をトラバースせねばならない。滑落すれば下の岩場に激突、タダでは済まない危険な箇所だった。 先ずは雪渓をかわそうと上部をに登って雪の無いルートを試みたのだが更に急。危険と判断し元の位置に戻り、軽アイゼン装着するも急斜面雪渓では役不足・・・ 滑落せぬよう何度も硬い雪面・氷をキックして足がかりを作りながら進んだ。雪渓が無ければ1分もかからない道だというのに、どのくらい時間ロスしただろうかっ・・・(汗)
f0125091_2224453.jpg
なだらかな山頂草原から望む憧れの北方稜線~剱岳とチングルマ群生。タフな行程を登った者だけに許される時空間と絶景に蓄積した疲れも吹き飛んだ。
f0125091_22322363.jpg
赤谷山ピークEL2260m!過去の悪天候敗退、本日の沢にドボンから始まり、道に迷っての藪漕ぎ、危険な雪渓トラバースと数々の試練を乗り越えた分だけ感慨深い。 好天の土曜なのに誰とも遭わず山頂は貸切。正午になってもガスが発生せず空気は澄んでいた。のんびりし過ぎで謎の空白時間アリ^^; 下山しようとすると・・・
f0125091_22351075.jpg
後立山の白馬連峰。8月は八つ峰キレット出撃計画。アノ稜線歩きだ^^v
f0125091_2237548.jpg
北方稜線~剱岳~大日連山、遠くに白山、富山平野・富山湾を望む。
f0125091_22385379.jpg
富山平野と富山湾。画像左上部に注目!虹のような現象、謎の物体X?
f0125091_22411199.jpg
f0125091_22412310.jpg
上空に現れた雲?虹?オーロラ?僅か2~3分で消えてしまいましたが、いったいナニが起きたのか解からず・・・FBに載せたところ、高度のある場所で見られる“彩雲”だと教えて頂いた。当日の昼過ぎに立山からは水平な虹(環水平アーク)が目撃され、新聞記事やヤフーニュースにも載っていましたね。そのネタの撮影時間帯が違うのでオラが見たのは別物だ。初めて見た超自然現象“彩雲” ひとつ勉強になりましたよ。偶然にも見つけた日暈と彩雲、なんだか吉兆な予感だね。ナニカイイコトあるのかも^^
f0125091_22495562.jpg
下りも急斜雪渓トラバースに苦労し、ブナクラ峠が見え始めた頃にガス発生!
f0125091_22543596.jpg
下山中、浅い沢で天然水で淹れたドリップコーヒーを冷やしアイスコーヒーを嗜む。
f0125091_2258381.jpg
白萩川堰堤では工事が行われていて、臨時造成道からブナクラへ。

ところで、馬場島~赤谷山の道中はケイタイ電波不通。14時には帰宅している予定だったのだが、のんびりし過ぎて下山が遅くなってしまった・・・捜索願い出されているのでは?と不安になり、馬場島山荘の公衆電話から自宅に連絡すると「あっ、そう?」と、心配も何も無し・・・オラはどうでもいい存在と思われているみたいだ(^^;)

誰とも遭わなかった静かな山歩き。自然を享受する愉しみは止められない^^
[PR]
by sinmyo | 2013-07-24 07:25 | アウトドア | Comments(8)

上棟から1週間

梅雨明け宣言されぬ不安定な空の下で上棟が行われから1週間経過
f0125091_1232596.jpg
屋根下地完了!外部からの視線を遮るも圧迫感を感じさせたRC塀も建物とバランス良くまとまった。トラディショナルな和風建築・瓦葺屋根は4年ぶり。弊所が和風建築を手掛けるというイメージが乏しいそうですが、カタチやスタイルに踏襲することなく構築。
f0125091_1282265.jpg
上棟作業は3日間に渉った。朝イチは今にも降りそうな黒雲・・・ その後、快晴に^^v
f0125091_129445.jpg
クライアント様の生家にあった蔵戸を再生採用する和室はプチワクノウチ空間になる。
f0125091_12114111.jpg
6mスパンのガレージ構造梁は鉄骨と木のハイブリッド化
f0125091_12124944.jpg
ハレオトコ万歳!暑い中お疲れ様です。 しかし、その後にゲリラ豪雨が・・・(濡)
f0125091_12135447.jpg
棟梁の神々しい祝詞で厳かに滞りなく上棟式
f0125091_1215248.jpg
屋根下地は杉板。その上から凝った防水下地施工、ホールレス工法
f0125091_1216317.jpg
通気性あるタイベックルーフライナー+縦桟、その上よりアスファルトルーフィング+横桟(瓦桟) 瓦と屋根下地間に通気層と万が一の漏水時に水が流れる仕掛け。瓦を固定する釘は下葺き材を痛めることなく縦桟に固定。その“ホールレス工法”とやら・・・ひと昔前は、ペラペラのアスファルトフェルト(ルーフィングより劣る)を下葺板に敷いて、瓦桟を直接固定し瓦葺という施工方法。それでも50年以上もの耐久性があるのに、近年の長期優良住宅施行の流れで施工方法がトンデモナイ進化してきましたね!
f0125091_12213649.jpg
軒出・妻出は約1m、垂木は密に150㎜間隔、豪雪に耐える仕様です。深い軒出は雨風から建物を守り、暑い日差しをコントロールし、夏季は快適な室内環境をもたらす。

  建物間口18mの大型和風建築、晩秋の完成に向けて現場監理奔走だ!
[PR]
by sinmyo | 2013-07-24 07:24 | 石坂の家 | Comments(2)

ビフォーアフター

築25年の大手ハウスメーカー軽量鉄骨プレハブ造住宅。一昨年、設計させて頂いたクライアント様の息子さんが以前に住んでいらっしゃった家を譲り受けリノベーション。
f0125091_21574451.jpg
まさにビフォーアフター!解体工程完了。某バラエティ番組に出演する“匠”のようにハンマー担いで解体参加というわけにはいきませんでしたがね(゚ρ`)
[PR]
by sinmyo | 2013-07-17 17:17 | 福野の家リフォーム | Comments(0)

祝上棟

天気予報外れの好天の下、待ちに待った上棟!朝イチで現場へ駆けつけた。
f0125091_2136899.jpg
f0125091_21372084.jpg
既存家屋を解体してみると予期せぬシロアリ大群発見、想定外の軟弱地盤、既存車庫基礎のダメ施工が発覚・・・前途多難なスタートでしたが、手際イイ大工のナイス段取りで上棟一日目で全ての羽柄材施工し屋根下地ルーフィングも完了しました。

少々遠方ながら、段取り負けせぬようマメに現場通いせねば。 ところで、クライアント様から「いつ自転車で来るの?」と仰られた。砺波市から滑川市までの道のりは往復90km・・・空身でしたら充分に可能な範囲ですぞっ^^v
[PR]
by sinmyo | 2013-07-17 17:07 | 緑町のコートハウス | Comments(0)

地鎮祭

梅雨の中休み?天気予報外れの好天!厳かに滞りなく美容院併用住宅の地鎮祭が行われました。取り急ぎ、融雪のために井戸工事を先行。未だ細部の詰めがっ(汗) 
f0125091_21302595.jpg
f0125091_21295425.jpg
富山市婦中町地内、オープン日程等の詳細が決まりましたらお知らせしますね^^v
[PR]
by sinmyo | 2013-07-17 07:17 | JOUIR HAIR | Comments(0)

土間床暖房

巷では35度超を記録。こんな季節に暖房ネタとはピンと来ませぬが、入居される頃には重宝するであろう床暖房。「熱しにくく冷めにくい・・・」そんな特性の土間床暖房
f0125091_22263692.jpg
スタイロフォーム基礎断熱で区画された部分に温水を通すポリブデン管を這わした上に重量あるコンクリートが蓄熱媒体となって省エネで快適な温熱環境をもたらします。
f0125091_22281940.jpg
エントランス塀のコンクリート打放しはイイ感じに仕上がりました! 

梅雨明け宣言まだ?もういいでしょ! 富山気象台の宣言待ってても仕方が無いので、勝手に梅雨明け宣言(爆)いよいよ来週上棟。 猛暑の中、現場監理移動はロードバイク。アスファルトの照り返し・・・風は真夏っす(汗)
[PR]
by sinmyo | 2013-07-10 10:10 | 石坂の家 | Comments(0)

バレタッ!

「バレタッ!」って、べつに良からぬことではありませぬ。足場撤去することを「足場をバラス」ことから「バレタッ!」は、地鎮祭・上棟に続いて工程の節目。単管足場とベールのような養生シートを撤去して全貌が明らかになりました。
f0125091_22445914.jpg
夏草が薫る候、暑サニマケズ旧鉄道跡のサイクリングロード疾走!福野の現場から小矢部の現場への中間地点に位置する「ドッグランのある家」
f0125091_22471394.jpg
南面には5.6kwスペック最新モデルの太陽光パネル。高気密高断熱と相まって、どこぞのハウスメーカーみたいな云い回しの“光熱費ゼロ住宅”
f0125091_22511419.jpg
常時換気計画は第一種換気システムで高性能の熱交換換気扇。大工工事は一部の石膏ボード貼りを残すのみ。8月10日の引き渡しに向けてギリギリの進捗状況。
f0125091_22535590.jpg
デジカメバッテリー切れ・・・でして、足場撤去直前画像(^^;) 
[PR]
by sinmyo | 2013-07-10 10:10 | ドッグラン ハウス | Comments(2)

雨ニモマケズ風ニモマケズ

風速10m/sの暴風雨の中、雨ニモマケズ風ニモマケズ祝上棟!
f0125091_1824465.jpg
RC造ゲート部分はガレージ。住居全体は木造のナンチャッテ混構造
f0125091_1824823.jpg
建替のため工事中クライアント様は仮住まい。そのお部屋から工事現場を望む。
f0125091_1825380.jpg
f0125091_1825744.jpg
f0125091_183331.jpg
棟梁が儀式でハンマーで床を叩く作法は初拝見、厳かに滞りなく上棟式が行われました。10月の完成に向けて、暑さに負けず小回り利かした現場監理していきますよ!
[PR]
by sinmyo | 2013-07-03 18:09 | 本郷町のコートハウス | Comments(0)

ベタ基礎

解体後の地盤調査結果は基礎補強要でベタ基礎に。鉄筋工程を終えて僅かな型枠を残すものの、タイトな日程調整し降りしきる雨の中、鉄筋検査に出向いた。
f0125091_0193120.jpg
等間隔に縦横無尽に走る鉄筋群・・・ベタ基礎は、積雪想定・屋根仕様・空間の広さに応じて配筋計画とスラブ厚さを厳密に設定しなければならない。
f0125091_0214390.jpg
ベタ基礎って一概に強いとは限りませぬ。構造区画面積、スパンによって様々な解釈があるので要注意!計画が面倒だからと短絡的に地盤改良するハウスメーカー多し。
f0125091_0214776.jpg
解体前の家屋にあった小庭を新しい居住空間に取り込む。思ひ出は大切にしたい。

下記のフローチャートで基礎形式を選択しますが、建築士さんの見解を参考に。
f0125091_15184639.jpg
ただのベタ基礎ではなく、地中梁や立上がりの基礎梁を連続して格子状に設けることが基礎設計の肝であり、その区画は20㎡未満におさめたいところ。瑕疵担保保険の種類によって様々な解釈がありますが、その保険基準をクリアしただけで満足しないように!
[PR]
by sinmyo | 2013-07-03 00:16 | 緑町のコートハウス | Comments(0)