建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
呉羽の家
芝園の家
川縁の家
広上町の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
未分類
最新のコメント
> りなさん お店に問..
by sinmyo at 05:00
バイトは募集していますか?
by りな at 19:37
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
最新の記事
掲載
at 2017-05-17 23:59
サイバー攻撃
at 2017-05-17 23:58
完成~木津の家~
at 2017-05-10 23:59
快晴の稜線漫歩~黒部五郎岳~
at 2017-05-03 23:50
建築地からのぞむ風景
at 2017-04-26 23:55
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

もうすぐ完成

7月末に北陸地方も梅雨明け宣言!8月初旬の厨房機器取付と外構舗装で完成
f0125091_1338739.jpg
青空とダークブラウン杢目と白のコントラストが眩しい!木製エントランスドア設置
f0125091_13373152.jpg
f0125091_13374335.jpg
f0125091_13374823.jpg
f0125091_13375785.jpg
f0125091_13384070.jpg
クライアント様の都合でオープンは9月以降になりました。8月末の土日にお披露目会実施しますので、詳細決定次第ご案内しますね。
[PR]
by sinmyo | 2014-07-30 23:59 | ビストロ LeCercle Rouge | Comments(2)

教訓

お山遊びって、そうそう誰とでも行けるものではない。そんな教訓を改めて痛感した山行。同行メンバーは私も含めて剱岳ワンディ登覇した経験ある3名(殿方2名・姫方1名)+少々未熟な殿方1名で構成する4名パーティで出撃。少々未熟な彼は、何かと山について能書きやウンチクを豪語しているビッグマウスマン!そこそこの登山歴もあるし、毎週末に山に登ったりトレーニングしているようだから大丈夫だろうと安易に判断したのが間違いでした(悔)
f0125091_12225521.jpg
累積高低差1900m・距離16km、スローペースでも9時間もかからない行程のはずが、結局12時間半超(汗) 蓋を開けてみれば、「エーッ?!」と愕然・・・序盤からヒーヒーゼーゼー…足が度々ストップするし、姿勢がフラフラ不安定で危なっかしい。どうにかこうにか登頂したものの、体力の限界?下山時は彼の荷物を手分けして担ぐ始末でした。今後、彼が奮起してトレーニング等の努力を積み重ねてくれると信じたいし、心身共に進化し謙虚な姿勢になってくれたならば喜んで再び受け入れたいと思います。
f0125091_1223098.jpg
パーティ山行は一人でも脱落すれば成り立ちません。互いの信頼関係をはじめ、単独山行に限らず技量・能力・体力・判断力・経験と自己責任が必要とされるもの。日々のトレーニングも併せて自分磨きを徹していくと、その経験の積み重ねが心身をより豊かにして公私共に充実した人生を送っていけるでしょう。
f0125091_1223653.jpg
下山時に知ったことですが、同行した女性メンバーが序盤にケイタイを落としたそうな。「落とした…」って大騒ぎすると、パーティ山行に悪影響を及ぼしかねないと潔く諦め、失意にも動じない強ぃ精神!山の神様は見捨てやしませんでしたよ。また、山って悪い人は居ないものですね。ケイタイは落し物として登山口の山荘に届けられてまして手元に帰還し全員無事下山。皆一心で励まし助け合い精神の大切さを実感したけども、体力・精神力・技量不足者を同行させてしまったことを反省しなければいけません。後味の悪い山行でしたけど、とにかく結果オーライヨカッタ!(教訓)
[PR]
by sinmyo | 2014-07-30 23:58 | アウトドア | Comments(4)

基礎工事

地盤改良(セメント柱状改良杭)工程を終え、本格的に基礎工事開始!
f0125091_219983.jpg
基礎底盤部分に捨コンクリート。コンクリートを捨てるわけではありません。正確な基礎位置の墨出し(マーキング)をします。そして、鉄筋工程へ
f0125091_2191353.jpg
長期優良住宅の場合は細部に渉って構造算定要。通常はD-10・13を使用するのですが、部分的にD-16の太い鉄筋も。次項に登場するホールダウン金物も建築基準法クラスでの施工よりも異常に多し。弊所の配筋検査と同時に第三者機関の瑕疵担保検査も実施。是正箇所も無く、職方さんは嫌な顔もせずイキイキと施工してます。
f0125091_2191795.jpg
基礎を高くというか、周囲のGLより高めに設定して地盛りしていきます。
f0125091_2192093.jpg
型枠工程へ。基礎と軸組を一体化固定するホールダウン金物は寸分狂わない位置設定が必要。田植え(コンクリート打設と同時に埋め込む)手法では正確性に乏しいため、ミリ単位で事前に固定しなければなりません。
f0125091_219247.jpg
型枠工程を終え、金物の位置を抑えてから週末にコンクリート打設。気になるのは猛暑による急激な乾燥・・・お湿り程度の雨だと良いのですがね。そろそろ梅雨明け、本格的な夏到来が待ち遠しい。そんな中、木工事工程へ入っていきます。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
住まいブログ 住宅設計・住宅建築家
 
[PR]
by sinmyo | 2014-07-23 23:23 | 下新町の家 | Comments(0)

不安定なお空

世間は三連休の“海の日”天気予報に翻弄された方も多かったと思います。日曜未明の砺波地方では数時間に亘って激しい雷雨が続き、近くでは落雷がありました。我が家では早朝から停電騒ぎ…漏電ブレーカーが落ちていただけでしたがね。落雷豪雨の被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。
 天気図を見ると上空には大陸からの寒気が入り込んでいる状態が容易に察しれたので、三連休オフタイムを見送ってアトリエ引籠り業務にしておりました。が、無性に苦しく喘ぐくらいに体を動かしたくなるんですよ(笑) 青いお空に誘われ、自転車で近くの夢の平スキー場へ。そして、山頂までゲレンデを駆け足で登りEL510mの三角点にタッチして即帰還する往復一時間半の行程で汗だくスッキリ気分転換! もう、なんだか依存症みたいですわ・・・周囲からは、ドMヘ〇タイって云われますがっ^^;
f0125091_31237.jpg
さて、この季節に天気予報で「今日は大気の状態が不安定なので、雷雨に注意しましょう」などど言うのをよく耳にしますが、どういう意味なのでしょう。

部屋の中でストーブを炊いていると、天井に近い上の方だけ暖まって、床に近い下の方は冷たいことがありますね。これは暖かい空気は上に、冷たい空気は下にいく性質があるからです。

仮に上に暖かい空気があり、下に冷たい空気があったとします。暖かい空気は最初から上にあるので動きません。冷たい空気も最初から下にあるのでやはり動きません。このような大気の状態を「安定」と言います。

逆に上に冷たい空気、下に暖かい空気があるとします。暖かい空気は上にいきたがるため、上昇気流が起こります。上に冷たい空気がある場合はその温度差が大きくなるため、一層強い上昇気流になります。このような大気の状態を「不安定」と言います。 上空に寒気があり、下層に暖かく湿った空気があるときは、まさにこの状態ですね。

ここでもう一つ、“ 暖かい ” は上記説明のとおりですが、“ 湿った ” とはどういうことでしょう?空気が上昇して冷やされると、水蒸気が凝結して水滴になり、雲ができます。この “ 凝結 ” するときに 『 凝結熱 』 という熱が発生します。

空気が湿っていている ” ということは空気中に含まれている水蒸気の量が多いということです。含まれている水蒸気が多ければ多いほど、凝結熱もたくさん発せられることになります。つまり、『 暖かく湿った空気 』 は、その空気の暖かさに加えて、持っている凝結熱の量が多いため、空気の温度がもっと高いのと同じ意味を持つわけです。

(1)上空に寒気がある (2)下層の空気がかい (3)下層の空気が湿っている

この3点セットが雷雨発生をもたらす 『 不安定な大気の状態 』の要因です。

また、(2)の下層の空気が暖かくなる主な要因としては、南からの暖かく湿った空気の流入と、強い日射により地面が暖められることがあげられます。
上空に非常に強い寒気が入っていたり、暖かく湿った空気が勢いよく流入したり、非常に強い日射しがあたりと、上記の3つの要因がさらに強まる状況にあるときは、大気の状態がより不安定になり、雷雨の可能性も一層強まるということなのです。

以上、「やさしい天気教室」より抜粋。 とても解りやすいですね。
こんな大気が不安定な天候時には、お外(お山)に行かない方が吉だと思います。
[PR]
by sinmyo | 2014-07-23 23:22 | オヤジの独り言 | Comments(0)

惨敗・撤退

この道をいけばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば、そこに道は無し…人は歩みを止めた時、挑戦をあきらめた時に年老いていくもの。踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わずゆけよ 行けばわかるさー!
f0125091_230612.jpg
目指すはアノテッペン。北アルプスの十字路で天を突く槍ヶ岳。台風一過の好天を狙って(狙ったはずだったのだが…)双六岳経由の西鎌尾根ルートアタック!
f0125091_2375686.jpg
例年より雪解けが遅れているようで、根雪の硬い氷結した部分が現れてます。3度のアイゼン着脱、北側斜面の夏道を塞ぐ残雪には何度もヒヤリとさせられタイムロス
f0125091_231126.jpg
まだまだ遠し槍ヶ岳…久しぶりの山行で重量歩荷(・・;)
f0125091_2313499.jpg
遠くの乗鞍岳が見えなくなり、気が付くと槍の穂先もガスで覆われてしまった。ピークまで小一時間のところで暴風雨に遭う。レインウェアを着込みザックカバーも装着。カラダが煽られるくらいの強風では危険極まりない。己の中で葛藤を繰り返すも撤退判断。

目まぐるしく変化する梅雨時の天気予報。夕方から降雨のはずだったのに・・・

千丈乗越からエスケープし飛騨沢ルートより下山。槍平小屋で小休止し始めたところで雨脚が激しくなってきた。温かいラーメンを嗜んで冷えたカラダを暖めていると、小屋の主人から注意勧告「沢が増水しているので危険な状況です。もしも渡れなかったら小屋へ戻ってきてください!」とのこと・・・翌朝には工事監理打合等の重要業務があるし帰宅難民はゴメンだ…! 降りしきる雨の中、小走りで槍平小屋をあとにした。
f0125091_2322546.jpg
下山するまでには3つの沢渡りがある。もっともヤバイと言われたチビ沢は辛うじて渡れた。豪雨時の沢は増水も早いし引くのも早いが、雨量予報データによるとコチラに凄い雨雲が向かっている。あともう少し遅かったら渡れなかったかもしれない。

道中たくさんの下山者をパスしてきたけれど、あの方達は大丈夫だったのかな?

登山を勝敗が付くスポーツに例えるならば、無事帰還した者が勝者と云われる。山は逃げないもの。3年前ぶりの槍ヶ岳、一度登頂しているから「また来ればいいやっ…」と、即時撤退判断できたけれども、初アタックだったら山頂目前にして撤退判断しなかったかも。あの状況で登頂しても悪天候下でガスに覆われては面白くありませんからね。撤退・惨敗も教訓のうちと改めて実感した山行でした。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
住まいブログ 住宅設計・住宅建築家
 
[PR]
by sinmyo | 2014-07-16 23:35 | アウトドア | Comments(6)

足場撤去

台風の影響下、北陸地方はフェーン現象で全国一の最高気温37度(汁)
青い空と白い雲、そして白い外壁とのコントラストが美しい!
f0125091_23495023.jpg
工事中のビッグな節目、足場撤去と同時に隣宅倉庫が足場建立・・・
f0125091_23495463.jpg
シンプルなフォルム。屋根と軒裏デザイン演出でシャープなファザードに仕立てました。
f0125091_23495925.jpg
4名様着座できるカウンター席は、銘木ブビンガの一枚板を使用!
f0125091_2350358.jpg
内装工事を経て月末に完成。8月中旬のオープン予定でしたが、オーナー様の都合で暫し延期となります。どこぞの“パワーアップなんとか…”ってやつじゃありませんがね。お楽しみに宜しくどうぞ^^v
[PR]
by sinmyo | 2014-07-09 23:49 | ビストロ LeCercle Rouge | Comments(0)

柱状地盤改良

表面から支持層(強い地盤)に到達する5.25mの深さまで調査。「スウェーデン式サウンディング試験法」という、安価でポピュラーな試験。100キロの荷重を掛けた鉄パイプが地中へ入る程度から計算し、N値(土の締り具合)という数値で地盤の強さを表わします。 その結果から下記のフローチャートを参考に基礎・地盤補強を計画
f0125091_15184639.jpg
残念ながら結果は杭補強要。自沈層(弱い地層)が50㎝もありまして、前面道路に大型車が通行すると何気に揺れを感じる地域なだけに覚悟してましたが・・・(_ _;)

長期優良住宅の技術認定に手こずってしまい予定より少々遅れての着工。
先ずは柱状地盤改良からスタート!補償が絡むため監督さんもピリピリ
f0125091_2342469.jpg
f0125091_23425097.jpg
ほぼ一日で柱状改良工程完了し翌日には杭レベル調整作業
f0125091_2342543.jpg
不名誉?なことですけども、ここ最近、弊所デザインする住宅は地盤改良しなければならいというジンクスが続いておりまする。

来週には別件の地盤調査。良からぬジンクスが途切れるといいのですが (^^;;
[PR]
by sinmyo | 2014-07-09 23:48 | 下新町の家 | Comments(0)

日本一美味い素麺

勝手ではありますが、日本一美味い素麺@上市大岩・金龍!そんな持論の建築家仲間三人衆で素麺を食べに行こうと盛り上がり、近年の健康志向の高まりもあって自転車で出向くことになった。 座りっ放しの仕事って不健康ですからね^^;
f0125091_092024.jpg
つるっとコシある素麺、味わい深くもシンプルな出汁 ※撮影ROBERT氏
f0125091_013441.jpg
三名共に同じメニュー^^そうめん+白玉あずき。計¥1000
f0125091_0141978.jpg
大岩100段坂前を占領しチャリを並べて記念撮影。三名共に本格的な自転車ライダーと呼ぶには遠いですが、楽しければそれで良し^^v 最近自転車を始めたMやん氏、一年ぶりのライドというROBERT氏、オラは一か月ぶり… ※撮影ROBERT氏
f0125091_0182753.jpg
上市のMやん氏・富山市のROBERTO氏・オイラは砺波。もちろん砺波から上市までの自走です。往路復路と遠回りの寄り道し計127km走行(汗)久しぶりの自転車ってなこともあり、ケツ圧痛にヤラレて帰還後はペンギン歩きでしたっ^^; ※撮影Mやん氏

筋肉痛はありませんよ!(キッパリ) 次回の定例ライドは何処に??
[PR]
by sinmyo | 2014-07-09 07:09 | 遊び | Comments(0)

薬師岳

いつも忙しないワンディでのビッグマウンテンは勿体ない。ちょっと無理なタイムスケジュールでしたけども、午前中で業務を切り上げて薬師岳テン泊登山出撃!
f0125091_138312.jpg
出発が遅れ、集合場所で相棒を待たせて申し訳ない気持ちでイッパイ・・・(懺悔) 有峰林道を経て緑薫る折立登山口に到着したのは13時半過ぎ(間に合うのかっ?!)
f0125091_1383545.jpg
登山道脇に群生している可憐な水芭蕉に心癒されました。
f0125091_1383853.jpg
残雪の太郎平、約18kgの歩荷では思い通りのペースにならず。先行しては遅れ気味の相棒を暫し待つ展開、オイラだけ体が冷えて寒い寒い・・・
f0125091_138439.jpg
どうにかこうにか17時過ぎに太郎小屋到着。受付を済ませテン場へ。汗だくオーバーヒートの相棒(笑) 昨年の剱岳以来、お久しぶりにS先生と遭遇!※画像提供S先生
f0125091_1384744.jpg
明るい時間帯に食事を済ませ早めの就寝zzz 幻想的な日没と富山平野の夜景
f0125091_1385466.jpg
放射冷却で氷点下まで冷え込んだ朝、黒部五郎岳&北ノ俣岳のモルゲンロート
f0125091_1385977.jpg
陽が照るまでカチコチの雪面。徐々に気温が上がってきました。
f0125091_139511.jpg
薬師平に差し掛かると、待ってました!北アの王様、槍ヶ岳と対峙
f0125091_139894.jpg
稜線漫歩、もう雪はありません。あともう少しで山頂、雲ひとつ無しの好天
f0125091_1391372.jpg
薬師岳EL2926m、360度クリアな風景を暫し愉しんだ。
f0125091_1391711.jpg
剱岳~立山連峰、奥には昨年縦走した五竜岳~鹿島槍
f0125091_139215.jpg
待ってなさいよ!今夏のビッグイベント予定の読売新道レッドブル~水晶岳
f0125091_145686.jpg
埋蔵金伝説の鍬崎山。遠くには富山湾・能登半島までのぞむ
f0125091_1392594.jpg
槍ヶ岳~穂高連峰、最もエキサイティングだった縦走路。いつ眺めても感慨深い想ひ出の山々。「yari yari yari oh♪」思わず口ずさんでしまった(笑) テン場から同行した若者から失笑される場面も・・・バブル世代のオイラ達とロスジェネ世代の若者とのジェネレーションギャップ。数年前、エグザイルがカバーしてたんですがね。
f0125091_1392992.jpg
デデ~ン!と、槍穂を望む風景に終始高揚。薬師如来様の前という神聖な場所でフザケタ行為はアカンですね・・・ブジッジというか、独りジャーマンスープレックス(爆)

  現実社会の下界に降りると暑っ!体感温度±30℃の一日でした。
[PR]
by sinmyo | 2014-07-02 23:59 | アウトドア | Comments(2)