建築、 日常の独り言
by sinmyo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
三ヶのコートハウス
呉羽の家
川縁の家
城山町の家
出町中央の家
水廻りリフォーム
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
最新のコメント
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
旅館の離れのような玄関で..
by ex0tja at 15:51
虎仮面です あー 昨年約..
by ex0tja at 15:49
最新の記事
はじまり
at 2017-12-06 23:59
鉄筋検査
at 2017-12-06 23:55
壁掛テレビの怪
at 2017-12-06 19:27
立山あおぐ特等席
at 2017-11-22 23:53
11月22日(イイ夫婦の日)
at 2017-11-22 23:52
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


少しは慣れたかっ


f0125091_10241385.jpg入学から早2週間
近所の上級生と登校
なんだか緊張しているようだ
小さな体と大きなランドセル
少しは慣れたかっ


ドーナツ化している市街地、子供が少ない・・・
かつてはボクの同級生だけでも5~6人くらい居た
その頃は近くの神社の境内では子供が集まり、
草野球などの外での遊びで盛り上がった。
現在じゃ、そんな風景は見かけることは無い。

週間スケジュールで子供の下校予定時間が記入してある。
先日、予定より20分くらい早くなった日があった。
それだけのことで、保護者から学校へクレームが殺到したそうだ。
「ナゼ?」と思ったが、親の都合があったのだろう。
そんな自分の都合で学校へクレームするのは理解できない。

今日は午前中のみの授業。先生達の研修があるそうだ。
モモは給食を摂ったあと帰ってくる。そのために、妻は休暇を取った。
幸い、ボクは自宅に居る機会も多く、母親、祖母も居る。
それぞれ仕事を持っているために、時間のやりくりでなんとかなる。
核家族、共働きフル勤務の家庭はどうするのだろう・・・

昨今、子供の学力低下が社会問題化しているが、
今日の午後の分の穴埋めはどうするのだろう?
日曜日の午前に授業参観があり、その翌日は全休。
今週だけで一日もロスしているじゃないか。そんでもって、毎週土日休み。

そんな社会問題は教育方針と授業時間不足が原因と検証されている。
先生達の研修は土日休日返上とか夜間に実施にならないのか?

民間企業じゃ、実務のために集中し、休日返上や残業も当たり前。
その分の手当てもあるだろうが、お客様・実務が最優先だ。
先生達にとって、お客様・実務は子供達だ。
自分達の都合で休講とは本末転倒なのではないか?

些細な事で物申す保護者よりも、学校のシステムの方が理解できない。
自分のモノサシで物申してもうたが、少しは考えて欲しいものだ。
[PR]
# by sinmyo | 2007-04-19 10:17 | 家族 | Comments(2)

今年もやります!

始まりました!今年も熱く夜高祭りヤリマス!
砺波地方の初夏の風物詩、「夜高祭り」
富山県には熱い「ケンカ山」祭りがいくつかありますが、
その中でも「夜高祭り」はサイコーに熱くなれます!
今年は6月8日と9日。9日のケンカが見応えあります。お楽しみにー!

下記URL参照:となみ夜高振興会ホームページ
http://www.ccis-toyama.or.jp/tonami/yotaka/top.htm

下記URL参照:ヨタキチ(夜高キチガイ)砺波市内在住の方が作られたサイト
http://tonamiyotaka.fc2web.com/index2.html



f0125091_98497.jpg
足場を組み立て
高所恐怖症にはキツイ

f0125091_99329.jpg
シートを被い
仮設製作小屋完成

無届なのだが・・


f0125091_991783.jpg
メインの山車
裁許(リーダー)
が竜頭を造る

毎年、全て紙を貼りなおし
蝋挽きをして着色
紫外線で色は飛んだ


f0125091_99399.jpg
吊物①破損している・・・


f0125091_995553.jpg
吊物②破損状況酷い
作り直しなのだ・・・
デザインどうしよう


f0125091_9101349.jpg
亡父の作品
誰も超えられない



あぁ~、毎年の事なのだが、夜高終わるまで仕事にならん・・・(汗)
[PR]
# by sinmyo | 2007-04-16 09:11 | Comments(4)

新築祝い

2月に完成した邸宅での新築祝いに招待いただいた。
新しい住まいでの生活が落ち着き、やっとテーブルが揃った。
富山では有名な「simoo desigin」の作品
ダイニングテーブル×2、座卓がある。

親父さん、棟梁(息子さん)、社長、現場監督と続き間の座敷にて楽しい時間でした。
呑む機会は、アルコールに弱い自分にとってはキツイことなのですが、
気分が良かったのが、日付が変わる頃まで気持ち良く呑み続けた。
新築計画から、工事中、新しい住まいの話題よりも、これまでの親父さん息子さんの成長
のプロセスから仕事関係そして、野郎同士でしか話せない話題が最も盛り上がった(笑)
仕事に携わらさせて頂き、もてなし頂き、とても感謝しております。

住宅とはいえ、光の演出はキレイに仕上がったと実感している。

「光の演出と空間の質」
光の演出とは、空間の質を高める事である。
光の照らし方によって、空間は上質にもなるし、品を失うこともある。
たとえば毎日を過ごしている空間も、柔らかな光でほんの少しの演出するだけで、
とても味わい深く、いちだんと心地よくくつろげるようになる。
そこで、ダウンライトの調光と壁面の和紙に間接照明をあしらった。
そこが夜になると、ほのかな明かりで照らされたやすらぎの空間に変わる。
品格が増し、贅沢な雰囲気が満ちあふれる。
ここでは誰もが自然に和み、心地よい刺激を受けるに違いない。

f0125091_182458100.jpg


f0125091_18252359.jpg


よっぱらいながらも、三脚無しでキレイに撮れました!

WORKS参照 「ワクノウチのある大家族の家」
http://www.sinmyo.net/oono/oono.html
[PR]
# by sinmyo | 2007-04-15 18:31 | 仕事 | Comments(0)

なにかと続くもんだよね・・・

週初めの出来事から、怒涛の1WEEKでした。
たくさんの方からのカキコ、電話、メールでの心強い励まし頂き感謝しております。
イイ事の後にはワルイ事が、ワルイ事の後にはイイ事がっ・・・
神様は人生を公平に送れるようにされたものですね(苦笑)
人生そのものが修行と実感しております。

これだけの事が連打されたら、後はラッキーと思いたいところでしたが、
今度はクルマの異常が発生してもうたっ・・・・


f0125091_8214670.jpg
伊藤豊雄デザイン
岐阜の葬祭場をバックに
オペル アストラワゴン

もう12年と数ヶ月の付き合い
走行距離は約17万キロ
愛着があり、全く飽きない
一生乗り続けたいとも思う。
普遍的なカタチが好きだ。
カタチあるもの、いつかは・・・


先週末からは兆候があった。車庫の中がガソリン臭い・・・
しばらく様子見ということで、放置しておいたのだが、木曜頃にはピークに
お世話になっている工務店の社長と専務が同乗する機会があった。
「ガソリン臭くないかっ?」の問いかけに、「チョット・・・・」
車内までにガソリンの臭いが充満するようになってきていたのだ。
帰路の際には、さらに酷くなっていき、呼吸困難に陥るくらいに臭くなっていた。
雨も降っておらず、寒くも無かったのが幸い、窓全開で自宅までこぎつけた。
車の下を覗くと、ガソリンポタポタ・・・漏れとるやんけ!
某ディーラーにメカニックの友人がいる。
彼から車を買ったわけではないのだが、快く我が家の車を全てケアしてくれている。
次回は彼から買わなくちゃならないんだよなー・・・・選択肢限られちゃいますがー(苦笑)
早速、診てもらった結果、タンクからエンジンまでの給油ホースの劣化だった。
治療費は¥3000(税込) 安い出費で助かった!
もし、何かの拍子で引火→炎上だったら大変な事だっただろう。
月曜の事態から事故でサイアクの人生で終了なんてゴメンだっ。
まぁ、何かと続くもんだよね・・・(汗)


f0125091_8372463.jpg
「今度の車検するな!」
「新車、買え買え!」
と友人に煽られながらも、
いくつかの車を見ていた。

とある車のカタログ
インテリア本みたい
車よりカタログに心惹かれた


車の技術やデザインも進化しているのだが、カタログも進化している。
カタログの建築写真を見たいというだけで、数冊失敬してきてもうたっ。
 「細やかな造り込み」 「光の演出と空間の質」 「もてなしの心理」・・・・
建築の要素と共通するような主旨が載っているのに感動した。
仕事での設計プレゼンの演出の参考になりそうだ。
N社のカタログは一見の価値アリ! 
[PR]
# by sinmyo | 2007-04-14 08:48 | 仕事 | Comments(2)

こんなのって、ありかよ!

ネガティブシンキングに陥りそうな感じ・・・・
そぅ、マイナスのスパイラル状態です・・・・痛
イイ事の後にはワルイ事が、そしてワルイ事の後にはイイ事があるものです。
今年に入ってからは、何気にイイ事が続いていた。
図に乗らずに謙虚に要る事で、イイ事が持続できると信じていた。
何事も自鎮して、熱いモノを内に秘めて穏やかに過ごしてきた。

知人が県議会議員に当選し喜んでいた昨晩から、一転・・・
痛く辛く、落ち込んでしまいそうな出来事の連続
こんな事をブログに書くなんて自分らしくないでしょうが、
膿を出す思いで書いちゃいました。
事情が好転したら、今日のブログは削除したいと思います。

・あれれ?
 半年前に実施設計まで完成させた物件があった。
 資金的な事情も有り、数年後に延期のはずだった。
 たまたま近くを通りかかったので、ふと前を通ると・・・・
 ボクが描いた図面のまま建っているではないか!
 設計パクリ!? そうパクリパクリ・・・・痛
 いったい何だったのだろう?? 自分を否定された気分になった。

・おぃおぃ・・・
 随分前から知人の内外装リフォームの相談を受けていた。
 主にインテリアコーディネート! 具体的な内装品番まで検討していた。
 いつの間にか、外部に足場が架けられており、不思議に思っていた。
 今頃になって 「色どうしよう?」って言葉に、言葉が出なかった。
 ???オレの方がどうしよう???って言いたいよ。
 おぃおぃ・・・知人とはいえ、オレはボランティアじゃないんだぞ(汗)
 格安でインテリア設計を受けるつもりでいたが、半年近く御無沙汰しててなんだよ(怒)
 
・価値観
 遠い知人から、とりあえず図面描いて欲しいってことで、設計依頼を受けた。
 久々の対面に世間話で盛り上がったところで本題に・・・・
 ボク 「とりあえず?って何?どんなのを目指すとかって思いはどう?」
 カレ 「まぁ、とりあえずってことで。なんとなくカッコイイのできそうだからー」
 ボク 「カッコイイ建築ってどんな部分に感じるの?」って問いかけに対して、
 某安売りハウスメーカーの例とか、理解し難い要素がたくさん出てきた。
 カレ 「設計料って高いなぁ~・・・ハウスメーカーは設計料なんてかからないのにー」
 ボク 「基本設計で気にいっていただけなければ料金はいただくつもりはないよ。」
                   中略
 ボクを必要としている思いは感じた。なんとかしてみたいと思ったが、
 基本図面だけだったら無料だよね?と念を押すような言葉に良い印象を持てなかった。
 また、ハウスメーカーを引き合いにして、タダで描かせようという臭いも強く感じた。
 その図面を他に持ち込むつもり?安ければいいの?そんなケースはよくある。
 これまで、そんな経験をしたこともあり、こういうケースはお断りするようにしている。
 ただ、建築の価値観が共有出来そうにも無かったことが残念・・・丁重にお断りした。
 現在、抱えている仕事に全力を注ぐことが大切だと判断してしまったからだ。
 高飛車って思われそうですが、共に創り、価値観の共有と信頼関係が無ければ、
 絶対に絶対にイイ建築になんて仕上がるわけがないのだ!
 「とりあえず」 「なんとなく」って曖昧なワードは好きにはなれない。

・設計の責任??
 施工側の不手際で問題発生! なのにオレのせぃ?
 大工さんの高さ取付ミスが原因なのだが、クレーム処理に対応した。
 連帯責任なのは御尤もなのだが、自分のミスを棚に上げて、
 施主前で設計者がチェックしないと・・・って苦言を吐かれたのには驚いた。
 幸い、気がついたのが早かったので、ダメージは少なかった。
 施主に指摘されるようじゃ、まだまだボクも修行が足りない・・・(反省)
 施工側の自分を棚に上げての苦言に、怒る気もせず、ただ呆れた。

・下請け
 まだ実績不足のボクなので、下請けの設計業務を請けてます。
 お客様と面談する営業設計から基本設計と申請業務のみという条件での仕事
 大工中心の家造りなので、設計側のデザインというものは否定されてしまう。
 なのに、いつの間にか設計監理をしなければならない状況に・・・・
 お客様に厚く信頼されているとはいえ、これは越権行為になってしまう。
 デザインの観点で、自分を押し殺しながら現場対応しなければならないことが辛い。
 ボクのタイトなスケジュールの中での長時間に及ぶ打合・・・分単位で焦りがっ・・・・
 ボランティアに近い動きではあるが、なんとか成功させたい思いだ。
 損得勘定で動く人間にはなりたくないが、正直キツイ・・・・汗
   
・シガラミ
 基本設計も完成し、これから実施設計の大詰めに入るはずだった。
 お客様の親御さんが登場され、親御さんの価値観と立場、シガラミ?の問題で、
 今回の件は全くの白紙になることとなってしまった・・・
 2007年サイコーの建築となるはずだったこともあり呆然とした・・・
 お客様との関係の枠を超え、友達関係のように色々と話し合い、
 とても気が合い、ツーカーの仲まで構築していたのに誠に残念だ。
 ストップしなければならなくなり、お客様の涙と共にオレの目にも涙が滲んだ。
 こういう状況になったけど、今後も個人的に付き合いしたい思いの言葉をいただいた。
 そんな言葉が嬉しい反面、どうしても完成させたかった思いが強すぎたのか、
 余計に悲しくてたまらなかった・・・・(涙) 
 一年に一度あるかないかの悲しい出来事だった。

・ケガ (出血多量?)
 深夜の帰宅、こんなときこそ安全運転。いつもよりスローペースでドライブ。
 こんなことが続き、落ち込んだ気分で車庫にクルマを駐めて、
 トランクにある荷物を出そうとしたら、どっかで手の甲を引っ掛けてしまい、
 痛みを感じたが、そのまま仕事部屋に上がってきた。
 手を見ると、かなりの出血(驚) 血が止まらなく、舐めても舐めても血がっ(焦)
 口の中は血のテイストでいっぱいに・・・

こんな事が一日で起きるなんてメチャ疲れました。
泣きそうです。吐きそうです。 当分立ち直れそうにもありません・・・・ 
寝るとイヤなことも忘れる性格なのですが、眠れそうにもありません・・・

ただ、命があることは救いです。感謝してます。生きていれば何とか成る!
悪い事の後にはイイ事がっ!と自分を信じてポジティブに生きていこう!
それいけ!ポジティブシンキングだっ!

そう自分に言い聞かせながらも、どんどん夜は更けていきます。
[PR]
# by sinmyo | 2007-04-10 00:49 | 仕事 | Comments(26)

ピカピカ

ピカピカの一年生!長女モモの小学校入学式
保育園入所から早3年、子供の成長のように、時間の経つのは早い。
ボクの母校に入学、自分が卒業してから24年も経つ。
懐かしい校歌だ♪ 「つとめはげまむ ああ我等 ♪」
童謡「春の小川」の作曲者が創った曲だという。
上級生の校歌斉唱に、思わず口ずさんでしまった。

f0125091_0174072.jpg
ママに手を引かれて小学校へ
子供の足で20分弱の通学だが、
雨の日も風の日も雪の日も
耐えて、楽しんで歩いてほしい。


親として希望と期待と不安の気持ちでいっぱいだ。
昨日、お客様より心強いメールをいただいた。以下、メールの一部

 「 第一子だから何が起こるかと、どきどきの小学校生活だと思います。
  子供はたくましく、親の心配をよそに、がんばってくれるので、大丈夫です。
  親の不安は子供に伝染していきますから注意しないと。
  明日はしっかりお父さんの存在をアピールしてください。           」

ささやかな言葉に感謝の気持ちでいっぱいです。たしかに心配しても仕方が無い。
流石に3人の子供を持つ母親の言葉には説得力と言霊を感じた。

父親としてできること・・・
モモの自主性を重んじ、愛情を持って接し、共有する時間を大切にしたい。
教育として、「TEACH」ではなく「COACH」 教えるではなく、導くことだ。
ヒントを与えて導く。自分の方針として、相変わらず、モモを一人の人として接したい。
自主的に事を成し遂げる事、周囲との調和と仲間との対話能力を養い、
失敗してもいいから、自分で考えて、自分の足で歩き、しっかりと足跡を残してほしい。
きっと、たくさんのトモダチと切磋琢磨し、いっぱいの楽しい思い出を残すだろう。
いつまでも、素直な気持ちを忘れず、ピカピカなピュアな気持ちでいてほしいものだ。
[PR]
# by sinmyo | 2007-04-05 23:23 | 家族 | Comments(3)

素人の家具職人②

素人の家具職人シリーズ第二弾!
とうとうチビのデスクをセッティングしました!
未完成状態なのですが、なんとかデスクとして機能するまできました。
あとは左側壁面に本棚を設置するのみ。

FACTORY SINMYO


f0125091_1333832.jpg
しばらくはリビングに設置
モモとスズが並ぶ想定で
チェアは2脚購入した。
とにかくチェアの選定迷ったー
幅1600、独りにしては広過ぎ
スズが小学校になったら拡張
天板を替え、両脇引出し計画
いつまでリビングにデスク?
狭いリビングが更に狭くなった


f0125091_1344276.jpg
まだ、リボスが乾ききってない・・
舐めても無害な塗料
とても高価だが価値はある。
脚は筋交に使う105×45米松
鉋で削り角を落として同色塗装
積層板を載せ裏からビス留め
いたって簡単なつくりですが、
引出しボックスの造作加工が
とても労力かかりましたっ(汗)
俺の仕事デスクよりイイじゃん!


明日は小学校入学式、通学路の桜も開いてきた。
仕事の調整もついたし、両親揃っての参加だ。
初々しいピカピカのランドセル背負ったモモの姿を楽しみにしている。
[PR]
# by sinmyo | 2007-04-04 13:20 | ハンドメイド | Comments(2)

素人の家具職人①

もうすぐ長女モモが小学校入学!
必要とされる学習机の購入計画で悩んでいた。
普遍的なデザインのデスクを与えてあげたい。
大人になっても大事に使って欲しい。
女の子だから可愛さも必要だろうが、大人と同じ扱いにしたい。

そんな思いの反面、個性を大事にしてやりたい。
ウチのモモは他のチビ達とは何かが違う。
単にオヤジの様に変わり者かっ・・・
一応、デザイナーの端くれの娘が使用するのだから・・・

オレの熱い愛情ってことと、市販のモノでは気に入らない
ということで、オレがデスクを製作するという決断をした。
忙しくて、造っている場合じゃない日が続いた・・・
正月休みから空白の3ヶ月弱・・・月末から製作再開
昨年暮れから構想していたデスク製作も大詰め
素人家具職人が作るデスク。構想はシンプル!

FACTORY SINMYO


f0125091_16295156.jpg
二台の引き出しボックスが完成
上二段は小物、最下部はA4収納
面材はラワン合板
角は鉋で削り、サンドペーパー処理
100番→240番と極細やかに
自宅リフォーム時に使い
余っていたリボス二度塗り仕上
これで色彩はインテリアに合う
SUS製取手はシンプルなモノに


f0125091_1630252.jpg
引き出しのボックスは
下地に使う60×15の胴縁
裏よりシナベニヤをあてがい
スライドレールでスムースな開閉
面材を裏よりビスにて取付

本来なら下地に使う材料も
加工し磨き塗装で十分にイケル!


f0125091_16301156.jpg引き出しボックス上部より

天板は仕上げをしていない。
1600×600×30の積層板
を上から載せて、下よりビス固定
とりあえずリビングに設置
しばらくは、モモが独りで使う。
次女スズが大きくなったら、
2600×600×30の積層板
二人並んで使う構想だ。
その頃は二人の子供室かっ。


あとは本棚製作を残すのみ・・・
本棚材料は加工し塗装済み、もっともテクニカルな領域
入学より後になりそうだが、週末には完成予定だ!

ボクが子供の頃、祖母と両親とデスク選びに出かけたのを覚えてる。
そして、窓から搬入された日も鮮明に覚えている。
きっと、子供心には嬉しかったに違いない。
埃まみれになって製作したオレの姿を一生覚えていて欲しいなぁ・・・
[PR]
# by sinmyo | 2007-04-03 17:20 | ハンドメイド | Comments(4)

ナゴヤサイコー!

数年ぶりの同窓会っていうか、学生時代の仲間と集まる機会ができた。
3年前に友達が結婚式を挙げた時以来の顔合わせになる。
仕事が溜まっていたが、この日のために調整してきた。
ホントは遊びに行っている場合じゃないんだよね・・・・

みんな36歳、今年で同級生は37歳になる。
気持ちは学生の頃のままなのだろうが、それぞれ色々な道で活躍している。
アイアン家具職人を目指す友、今春から課長昇進した友、人のために行政で働く友
8年前から独立開業して絶好調の友、万年平社員って感じの友
2人だけが独身貴族、立ち寄った友人宅で母親が嘆いていた・・・(苦笑)

久々の集合、やっぱり36歳
中年太り化、白髪、ハゲ・・・みんな風貌的に変化してきている。
オレの中年太り化には驚かれた。最近よく言われることなのだ(焦)
ダイエットというワードには無縁で生きてきたが、なんとかしなきゃ・・・

栄のカプセルホテルに泊まることとして、近辺で呑み歩いた。
「世界のやまちゃん」名古屋といえば手羽先。5時半頃から呑み始めた。夜は長い。
食べた、呑んだ・・・(アルコールは昨年末のある事件以来セーブしてますが)
カラオケ、何年ぶりだろうか?最近じゃ行く機会なんて全くありゃしない。
唄のテーマは90年代前半♪ なんだかんだ憶えてて、歌えるもんだね♪
大人数だとマイクまわしてメドレーが盛り上がります。
夜も更けていき、土砂降りの中で36歳野郎達の行く末は・・・・・(ナイショ)

どうしても、午前中までに帰らなくてはならない用事が出来てしまい、
結局3時間しか眠ることが出来ず、翌日8時にチェックアウト、
寝る前にサウナの休憩室で交わした対話が別れの言葉となった。
次回会うのはいつの日になるのか・・・

帰路の東海北陸自動車道。
荘川で降りてR156へ行かなくちゃならないのに、飛騨清美で降りてもうたっ。
ボーッとしていたのか、前の車の車間距離だけを気をつけてドライブ
見慣れない風景に気がついた。看板には「高山 松本 平湯」???
間違えた・・・・飛騨清美→荘川へ戻った飛ばした、眠気もぶっ飛んだっ。
計100キロのロス、ガソリン代とかってよりも貴重な時間をロスしてもうたっ。
荘川IC出口付近、バイク転倒事故!?ICから降りることが出来ない・・・
救急車が来て懸命の救助活動している。40分くらい経っただろうか。
急いで救助しなければならないのに、救助隊の動きが慎重過ぎ。
バイクはとんでもない壊れ方している。どうやら、亡くなられた様な雰囲気だ。
この件もあってか、気を引き締まった。なんとか無事に自宅へ着いた。
建築探訪、遊びも含めてサイコーな2日だった。




f0125091_10225880.jpg
伊藤豊雄デザイン「瞑想の森」
RCシェル構造の建築
ガウディを彷彿される雰囲気
本日は休館日で中には入れず、
普段、入れなさそうな外部まで
じっくりと観させていただいた。


f0125091_10231878.jpg
ガラス際の草むらへ
コケたら池ポチャだ・・・
かなり長時間水際に居たなぁ。
ボクの時間と空間がトリップし
妄想癖の世界へ入ってしまった。


f0125091_10233523.jpg
水面に映る屋根のフォルム
穏やかな水面と曲面が美しい。
この時期、八分咲き桜だった。


ガウディの建築を見て回った頃を思い出した。タイルを使用しないガウディって感じ。
RCシェル構造の屋根、異常とも言うべき3次元空間、それが不思議な気分にさせる。
また、建築の可能性の凄さと、自分の非力さを感じた。
大規模建築よりもランドスケープ、人の心に影響をもたらす建築の方が好きだ。
この世とあの世の中性的な空間をイメージされたのか・・・
この建築は火葬場。たくさんの人の魂、遺族の悲しみ等、色々な念が取り巻く場。
立ち入ったことには申し訳ない思いでした。もちろん、帰るときは合掌しました。

f0125091_1023564.jpg
ランチは 「ウナギ」 
この地方では有名な店らしく、
芸人、野球選手の色紙がたくさん
「ひつまぶし」を賞味した。
めちゃ旨い!サイコーやっ!
¥2100 高いか安いか・・・
この味では安いと思います。
久々のグルメショックでした。


f0125091_10241969.jpg

友達が運転する車窓よりの一枚
ルーセントタワーとミッドランドスクエア
最近の名古屋市内(駅前)が熱い!

東京同様に二極化しているようだ。

先ずはミッドランドスクエアを目指す。


f0125091_10243828.jpg
ミッドランドスクエアの展望台
加速するエレベーターには驚いた
心臓の弱いお年寄りはNGかっ?

新幹線がオモチャに見える
ナゴヤドーム、名古屋城、がミニチュア化

夜景は凄いんだろうなー・・・・



f0125091_10245585.jpg
全体的にカチッとした雰囲気の中
展望台へのプロセスでこんな空間があった。
ピンクだったら草間彌生かっ(笑)

多少閉塞感を感じる空間が多かったが、
敢えて狙ったというところか?
壁面にダークな色彩、グレアレス照明の多用

映画マトリックスみたいな雰囲気の
SHOP 「ディオール オム」 発見!
驚いた感動した、スゲェ~!
しかも、商品にプライス表示が無いし


f0125091_10251433.jpg
名古屋モード学園がオーナー
将来のデザイナーを育成する空間
仮称「名古屋スパイラルタワー」
来春竣工だとか?完成が楽しみだ。
構造体からスパイラル状のフォルム、
窓の表情は表参道のプラダを感じさせる。

最近の名古屋は熱い、サイコーだ。


f0125091_10254549.jpg
栄のインテリアショップに立ち寄った。
今年オープンした「イン ザ ルーム」
最近では家具のセレクトショップが増えている。
インテリア、ライフスタイル提案型ショップだ。
大好きなイームズチェアを発見!
図々しく長時間座った。やはり座り心地が良い。
やっと見つけた自分に合った椅子なのかっ?
ライトのタリアセンとディスプレーしてあり、
思わず黙って写真撮ってもうたっ。



気に入ったSHOPのファザードがたくさんあり、写真に収めておきたかったー。
デジカメを持っていると、「指差されてるぞっ」と友達からの忠告。少々凹みました。
ミッドランドスクエア内は写真を撮れる雰囲気じゃありませんでした・・・
SHOPデザイン、商業施設照明計画のトレンドを肌で感じたね!
二極化が進んでいる世の中、大都市では庶民とセレブの差は大きくなっている。
ミッドランドスクエアなんて子連れで行ける雰囲気じゃないんだよね。
土曜の午後だったけど、子連れファミリーってレアな存在でした。
ん~・・・庶民が立ち入る場じゃないな・・・
[PR]
# by sinmyo | 2007-04-02 12:34 | 建築 | Comments(4)

ケンチク探訪

仕事のスキマにケンチク探訪ということで、
富山で最も好きなケンチク「福沢コミュニティセンター」を再訪した。
初春の候、木々の生命力が最も強く感じる季節。
新芽には程遠いが、一気に生えるパワーを蓄えているオーラを感じた。

f0125091_2492321.jpg以前に訪れたのは真夏の季節
当時は地域のイベントだったのか、
人も多く、活発な感じだった。

季節と天候、地域風土次第で
ケンチクの表情が変わる。
なんだか穏やかで、優しい気持ち
にさせてくれる空間だ。

その時の気分によるだろうが、
何度訪れても、それぞれ感じる事がある。

また、少々朽ちた外壁の表情と
背景の森林との組合せが好きだ。


f0125091_249537.jpg仕事の仲間と一緒に訪問
どうやら初めて訪れるという。
お互いに仕事に行き詰まったときに、
直球で物申しあえる関係だ。
彼がどんな観点で見るのか、
最も興味があったことだ。

ケンチクデザインを提供する者同士、
通じ合い、信頼し合い、励ましあい
ときには厳しく、そして褒め称える。

こうした優れた空間の中で、
双方のケンチク談義に花が咲いた。


なんだかんだ、二時間近く滞在してもうたっ。
それから、常願寺川沿いにある「ささやき橋」へ向かった。
立山山麓でスノボに行く時には、何度も近くを通過していたのに、
ボク自身、写真で見たことはあったが、初めて訪れる場所だ。


f0125091_2501071.jpg
桜並木の中、ささやき橋は存在する。
つぼみも大きく膨らんできていた。
来週がサクラの見ごろかっ。

穏やかな気候と水の音、
木々の香り、光る水面と青い空
なんだか座り心地良いベンチ
ん~、五感で感じるケンチク
全てにおいて気持ち良い。

デザイン云々っていうよりも、
五感で快適かどうかが焦点だ。



f0125091_2502213.jpg奇を衒うカタチだが、
H鋼と木の組合せ、
独特の表情の板金仕上。
キッチリと黄金比を
捉えたフォルムが
地域風土に上手く
溶け込んでいた。

なんとも穏やかな光景だ。


狭い富山ではあるが、ささやき橋は初めての発見!
またひとつ、お気に入りの場所が増えた。

仕事に行き詰まり、こなすだけという雰囲気の中、とても良い気分転換になっただろう。
デザインを提供する者同士で、僅かな時間だったが、大きなヒントを得た気がした。

近頃の楽しみはスキマ時間を心地良い空間でゆっくりと過ごすことだ。
次のスキマ時間は何しようかな・・・・
[PR]
# by sinmyo | 2007-03-29 22:22 | 建築 | Comments(5)

掲載

f0125091_1147899.jpg

先日より自分の中で賑わっているサティスフィア。
出版元から本格的な原稿が届きました。
なんと、目次ページにデカデカと採用されているではないかっ(驚)
ホームページTOPICS更新しました。
http://www.sinmyo.net/satisfia.pdf
[PR]
# by sinmyo | 2007-03-27 11:45 | 仕事 | Comments(0)

地震の恐怖と不安

2007年3月25日午前9:42
先週の疲れの回復にと、連日8時間睡眠で充電完了!
遅めの朝食を摂り、朝シャワー
シャワーからあがり、髪を拭いていると
 「ガタガタ・・・」
てっきり子供たちが、ふざけているのかと思った。
 「ん?なんか変だっ・・」
キッチンに行くと、妻が立ちすくんでいた。
 「ありゃ、地震やっ・・・焦」
だんだん揺れが加速していく!
こんな揺れは経験したことが無い!
H1800のシェルフが転倒する恐れもあり、
子供たちをシェルフから遠ざける。
短時間だったが、いろいろな事を感じ、行動した。

その自分が執った行動は正しかったか?
子供の頃、学校では地震時はデスクの下へって習った。
恥ずかしい話だが、デスク下へ導くことが出来なかった。
お互いに唖然として見詰め合うだけで、呆然としていた。
しかも、オレってパンツ一枚の状態・・・・恥

揺れが納まり、仕事部屋が気になった。
H1800の本棚が転倒していないか不安に。
なんとか転倒せず、全く被害は無かった。

81歳の祖母が大丈夫か不安になった。
急いで駆けつけると、意外と毅然とした態度だったのに対し、
母親は電話が繋がらないと不安がっている。
地震直後は、どこが震源でどうなっているのか全くわからない。
NHKでは速報が流れているが、情報が無い程不安なものはない。

祖母が母親を妊娠中に体験した福井大地震以来の揺れだと言う。
俺にしてみても、母親にしてみても、初めての大地震。
長女モモは恐怖と不安に泣き出した、
次女スズは揺れがエキサイティングだったのか喜んでいる (バカッ!)

震源が能登沖とわかり、津波注意報が報道されている。
福井県北部の海沿いに住む妹と連絡が取れない。
まさか、大津波?と不安になる母親・・・
ケイタイはつながらなかったけど、メールはつながった。
家族、親戚の安否が何よりも不安なことだろう・・・

祖母、母親が言うには、オレみたいな息子でも近くに居る事が心強いという。
能登地方では高齢化の町や農村が大半という現状。
田舎に親を残し、都会で暮らす息子たち・・・きっと親御さんは不安だろう。
テレビで映る祖母、母親の年齢に近い人を見ると、他人事とは思えなかった。
これまで迷惑かけた分、親孝行しなきゃな・・・・

自宅の居住部分は構造部築35年、4年前にリノベーション。
親部分は17年前に増築。いくつもの構造部に分かれている自宅。
俗に言う、分離2世帯住宅ってカタチとなっている。
旧の構造耐震基準。最近話題になった耐震偽装した建築より弱いのだ。
幸い我が家には全く被害が無かった。

遠くの友人やお客様、仕事関係の方からの電話、メールありがとうございました。
気にかけていただいてくれた気持ちに感謝の気持ちでいっぱいです。
でも、余震を感じる度に、恐怖と不安が過ります。

防災グッズの準備が必要と思ってます。1月18日ブログ参照
たまたま日曜で自宅に居る人が多かっただろうが、
もし仕事の時間帯で、工事現場に居たら・・・と思うとゾッとしてしまう。
地震に安全と言われている北陸だが、防災認識は強く必要だ。
いつどこで災害が発生するか判らない。数十年周期とはいえ、
地球の歴史から見ると、人間の一生は一瞬にしか過ぎない。

被災地の皆様、このような時こそ元気を出して、励まし合い頑張って下さい。
一日も早くもとの生活に戻られることをお祈り申し上げます。
[PR]
# by sinmyo | 2007-03-25 21:22 | オヤジの独り言 | Comments(8)

ゴシュウリョウ

穏やかな春らしい気候の中、長女モモの保育証書授与式。

早いもので入所から3年・・・一緒に歩いて通った道
日頃居ないパパに甘えるモモ、ずっと抱っこして歩いた日もあった。
雨の日も雪の中も歩いた、殆どはママと車で登所だったかっ
4月からモモは小学校、近所のお姉さんと一緒に通う。


f0125091_0291834.jpg
保育証書を受け取るモモ
最後部の保護者席より
ビデオ撮影と写真撮影
新型DVDカメラとはいえ、
長時間三脚無しはキツイ

感極まって涙する親御さんも
多数いらっしゃいました。
「お母さん・・・メイクがっ!」
ってジョークも言えない(笑)



次女スズは保育所へ、あと3年通うこととなる。
まだまだお世話になりそうだ。

モモおめでと~♪
[PR]
# by sinmyo | 2007-03-24 22:23 | 家族 | Comments(0)

T M G C

f0125091_9484576.jpg


T M G C = タマゴッチ
いつの間にか、オレが世話しなくちゃならなくなってもうたっ。
比較的に時間が自由になるというだけでの理由なのだが・・・

これまでヨメが昼休み中に世話をしていた。
勤務配置の都合で、仕事場で持っているわけにはいかないそうだ。

放っておくと、病気になったり、空腹になったり、機嫌が悪くなったり・・・
そのうちに死んでしまうという、なんとも世話の妬ける奴だっ。

時々、トイレの世話、食事、おやつ、遊び
気を抜くと、ハートマーク(空腹と機嫌の度合い表示)がゼロとなる。
そのままだと死んでしまう・・・何度死なせてしまっただろうか。

さすがに保育園にもっていくわけにはいかない。
死んでしまうと、なぜかオレがチビに怒られてしまう(笑)

本日でパパとチビ姉妹の登所が最後となった。明日は終了式、4月から小学校。
短い春休みになるが、今月いっぱいまで保育所は面倒を見てくれる。

共働き家庭だと、この時期は子供の面倒見が大変だ。
睡眠時間削ってでも、子供の面倒見の時間を大切にしなくちゃなー。
祖母に見てもらう家庭が大半だろうが、祖母も仕事をしている。
家族協力あっての育児となる。TMGCはゲームだが、育児は待った無しだ。
幸い、ウチは夕方早い時間にママが帰宅する。
フル勤務で遅い時間まで働く核家族のママは大変だろう・・・
ママが料理、家事等をする姿を見て、娘達は育っていく。
手本となる姿を見せて、手抜きはしないママの姿勢はスゴイっていうか当たり前。
オレは働き、そのプロセスや結果、生き様を娘達に見せる。
見せるっていうか、自然と両親の姿を見て育っていくのだ。

早朝から深夜まで勤めていた頃の子供達の成長過程は空白みたいな感じ。
平日はおろか、土日祝日も接する時間が無かった時期から比較すると幸せな事だ。
自分の思いとしては、子供達の成長をキッチリ見届けたい。
[PR]
# by sinmyo | 2007-03-23 10:04 | オヤジの独り言 | Comments(3)

リゾートとスローな暮らしを目指した地上の楽園

f0125091_849528.jpg

INAXサティスフィア掲載原稿が出来上がってきました!
2月22日ブログ参照

タイトルは「リゾートとスローな暮らしを目指した地上の楽園」
チョット長いタイトルですが・・・そぅ、楽園を目指しました!

全体的に結果は大成功だったと思います。
しかし、ディテールも詰めなければならない課題もみつかり、まだまだです・・・。
ケンチク家ダイスケの進化に向けて、やっと一歩ステップアップしたところです。
驕ることなく、貪欲にデザインを追及し、人間としても成長していきたい!

出版はいつになるかわかりませんが、
昨日が最終原稿チェックだったので、近日中でしょう。

乞う御期待を!
[PR]
# by sinmyo | 2007-03-21 08:49 | 仕事 | Comments(0)