建築、 日常の独り言
by sinmyo
新明設計
http://www.sinmyo.net/
カテゴリ
全体
仕事
建築
アトリエ日記
ハンドメイド
オヤジの独り言
アウトドア
遊び
家族
三ヶのコートハウス
呉羽の家
川縁の家
城山町の家
出町中央の家
水廻りリフォーム
広上町の家
芝園の家
木津の家
窪の家&Joule hairstudio
御蔵町の家
岩武新の家
エステルーム七彩
住吉町の家
茶房きらめき
BALI PARADISE
となみ野のコートハウス
伏木の床屋さん
三国町の家
菊華台の家
となみ野 二世帯住宅
Funny's Kitchen
下新町の家
GLAMANY hair works
大島の家
ビストロ LeCercle Rouge
JOUIR HAIR
石坂の家
本郷町のコートハウス
緑町のコートハウス
福野の家リフォーム
ドッグラン ハウス
向新庄のテラスハウス
大泉のテラスハウス
RCコートハウス
ツインコートハウス
DINING WENGE
剱岳をのぞむ家
Little hobby house
ガレージ増築
平屋のコートハウス
となみ野の家
空中庭園の家
BALBAL SUZUKI
田園の家
スナック順子
多世代同居の家
カンティレバーガレージの家
医王山をのぞむ家
ベイエリアをのぞむ家
オープンテラスの家
めいすいの家
コックピットのある家
2008こどもの城づくり事業
狭小地のコートハウス
最新のコメント
chidorigoさま ..
by sinmyo at 18:14
> ランドレさん ご丁..
by sinmyo at 18:10
虎仮面さま 石庭下部は..
by sinmyo at 18:04
虎仮面さま コメントレ..
by sinmyo at 18:04
今年知人が谷川岳で遭難し..
by chidorigo at 13:29
初めまして、同好の者です..
by ランドレ at 23:29
旅館の離れのような玄関で..
by ex0tja at 15:51
虎仮面です あー 昨年約..
by ex0tja at 15:49
最新の記事
祝上棟
at 2018-02-21 23:57
基礎鉄筋検査
at 2018-02-21 23:55
GRAVITY
at 2018-02-14 22:04
パンデミック
at 2018-02-07 23:16
冬季の基礎工事
at 2018-01-24 22:16
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
検索
ブログジャンル
画像一覧


2010年 04月 21日 ( 1 )

完成!

  残すは保健所と建築完了検査でBALBALさん宅が完成、そして引渡しへ・・・
  「親しみのあるBALBALさん♪」というワードがピッタリ似合う店主、鈴木さん♪
  4月22日(木)のグランドオープンに向けて、開店準備で連日大忙しです・・・(汗)
f0125091_0194771.jpg
  地域の景観を無視することなく、カタチやスタイルを踏襲することなくデザインした。
  やっぱり、親しみあるBALBALさんには、温かい風合いの木質感が似合いますね♪
f0125091_0195627.jpg
屋根板金を折り曲げて外壁と一体形成。正面ファザードを特徴つけると共にシンプルに。
シンプル化した分、エントランスと1階部分板貼外壁の木質感を強調する演出を狙った。
f0125091_020260.jpg
住宅部分エントランス。居室とは対照的に、やや閉じ気味で難解性を持たせてみました。
おそらく乱雑に自転車が駐められるだろうか。豪雪地域ということもあり、ポーチ内側に
自転車3台駐められる空間を設け、玄関ドアと外壁を同化させたデザインが特徴的です。
住宅玄関からは、もてなしの場である外部ウッドデッキへ直接アクセスできると同時に、
店舗エリア、和室土縁と光庭、ユーティリティ、車庫へも多彩にアクセス出来る動線に。
生活スタイルシュミレーションはもちろん、光と風を採り込むプランニングの巧みさです!
f0125091_020949.jpg
まさに200%の開放感!「視線の抜け感」がLDK空間デザインの最大優先コンセプト!
地産地消!富山県南砺市産材の杉床材にカラダに優しい自然素材であるオイル仕上。
コストダウンよりも自分達で造った実感のために床塗装はセルフビルド施工としました!
f0125091_0201542.jpg
 カウンターデスクチェアは「TRUCK FURNITURE」 ダイニングテーブル、ソファーは、
 引越しには間に合いませぬが・・・TRUCK日帰り弾丸ツアーリンク過去ログ参照

f0125091_0202176.jpg
 メイン開口は、切り取られるように、窓の姿が見えなくなるまで開くフルオープンサッシ
 段差の無いウッドデッキが視線の抜け感と相乗効果で空間に拡がりが生まれました!
 インテリアから突き抜ける全開放する窓の外は、遮るものがない広大なランドスケープ。
 内外部が一体化したテラスでは、隣接する畦道からは近所の方々との対話が生まれ、
 地域と人と空間とのさりげない関係から、開放的な暮らし方がフィットしてゆくのもの。
 空間のつながりが人と人をつなぐ。BALBALさんの個性が顕れる住まいになるだろう。
f0125091_0202661.jpg
   もうひとつのLDKの特徴は、見せる収納と隠す収納。そして、デスクスペース。
   お気に入りの本やCDはディスプレイの様に見せて、その他は収納へ仕舞い、
   北側に位置する窓は、終日安定した採光が得られ、直射日光に悩まされない。
   BALBALさん夫妻さま、モデル協力を快く受けて頂き、ありがとうございました!
f0125091_0203221.jpg
   近年、机と書棚を備えた「個室」として捉えられていた「書斎」が変化してきて、
   L・D・Kといったパブリックゾーンと「書斎」を一体化させた住まいが増加傾向、
   「書斎」の用途が多様化し、家族の関係性が見直されていることが要因だろう。
   パパが書斎に篭っては、子供達とのコミュニケーションが希薄になってしまうし、
   子供の監視とは大袈裟ですが、パソコンは見えやすい位置に有った方がイイし、
   小学生のうちは、リビングで宿題するだろうから、面倒が見やすい位置にしたい。
   そこで、家族の気配を感じられる安心感は、個室ではかなえられないもので、
   「読書する・パソコンする・音楽を聴く・趣味に没頭する・仕事する・・」などなど、
   それらの行為は日常の延長であり、借景への抜け感を採り入れた位置関係で、
   夫婦、親子がふたり並んで座ることの出来る、ゆとりあるデスクになりそうだ。
f0125091_0203744.jpg
 障子戸を開けると、玄関から直接アクセス出来る和室。「もてなしの心」がキーワード!
f0125091_020431.jpg
 多目的な和室空間は、時には拡げたり閉じたりする。開放的なLDKに対し閉じ気味に、
 「剛・柔」「動・静」のように、そのギャップが落ち着き感をもたらす和室空間となります。
f0125091_020558.jpg
 アトラクティブで開放的なLDKに対して、落ち着きをもたらしたい和室は閉じた場に。
 坪庭ならぬタタミ一畳の半坪庭と約6畳の和室をつなぎ、柔らかな光と風を取り込む。
f0125091_021318.jpg
   オーダーキッチンとなると高額な先入観がありますが、必要最低限を満たし、
   シンプルに計画していけば、既製品よりも意外に安価に抑えられました。
   自分だけのキッチンとなるオリジナリティは気持ち的に満たされるものです。
   生活でもキッチン→料理をすることは、生活の中で最もベーシックな要素で、
   家族の顔を見ながら料理する事で、味にも反映されますね。「つくる」楽しみ、
   「食べる」楽しみ。ダイニングテーブルを囲んでの家族の対話を大切にしたい。
f0125091_0211154.jpg
   フルオーダーのオープンキッチンの天板は清潔さを保ちやすいステンレス製で、
   シンク下部オープンとして、足元にはゴミ箱設置し、スライド網棚にはマナイタ収納。
   そして、食器洗浄器はミーレ製を採用。これは絶対・絶対オススメの逸品ですぞっ!
   背面に位置する収納には、食器、家電製品収納を計画し、上部にエアコンを隠す。
   趣味の家庭菜園もあり、ゴミ分別のために、多目的土間バックヤードも設けた。
f0125091_0211895.jpg
   キッチンとダイニングテーブルは並列配置。配膳・片付けはスムースな動線化。
   ウッドデッキとのつながりと拡がりは、大きく広がってゆく動的な感じと調和させ、
   そんなキッチン空間での日常生活を楽しむことは、とても幸せなことですね。
f0125091_0212435.jpg
 オールインワン・サニタリー。ゲストWCは店舗エリアと住宅エリアの中間点に存在し、
 2階にはトイレを設けず、階段から降りて直ぐの位置にあるので、空間を集約化した。
 便器上部にある天井出っ張りは階段があるためで、開口・ミラー・収納高さを揃えた。
f0125091_1285726.jpg
 大まかに2階居室は2つ。単独子供室と大部屋である寝室のプランニングとしました。
 まだ幼い長男。少なくとも7~8年間は両親と就寝するので、寝室は広い方が実用的、
 第二子が誕生し、子供の成長に従い、寝室を区切るとなるのは10年後くらいだろうか。
 大部屋子供室よりも、ゆとりある寝室空間計画の方が将来的にも空間を無駄にしない。

f0125091_1223792.jpg
木質感ある店舗ファザードは、見え過ぎず閉鎖的ではないドアが節度と調和をもたらす。
f0125091_0213215.jpg
ウェイティングには懐かしくも新しい、定番のカリモク製ソファーとビンテージチェアの共演、
幾何学的デザインの本棚には、「Lives」等の建築からライフスタイル誌がズラリと並び、
調度品チョイスから書籍、BGM、小物・・・BALBALさん夫妻のセンスがうかがえますね♪
f0125091_0213957.jpg
 店舗内は、レセプションカウンターとウェイティング空間との絶妙な距離感を保つことで、
 いつでもウェルカム!おもてなしの気持ちを大切にしたいBALBALさんのお店ですよ♪
 「親しみあるBALBALさん♪」というワードがピッタリ似合う店主の人柄が顕れてますね。
f0125091_0214677.jpg
長い間、東京で修行を積まれたBALBALさんは、南砺市@城端出身の奥様との御縁で、
喧騒な都会から、自然溢れる歴史と文化のある町@城端へIターンし、開業されました。
流行最先端のヘアメイクを経験され、某有名人のカットも手がけられた実力派職人っす!
f0125091_0215332.jpg
内装は至ってシンプル!モルタル撥水塗装仕上、一部壁には杉材・EP仕上壁天井とし、
執務に必要な昼白色照明とアッパーライト、ミラー間接照明が混在しながらも、ソフトに
包まれる柔らかな光が、お客様に癒しをもたらす居心地良いショップ空間になりました。
f0125091_022113.jpg
狭くも無く広過ぎない。最低限必要な場だけを確保し、視覚的に拡がりを感じられるよう、
ヒューマン的に上下よりも左右に広く感じる視覚効果に着目し、ショップ空間をデザイン
した結果、実際よりも豊かに感じられることに成功。外壁とリンクする一部のダーク色が
グッと落ち着き感とヒーリング効果をもたらすと共に、お客様に安心感を与える空間です。
f0125091_02271.jpg
レザー張りのカットイス&リアシャンプーを採用。エントランス・ウェイティング空間からは、
一切、シャンプーブースやバックヤードは見えない設計。壁上部をオープンにすることで、
視線の抜け感が生まれた結果、広く明るく豊かに感じられる空間の秘訣なのであります。
f0125091_12581497.jpg
確かな技術、親しみある人柄、癒し空間を兼ね備えたBALBAL SUZUKI様をヨロシク!
[PR]
by sinmyo | 2010-04-21 00:00 | BALBAL SUZUKI | Comments(4)